バケツ稲 【8週目】

3週間ぶりの更新となりました。更新しようとしたら、ちょっとしたトラブルが起きたので更新できず、遅れながら報告します。

1袋目 赤バケツ

早いものでもう8週目、つまり2ヶ月近くが経過したことになります。最初は簡単だろうと高をくくっていましたが、結構トラブルに見舞われ、翻弄されています。

P1010899.jpg

現在は分げつ期で、これから茎の本数が増えていくはずです。比較対象が近くに無いと成長量が把握できないです。なので2週遅れの青バケツと比較すると成長量が何となく分かります。

P1010897.jpg

もう6月に入り、蚊が飛ぶようになりました。バケツの水をよく観るとボウフラが沸いているので、バケツ稲が蚊の発生源になってしまってます。これでは困るということで、ボウフラ対策として近所の熱帯魚店にメダカを買いに行きました。これがトラブルの原因でした。

昔熱帯魚を飼っていたことがあったので、いちおう一通りの経験・知識があるのですが、初めて食用(大型魚のえさ)のメダカを飼うことになりました。何匹かは死んでしまうと考えて30匹も買い込んでしまいました。それでも一番安いメダカなのでせいぜい400円でした。

メダカを入れたらあっという間にボウフラを食べ尽くしてしまい、餌が足りなくなるおそれが出てきたので、専用餌まで買うことになってしまいましたw


テトラ キリミン 35g(めだかのえさ)テトラ キリミン 35g(めだかのえさ)
()
テトラ

商品詳細を見る

ボウフラ対策であれば、メダカ1~2匹入れれば足ります。買いすぎに注意しましょうw

ついでに苔対策としてタニシを購入しました。タニシは意外と高く、5匹で300円もしました。タニシは土の中に潜る習性があるので、たまに見えなくなってしまいます。

この赤バケツは以前液体肥料を追肥したせいか養分過多のようで、水面に少し苔が発生します。なので毎日水面が綺麗になるまで水を入れ替えてます。世話が焼けるバケツです。

鉢稲

6束分もあるので緑がいっぱいです。

P1010905.jpg

1袋目と2袋目が混在しているので、苗の高さ・茎の太さを比べると2週間の差が分かりやすいです。奥が8週目で、手前がその2週遅れです。

P1010909.jpg

20匹ものメダカを入れたので、けっこう賑やかになりました。ボウフラは直ぐに食べ尽くされたようで、見えなくなりました。

P1010906.jpg

3匹入れたタニシは見当たらないところに行ってしまい、何をしているのか分かりません。

鉢稲は口がややすぼんでいるので、メダカをすくい上げるのに苦労します。何週間か後には水抜き作業を行うので、今からメダカの救出に苦労するのではないかと気になってます。

P1010926.jpg

メダカを入れたので水量を増すために水を追加したら、鉢にヒビが入っていることに気がつきました。そこから水が漏れて水位が下がってしまいます。幸い、水位は稲の生育には問題なく、メダカも窮屈ながら住める水位です。

水が漏れるとは言え、水位は高めに維持したいので、毎日新しい水を足しています。

2袋目(2週遅れ) 青バケツ

苗の移し替えから1週間経ちましたが、1袋目の時のように葉の色が悪くなることもなく、育っています。

P1010900.jpg

これにもボウフラ対策としてメダカ、苔対策としてタニシを入れてます。

やはり1袋目の学習効果で、教科書通りの理想の育ち方をしていると感じます。順調すぎて恐いくらいです。

ジーニー稲

ジーニー稲は屋内の日差しの入る縁側に置いてました。ほぼ室内栽培です。

P1010919.jpg

土を培養土にしたため、水面に苔が発生するなど養分過多な印象を受けています。

元々成長の遅かった苗を植えたので、青バケツと比べると小ぶりです。浴びている日光の量も少ないのでさらに成長に差が出ていると感じました。

ジーニー稲は屋内用の観葉植物のつもりで育ててますw

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。