バケツ稲 土の種類

バケツ稲づくりで、マニュアルには黒土・赤玉土・鹿沼土を6:3:1の割合で混ぜるとあります。

園芸にはあまり詳しくなかったので、いわれるがまま土づくりをしたのですが、ふとそれぞれの土の特徴が知りたくなって調べてみました。

Garden Vision 「園芸用土と土づくり

太刀川平和農園「土について

黒土

黒土は「土」から真っ先に想像されるような、森や畑などのまさに植物の根付く黒い土で、成分は動植物の死骸などの多くの有機物を含みます。保水性、保肥性は優れていますが、通気性、排水性に難があるので他の土と混ぜて使う事が多いです。


平和 黒土 14リットル平和 黒土 14リットル
(2013/03/14)
刀川平和農園

商品詳細を見る

赤玉土・鹿沼土

赤玉土は赤土を乾燥させ玉状の塊にしたもので、赤土は主に関東ローム層などの火山灰が降り積もった地域で採取されます。


平和 赤玉土(DIYシリーズ) 中粒 2リットル平和 赤玉土(DIYシリーズ) 中粒 2リットル
(2013/03/20)
刀川平和農園

商品詳細を見る

鹿沼土は栃木県鹿沼地域で採取される土で、性質は有機物である土というよりも無機物な石(軽石)に近いです。


平和 超硬質鹿沼土 中粒 14リットル平和 超硬質鹿沼土 中粒 14リットル
(2013/03/14)
刀川平和農園

商品詳細を見る

赤玉土と鹿沼土は似たような性質があり排水性のために利用されますが、使い分けについて書かれているWebページが見受けられました。

東京園芸資材販売株式会社「鹿沼土・赤玉土の話

比較すると赤玉土は弱酸性で保水性、鹿沼土は酸性で排水性、に優れているそうです。

バケツ稲では3種の土を均質に混ぜてしまいますが、園芸では混ぜずに層状にして排水を調節するようです。

稲作りをする前は、土なんてどこにでも転がっていると思ってましたが、栽培用の理想の土となるときちんと選別された土で、まさに「土づくり」をしないといけないということがよく分かりました(笑)

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。