ハドソンの思ひ出

2012年3月1日にハドソンはコナミに吸収合併されます。

株式会社ハドソン
ハドソン ロゴ
⇒http://www.hudson.co.jp/index.html

『ハドソン』のブランド・サービスは継続するそうですが、長年ハドソンを贔屓していた私にとっては寂しいものがあります。

ハドソンといえば何を思い出しますか?

・桃太郎シリーズ
・ボンバーマン
・ゲームキャラバン
・高橋名人
・PCエンジン

etc.

いろいろあると思いますが、私にとって思い出深いのはこちらです。


サラダの国のトマト姫
(通称:サラトマ)
サラダの国のトマト姫

PC-8001mk2でプレイしました。

このゲーム、ファミコンで出ているのでタイトルを聞いたことのある人も少なくないでしょう。
サラトマ パッケージFC


電子ゲームはゲームウォッチをプレイしたのが最初かもしれませんが、私にとっては初めてのビデオゲームです。

当時ファミコンが発売される前だったかもしれません。
パソコンは小さな私には到底扱える代物ではありませんでしたが、兄が操作する傍らでよく見てました。

このサラトマに限らず、当時はカセットテープにゲームプログラムを入れて販売してまして、ゲームをするときはカセットテープを再生させるわけです。
サラトマ カセット

再生中にピーピーガーガーと電子音を鳴らしながらプログラムを読み込んでいくわけですよ。

そして再生させること数分、やっとゲームができるわけです。
ファミコン以降しか知らない世代は、理解できないでしょうね。
ゲームが始まるのを待つ間にカップラーメンが出来てしまうわけですから。

ちなみにファミコンソフトをカセットまたはファミカセと呼ぶのはこの名残です。



内容ですが、

Wikipedia 「サラダの国のトマト姫」
⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80%E3%81%AE%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88%E5%A7%AB

サラダ王国には様々な野菜や果物たちが、オニオン王の統治の下で平和に暮らしていた。しかし、ある日、パンプキン率いるカボチャ一族がクーデターを起こし、オニオン王は倒れサラダ王国を乗っ取られてしまう。パンプキンはカボチャ大王を名乗り野菜たちに圧政を敷くが、これに対し野菜たちはオニオン王の娘・トマト姫を中心に反乱軍を結成し国王軍に対抗した。しかし、トマト姫は国王軍の兵士に誘拐され、城に幽閉されてしまった。プレイヤーはキュウリ戦士となり、トマト姫を救うため旅立つ。

キュウリ戦士は人々から情報を集め、ある時はサーベルで国王軍のバナナやナスと戦い、またある時は巨大ロボット「ダイコーン」を操り国王軍のメカ「ウォーメロン」に対抗する。そして、首尾良く城にたどり着いたキュウリ戦士はカボチャ大王の弱点を知り、見事弱点をついてトマト姫を助け出すのであった。



登場キャラクターが野菜をモチーフにしているので、非常になじみやすく、またデザインが可愛らしかったのでとても印象に残ってます。
サラトマ パッケージPC

キュウリ戦士・トマト姫・キャベツ奉行・ダイコーン・カボチャ大王etc.

そして印象深くさせる要素の一つが、コマンド入力式アドベンチャーということでした。
コマンド入力式とは何か? パソコンなので、コマンドはキーボードで入力したんです。

ファミコンのアドベンチャーゲームはコマンド選択式で非常に楽ですが、コマンド入力式だとキーワードが正確に入力されないとエラーになるので、非常に面倒なのです。

でも当時はそれが当たり前でした。

英単語入力型のアドベンチャーもありました。

同じくハドソンが発売した「デゼニランド」というゲームがあります。
某組織をモチーフにした、今なら危険きわまりないソフトです。

こちらは英単語入力型で長く語り継がれている話があります。

明らかに手持ちの十字架を十字型に窪んだ場所にはめ込むシーンで
「PUT CROSS」 「INSERT CROSS」 「SET CROSS」
などの単語でエラーになり、ゲームが進まなくなるという事が置きました。

