プレイステーションのエミュレーターを導入

PCエンジン・セガサターンときたので、プレイステーションのOP集でも作ってみようかなと思いました。

過去記事
PCエンジン OP集
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-69.html
セガサターン OP集
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-70.html

ということで、次はプレステの番になります。
その前に、プレステもエミュレーター使えるかな~? と試しに導入してみました。

一応言っておきますが、プレステ本体も持ってます。
実際は上位互換なのでプレステ2やプレステ3でプレイしてました。

そういえば数年前にプレステ本体とソフトをまとめて貰ったのを思い出したので、ちょっと押し入れの奥から探し出しました。

そしたら出てくる出てくる、ここ掘れワンワン!!
何ともまあ珍しそうなソフトが出てきました。

出てきたソフトはこんな感じです。

・サイレントヒル
・ファイナルファンタジーⅦ
・クーロンズゲート 九龍風水傳
・ぷよぷよSUN 決定盤
・SuperLight 1500 ピンボール ゴールデンログレス
・信長の野望 全国版
・電車でGO!
・A列車で行こう4
・ザ・ファミレス 史上最強のメニュー
・グランツーリスモ
・グランツーリスモ2
・ネッツマガジン ALTEZZA
・ゼロ4チャンプ DooZy-J
・ビートマニア
・ビートマニア APPEND 3rdMIX
・ビートマニア APPEND 4thMIX


知っているソフトもあれば、聞いたこともないソフトなど合計16本
今までの所有ソフトと合わせると合計28本となりました。

所有ゲームリスト
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-48.html

電車でGO!のハンドルも貰ってました。おいおい(^^;)
電車でGO! コントローラー
あとネットで注文したけどまだ届いていないソフトもあるので、今後増えます。

さて、キャプチャー用の道具もありますが、やはりエミュレーターを使ってキャプチャーするのが便利だろうということで、プレイステーションのエミュレーターを導入しました。

エミュレーターについてはこちらのサイトで学習

エミュレーター情報局

⇒http://www.emu3.com/rebyu/ps.htm

どうやら、プレイステーションについては「ePSXe」なるエミュレーターが優秀ということで、さっそくダウンロードしました。

…でも、PCエンジンの「Ootake」やセガサターンの「SSF」と比べるとすごく分かりにくい。

BIOSについては同じように対応できたのですが、プラグインが必要とな!?

あっちこっち検索してサイトを行ったり来たりしながらどうにかして動かしました。

動いたものの、エラーが表示されたり、途中で止まったり、グラフィックがちらついたりと完成度はいまいち…
動くソフトもあるんですが、肝心のお気に入りソフトバイオハザード2」と「バイオハザード3」が動かないのです…orz

仕方がないので、実機の方を動かしてキャプチャーカードで録画したり、どうにかこうにかやってます。

ePSXe」を起動したときの画面がこちら
ePSXe.jpg

起動後に[設定]で[ビデオ][サウンド][CDROM]をそれぞれのプラグインを指定かつ設定します。
うまく設定できていれば起動します。
ePSXe GT

プラグインで細かな設定が出来るのはいいですが、これって専門用語を知らない人にはハードルが高いと思います。
自力で解決できない人は手出しをしてはいけないレベルですね。

エミュレーターで動かすためにディスクのバックアップをして気づいたのですが、プレイステーション用のソフトって複数枚組が多い気がします。

たまたま所有ソフトが複数枚組なのかもしれませんが、CD-ROMの容量をかなりオーバーしていたんですね

ファイナルファンタジーⅦ」が3枚組、「クーロンズゲート」が4枚組です。
ときめきメモリアル2」は5枚組だそうですね。

CD-ROMの容量を一枚700MBとしたら、それぞれ2.1GB・2.8GB・3.5GBです。
実際にPC上に表示される容量もだいたい一枚700MBまで使ってます。
いったい何に容量を喰ったのか、すごい驚きです。

そんな中、目を疑うようなソフトがありました。

これを見てください。
容量23.3MB

容量がたったの23.3MBです。
これ、プレイステーションのソフトですよ。

ゲーム部分のみだったらもっと少ないはずです。ROMカセットレベルです。
ちなみに、スーファミの最大容量は6MBだそうです。

いったいどのソフトだか推測できますか?
上記の貰ったソフト16本の中にあります。

・サイレントヒル
・ファイナルファンタジーⅦ
・クーロンズゲート 九龍風水傳
・ぷよぷよSUN 決定盤
・SuperLight 1500 ピンボール ゴールデンログレス
・信長の野望 全国版
・電車でGO!
・A列車で行こう4
・ザ・ファミレス 史上最強のメニュー
・グランツーリスモ
・グランツーリスモ2
・ネッツマガジン ALTEZZA
・ゼロ4チャンプ DooZy-J
・ビートマニア
・ビートマニア APPEND 3rdMIX
・ビートマニア APPEND 4thMIX


ファイナルファンタジーⅦ」と「クーロンズゲート」ではありません。
なので、残りの14本の中にあります。

     ・
     ・
     ・

ではそろそろ答えです。

答えはこちら… 
「              A列車で行こう4               」です。
※色を反転(マウスで選択)させて見てください。

納得がいく答えだったでしょうか?予想外だったでしょうか?

