PC新規自作 NVMe初体験で感激

場末のブログへようこそ(笑)

気づけばブログ更新さぼり続けて半年以上、いつWebから消されてもおかしくないブログになってます。

最近感じるのは、Webにテンプレアフィブログがのさばり、本当に欲しい情報・必要な情報が手に入りにくくなってしまったことです。

そして、そんなアフィブログを検索結果に出すGoogleエンジンが馬鹿なのでしょう。

アフィブログに負けないよう、情報を発信していきたいと思う今日この頃です。

PC構成

  1. 今回新たに組むPCの構成です。

  2. マザーボードASRock M360B-ITX/ac
    CPUIntel Core i3 8300
    メモリCorsair Vengeance LPX DDR4-2666 4GB*2
    ストレージSamsung SSD 970 EVO M.2/NVMe 250GB
  3. PCケース・電源・OSは流用です。

  4. すべてヨドバシカメラで揃えました。IntelのCPU供給不足な今、運よくCore i3を手に入れることができました。

  5. 総額で5万5000円程度。ヨドバシカメラのポイント10%を考慮すると、実質5万円程度です。

組立の感想

  1. 今回ブログを書いたのは、構成の備忘目的もありますが、組立の感想を書きたかったらです。特にNVMeについてw

  2. NVMeが登場してから、かれこれ3年以上経つわけですが、今回が初体験です。

  3. M.2/NVMeが実装されるようになったのはZ97チップセットからだったと思いますが、私のPC自作はZ87で止まってます。正確にはH97まで自作しているのですが、M.2/NVMeスロットの無いマザーボードでしたので。

  4. PC性能に不満の無くなった昨今、高性能スマホの普及も相まってPC自作熱は冷めきってしまってました。

  5. ところが、先日、仕事用のPC(Core2Duo)がとうとう調子悪くなり、必要に迫られてPC自作の機会を得ました。しばらくさぼっていたPC関連の知識を仕入れ、PCを自作するに至りました。

  6. そして、感想 「NVMe凄い!!」

  7. 速さに驚きましたw 起動ドライブをHDDからSSDに変えた時の感動と同等レベルです。

  8. OSインストールするために、USB3.1のインストール用USBメモリーを用意してWindowsのインストールを開始したら、10分かからなかったwwww

  9. Windows95/98/XPの頃を知っている者としては感動ものです。一晩かけてインストール作業してた頃が思い出されます。

  10. システムドライブを全てSSDにして満足していた自分が情けない。もっと速さを追求しなければ! という気持ちで残りのPCも買い替える意欲が湧いてきました。

  11. まだまだ一般ユーザーが手にしにくいNVMeですが、PC買い替えの機会が訪れたらNVMeを強く勧めたいと思います。

  12. 以上、場末ブログの自己満足報告でした。(笑)

追記 ベンチマーク

  1. ストレージの定番ベンチマークソフト「Crystal Disk Mark」のスコアです。

  2. 比較目的で、SATA接続のSSDとUSB接続のHDDを用意しました。

  3. CDM 970EVO
    CDM 750EVO
    CDM HM252HX
  4. SATA接続のSSDは、SATA規格理論値最大の600MB/sに近いので速度の頭打ち状態なのでしょう。

  5. 単純計算でNVMe接続はSATA接続の7倍速い数値が出てます。

  6. 上記HDDのスコアはおまけです。USB2.0接続の2.5"HDDなので、かなり低い数値となってます。

  7. 本来比較すべきはSATA接続の3.5"HDDでしょう。だいたい100MB/sを超える程度です。

  8. HDDからNVMe接続SSDに変更すれば35倍速くなるかもしれませんw

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

お久しぶりです
邪魔なアフィブログはホントうざいですよね…。文字数稼ぎで内容が薄い記事ばっかりでウンザリです。

>NVMe凄い!!

windowsのインストールで10分切るとは…。それは確かにすごいです。
NVMeを知らなかったので調べてみたんですが、SATAより新しい接続規格の制御システムみたいな感じですか?
メーカーパソコンでそれに対応してるとしたら、最初からSSD搭載してる機種ですかね~。この間、安物のSSDのチップの話題を見かけて最初から搭載してるのは避けようかと思ってましたが、これからはそうもいかなかったりして(汗)
もし今のPC(ノートでHDD)が壊れて、そのNVMeでSSDなPCに替えたらきっと世界が変わるでしょうね~。
宵乃 さんへ
ご無沙汰しております。

WindowsのインストールはUSB3.1のUSBメモリーからインストールした事もスピードアップの要因ですが、SATA接続のSSDにインストールするよりも遥かに速かったです。

NVMeをざっくり説明しますと、SATAに替わるストレージの接続規格です。転送速度が段違いに速いです。

いまメーカーパソコンでSSD搭載しているものはSATA接続のSSDがほとんどで、NVMe接続のものはまだ無いかと思います。
あっても高額だと思うので、NVMeを明記していない限りそれはSATA接続だと思ってください。

メーカーパソコンはやっとSATA接続のSSDが一般的になりましたが、NVMe接続のSSDが一般化するにはあと3年くらいかかるんじゃないかなぁ。

>安物のSSDのチップの話題

ひょっとしたらeMMCの事かな? eMMCはSSDとは別物なのでeMMC搭載の安物PCは避けた方がいいでしょう。
SATA接続とはいえ、SSD搭載PCは快適なのでお薦めしたいところです。
説明が足りなさ過ぎましたね
安物のSSDのチップの話題というのは、夏頃にツイッターで話題になってた中華SSD分解祭のことです。インテルSSDのチップの品質チェックを委託された会社が、基準に満たないものを横流ししてたとかなんとか…。
中にはドス○ラなどで購入した安いPCのSSDにも含まれていたようで、最初から入ってるSSDは信頼できるメーカーのもの以外は危ないのかなと思ってました。

>NVMe接続のSSDが一般化するにはあと3年くらいかかる

今のパソコンが使えなくなる頃には手に入りそうですね!
耳寄り情報ありがとうございました。
宵乃 さんへ
へ~そんなことがあったんですね、知りませんでした。
パソコン関連の情報はしばらく仕入れていなかったので、ここ数年の話題には疎くなってます。

NVMeの予想は完全に自分の経験からの予想なので、かなり適当です。
信憑性低いので聞き流す程度にしておいてください(^_^;)

コメントの投稿

非公開コメント

ページ下部までご覧いただきありがとうございました。