正解の英単語はこちら
ATTACH CROSS

そんな単語誰も思いつかないということで、非常に有名になりました。


私がプレイしたPC-8001mk2版のサラトマはカタカナ入力となり、日本語でOKと言うことで簡単になりました。

しかし、それでも小さなミスも許さないコマンド入力方式なので苦労した覚えがあります。

特に印象が残っているのがマツ(待つ)」を7回連続で入力させる場面です。

待っていると番兵が寝込むというシーンなのですが、マツを1~2回入力しても何の変化もないので、普通は7回連続入力するなんて思いつかないのです。

当時はこういった理不尽な仕様のゲームがありましたね…今のゲームは何て親切なんでしょうか。

そんなわけで、私はこのサラトマが非常に印象に残ってます。



現在ハドソンの公式ページには旧パソコンのゲームは載っていないようです。
まあ「デゼニランド」「デゼニワールド」は少々危険なので、致し方ないと思います。

しかし、歴史に埋もれることなく「サラダの国のトマト姫」は復活して欲しいと願っています。

世界観・キャラクター共に広げようと思えばいろいろ展開できそうな気がしてなりません。

ゆくゆくはトマト姫 VS ピーチ姫なんてのも見てみたいです(笑)
まぁ無理でしょうが

今更ながら同人の世界でもいいので、サラトマで楽しみたいです。
だれか作ってくれないかなぁ~

関連サイト拾っておきました

Mental Sketch~心象風景~ YAS's HomePage「サラダの国のトマト姫」完全攻略
⇒http://www2.plala.or.jp/yasinoue/oldgame/saramenu.html

PC-6001、mkⅡの部屋 サラダの国のトマト姫(ハドソンソフト)
⇒http://www.inetmie.or.jp/~okm/p6salatoma.htm

レトロAVG攻略 サラダの国のトマト姫攻略 (完全ネタバレ)
http://oldavg.blog.shinobi.jp/Entry/102/


関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

ハドソンといえばボンバーマンです。
あとは桃鉄ですかね(やったことあまりないですが)。
子会社化されるっていうのをこの記事みて思い出しました。
時代の移りを感じます。しみじみ。


今回紹介されているソフトは別のブログさんで見たことがありますね。
有名なのかな?「テープ読み取るのか!?」と驚いた覚えがあります。
私は昔、PC-6601SR(だったかな、FDはついていましたが)を使っていたことがあって、その時に友達から借りたゲームが全てカセットテープでしたね。読み込みに5分くらいはかかりました。サラトマもやったことがあるのですが、子供の私はわけが分からぬまま挫折してしまいました。コマンドがわかないと先に進まないですからね。
サラダの国の~…ってファミコンソフトは移植だったんですね~。妹がかわいいからってやりたいって言ってましたが、結局一度もプレイすることはありませんでした。
カセットテープのソフトは、昔はそういうものがあったとは聞いていたんですが、写真でも見るのは初めてです。
すごいですねぇ…私の初パソコンは従兄弟が持っていたMSX2+だった気がします…
オタケさんへ
ボンバーマンと桃鉄は鉄板ですね。最後まで頑張っていた感があります。

まさかハドソンとコナミが合併するとは思いもしませんでしたよ。
ふざけてユナッチャーとか呼んでいたのが、まさに両社が合併ですからね。

テープ時代は市販ゲームの種類が多くなかったので、プレイしている人は多いかもしれません。
random+walkさんへ
スナッチャーに2041年で世界で一台しかない5インチフロッピーのパソコンというくだりがありますが、なんだかリアリティーを感じました。

サラトマだけでなく、当時はコマンド入力式のアドベンチャーゲームが流行ってましたね
まふゆさんへ
結構ファンの人もいるようですよ。確かタレントの眞鍋かをりがブログネタにしていたと思います。
世界観がとても面白いので、機会があればFC版をプレイしてみてはいかがでしょうか。

当時のパソコンは高級品でしたから、友達でプレイした人はいませんでした。
私はパソコンでゲームしかしたことありませんでした(笑)
こんばんわ初めまして。
Deka-Eさんコメントありがとうございました。

ハドソンって聞いて思い浮かべるのはスターソルジャー&高橋名人ですね(*´∀`*)

サラダの国のトマト姫はFC版しか知らないです・・・

FC版は好きなゲームの一つですよ(*´∀`*)

これからも宜しくお願いいたします(*´∀`*)
☆⌒雪桜⌒☆ さんへ
ハドソンは伝統のあるゲーム会社なので、今後もブランドは大切にしてほしいですね。

高橋名人は坊主頭になってまたメディアに登場するようになりましたね。
高橋名人のブログにコメント書き込んだりして、密かに応援してます(^^;)

サラトマって魅力的な世界観を持ってますよね。
FC版がWiiのバーチャルコンソールにあるのでいつかプレイしたいと思ってます。

リンク貼らせていただきました、よろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。