Webクリエイター能力認定試験エキスパート HTML5対応へ

更新
2015年01月06日(火)

本文を追記欄に移動

2014年2・3月にWebクリエイター能力認定試験上級・エキスパートを受験し、合格しました。

一度合格したのでもう受験することは無いだろうと、しばらく情報をフォローしていませんでしたが、久しぶりに公式サイトを訪問したら、2014年11月から試験がHTML5に対応したとの事が分かりました。

リンク: Webクリエイター能力認定試験HTML5対応版 特設サイト

HTML5に対応しただけでなく、JavaScriptやレスポンシブWebデザインが試験範囲に含まれるようになりました。

XHTML版エキスパート認定試験に合格していますが、興味あるので再度エキスパート認定試験を受けようかと考えています。

公式サイトによると11月下旬からHTML5対応の試験を開始し、2月にHTML5対応版の公式問題集が発売されるとのことです。

個人的にHTML5は少しだけ学習してますが、サンプル問題を解いてみたところ、JavaScript等ちょっとまだ学習不足な感じでした。できたら早い時期に受験したいと考えていますが、公式問題集を解いてからの方が勉強になるかと思うので、来年の3月あたりに再度エキスパート認定試験を受ける予定でいます。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

No title
EMAIL:
URL:
うわぁ、わたしだったら凹みます。
前にとった資格と今回の資格では違いがわかるようになってるんならいいですが。
でも、これでより一層身につきそうですね。
デカイーさんのチャレンジ精神には頭が下がる思いです!
宵乃 さんへ
EMAIL:
URL:
XHTMLからHTML5へ、時代の流れに乗った形なので妥当な変更だとは思いますが、同じ「エキスパート」の名称なので戸惑いはありますね。
HTML4.01が「上級」でXHTMLが「エキスパート」だから、HTML5は「プロフェッショナル」とか「マスター」などの別名称でお願いしたいです。
HTML4.01の「上級」は残す一方でXHTMLは廃止する(?)というのも変な気がします。どうせならHTML4.01を廃止した方がいいのではないかと考えてしまいます。
次の目標が見つかったので、効率よく勉強が進められそうで助かります。後は資格ではなく視覚(Webサイト)で実力が証明できるようになりたいですね(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。