バケツ稲 【11週目】

さて7月に入りました。梅雨なので毎日の天候が気になりますが、通常の雨のみならずゲリラ豪雨も気にしなければならないなど、地球温暖化についても意識が高まってます。バケツ稲の教育効果は複合的で広範囲だと感じます。

バケツ稲

赤いバケツが11週目で青いバケツが2週遅れの9週目になります。ぱっと見では僅かな差しか無いので、特に区別する必要が無いように感じ始めてます。

DSC_0214.jpg

梅雨が明けるまでは特に手を加えることが無いので楽です。何もしないのもつまらないので、個人的に新しい水を継ぎ足して新鮮な水を維持するように努めてます。

DSC_0219.jpg

青バケツの根元の茎や葉が退色してきたのが気になってます。液体肥料を追加したいのですが、ボウフラ対策用のメダカが2匹泳いでいるので、後日救出してから追加するつもりです。

鉢稲

こちらの稲は青々としていて、不思議なくらい元気です。退色はバケツ稲と比べるとごく僅かです。

DSC_0215.jpg

メダカも不思議なほど元気です。何匹残っているのか数えられませんが、ぱっと見でも10匹以上はいそうです。

タニシも3匹入れたはずなんですが、影になる場所が多くて全く見えません。はたしてどうなっていることやら。

その他

庭にトカゲが住み着いてしまったらしく、稲を見に行くと必ずと言っていいほど出くわします。

DSC_0226.jpg

かなり腹がふくれてますが、餌になる虫が多いんでしょうね。

最近、庭に野良猫がうろついているので食べられないよう気をつけて欲しいものです。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

EMAIL:
URL:
TITLE:
本当に鉢のやつだけやたらと元気そうです(笑)
鉢自体のなんらかの影響があるのか、置き場所の問題なのか、ハッキリわかれば他のバケツにも応用できるんですけどね~。
稲を収穫した後は、この鉢でめだかさんを育てていけるかも。
トカゲさんかわいいです♪
うちはヤモリの方が多くて、よく家の外壁に張り付いてますよ(笑)
宵乃 さんへ
EMAIL:
URL:
理由は不明ですが、ひょっとしたら水温が低いからではないかと考えてます。
鉢は口がすぼんでいるので直射日光が水面に当たる面積が少ないです。それに鉢の厚みで外気温の影響も少なそうです。
稲だけでなくメダカも元気なので、観察してて楽しいです。バケツのメダカはすぐ隠れてしまいますが、鉢のメダカは寄ってきてくれます。
トカゲは何種類かいるようで、この縦縞のトカゲをよく見かけます。近寄っても逃げないので、警戒心が薄そうです。野放しにしても害は無さそうなので、放置してます。
ヤモリも見かけますが、年によって居たり居なかったりします。ここ最近は居ないです。ヤモリも可愛いですよね。見かけたときはいっつも捕まえて写真を撮ってました。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。