バケツ稲 【14週目】

7月の下旬に入り、夏真っ盛りです。毎年一番暑くなる時期ですね。

バケツ稲

P1020117.jpg

先週、4日間の中干しを終えて通常どおりの飼育です。上に伸びているほかには特に変化は見当たりません。倒れかかっていたジーニー稲も追肥のおかげでだいぶ起き上がりましたが、土が少なくて軟らかいためか、垂直に起き上がるまでにはなっていません。

追肥しても色が戻らず完全に枯れてしまった葉は手でもぎ取って捨ててしまいました。

次は花が咲いて受粉するのを待つのですが、8月下旬まではこのまま高く伸びるのを見守るだけでしょう。

P1020127.jpg

そして、驚いたことに青バケツでメダカが子供を生んでましたw しかも青バケツは中干しするために大人メダカを待避させ、中干しで4日も水を抜いて干していたのに、赤ちゃんメダカがどこかに残っていたようです。

土を干した上に液体肥料を追加するなど、メダカの生育環境的には最悪のことがあったのに、生き残ってくれました。生命の神秘ですw

中干しを終えて水を足し、数日経って水中をよく見たら小さく動く生き物がいました。最初はボウフラが沸いたのかと思っていたら、わずかに光る目玉が見えたのでまさかと思ったらメダカでした。

数匹いるのですが、皆小さくてすばしっこく、写真を撮るのに苦労しましたw

鉢稲

P1020122.jpg

何も手を加えていませんが、スクスク成長しています。垂直に伸びていて美しさを感じます。

バケツ稲よりも稲が高く伸びていると感じます。中干しをしていませんが丈夫なようです。

稲が成長して、メダカの観察がしにくくなってきました。餌をあげると沢山寄ってきますが、何匹いるのか数えられません。こっちでも繁殖しているかもしれませんが、確認はできませんでした。

子タニシがよくいるので、中でタニシが繁殖していると思います。タニシは最初3匹でしたが、今では10匹以上になってます。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

EMAIL:
URL:
TITLE:
稲より生き物の方がメインになっちゃったりして(笑)
しばらくは変化が少ないようですし、めだかやタニシの様子を見るのが楽しくなりそうですね。
収穫後はどこで育てるか決めました?
確か水槽をもっているんでしたっけ。にぎやかな水槽になりそうです。
宵乃 さんへ
EMAIL:
URL:
最近では稲を見に行くというよりメダカに餌をやりに行くといった意識が強いです。
メダカのおかげで稲を観察し忘れることもなくなりましたw
しばらく変化は無いと思ったら、一部で穂が実り始めました。花が咲き始めてちょっとワクワクしてます。
水槽は昔あったのですが、処分してしまったため今はありません。なのでメダカは鉢の中でそのまま育てるつもりですが、越冬できるかちょっと不安です。大昔この鉢で金魚を飼っていたときは大丈夫でしたが、メダカは難しい気がしてます。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。