一枚だけ段違いに容量が少なかったです。
他には90MBのソフトや120MBのソフトもありました。

ゲームの面白さは容量に比例しませんが、なんだか損した気になります。
※ 貰ってる分際でえらそーにしてすいませんm(_ _)m 

エミュレーターを使うとこんなことも発見できるんですね。
ゲームの容量が気になった方は、PCのCD/DVDドライブにゲームディスクを入れてみてはいかがでしょうか?
関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

お邪魔してます^^

難しいことはよくわかりませんが、A電車で行こう4は省エネってことですね(なんか違う
このソフトの中だと・・・私、サイレントヒルを途中で投げ出したんですよね。
ホラー系がダメで(じゃあやるな。
Deka-Eさん、ぜひ頑張ってください(勝手に託す
ときメモ2は名前を呼んでくれる機能があるじゃないですか?あれでメモカの容量いっぱい使っていた記憶があります。
ひどいことするな、ときメモ(笑
PSは持っていなかったのでソフトは全然知りません。ゲームアーカイブスで何かリリースされてもふーんって感じで、内容がピンときません。所有されているゲームでやったことがあるのはほぼ無いですね。PSのソフトでやったことあるのは、ペルソナ、ペルソナ2罪、ペルソナ2罰ぐらいですかね。これもPSでやったわけではなくPS2でやっていました。それ以前はセガ派でしたので、PSなんてと拗ねていました(笑)。当時、PSやサターンの映像は綺麗だなと思っていたはずですが、今見るとちょっと見るに耐えないですね。あの時代のムービーの映像が、今のリアルタイムの映像より劣ることが時代の流れを感じます。
 A列車はこのバージョンでは無いですがパソコンでやっていました。当時は洋ゲーのシムシティか和製のA列車かと何かと比較されるゲームでしたね。シミュレーションゲームなので、容量は食わないでしょうね。ムービーとか音声をバンバン使えば、容量食うでしょうけど、このゲームでそれはないでしょう。この手のゲームの進化版としてはトロピコとかシビライゼーションとかがあるようですが、今は積んじゃってます。わりと好きなジャンルですが、イマイチ、パットしないゲームなので話題に上りにくいですね。
あーそれでしたか。ピンボールだと思っていました。
そんなに容量をつかっていないものなんですね。
容量といえば初代マリオは40キロバイトだそうで。
画像ひとつ貼ったら終わりですねw時代の移りを感じます。
返信
>> アロイ さん

いい意味に解釈すれば、A列車4はプログラムが優秀だったということになりますね。

サイレントヒルは攻略本も貰ってます(^^;)
ホラー系はバイオハザード好きなので、はまるかもしれないですね。
今度HDリメイクされたサイレントヒルが出るようなので、それまでにプレイしてみようと思います。

ときメモ2(笑)メモリーカードって高価ですからね。
名前を呼ぶのにどんだけパターンを用意したのやら。
返信
>> Random+Walk さん

私もSS派でPSは全然分からないです。プレイしたのは「バイオハザード2&3」「スナッチャー」「ポリスノーツ」位です。
しかも「スナッチャー」「ポリスノーツ」はPCE版とSS版を中古に売った後で最近になってPS版を買い直してます。
PSはソフトが多いですが、一方で駄作も多くて、どのゲームが人気があったのかいまいち分かりません。

A列車やシムシティってプレイしたことなくて、あまり魅力にも思ったこと無いです。
一方でポピュラスにははまってました。洋ゲーは淡々としていて、作業感が強い気がします。

アドベンチャーだけでなくシミュレーションも下火になっちゃいましたね。
今は3DCGを中心とした動きのあるゲームが人気なんでしょうけど、ジャンルの多様性が無くなったのは残念です。
返信
>> オタケ さん

ピンボールは670MBありました。
洋ゲーの輸入っぽいですが、グラフィックにはかなり力が入ってます。

90MBは「ザ・コンビニ」で120MBは「信長の野望」です。どちらもシミュレーションです。
シミュレーションは一般的に容量が少ないのかもしれないですね。

容量と面白さは比例しなくてもいいですが、金額と面白さは比例して欲しいです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。