バケツ稲 【0週目】

全国でバケツ稲づくりをしている人のコミュニティサイトが始まったので、興味のある方はそちらもご利用ください。

JAグループ「バケツ稲づくり コミュニティ

JAのサイトからマニュアル等をダウンロードすることができます

JAグループ「バケツ稲に役立つ資料

早速届いた「バケツ稲づくりセット」を始めました。

種もみセットが2袋あるので、ちょっと差別化して育てようと思います。まずは育てる時期をずらしてみます。2袋目は2週間ほど後から始めます。

tanemomi.jpg

「バケツ稲マニュアル」によると、まずはシャーレのようなものに種もみを入れ、水に浸して暗所に置いて発芽を待ちます。水を毎日取り替えることで新鮮な酸素を供給します。

NoName_No-000.png

シャーレではなく園芸用の鉢植えの水受けを利用しました。1袋の中に種もみが27粒入っていました。

tanemomi_mizu.jpg

水に浸したところ、多くは水に沈んだ(比重が重い)のですが、1粒だけ水に浮き(比重が軽い)ました。水に浮いた種もみは品質的に劣る(弱い)のか気になるところです。

暗いところに置くのですが、単純に紙箱を被せてます。

ここまでやってから気づきましたが、マニュアルの他にバケツ稲づくりの動画が用意されています。

動画によると「病気を防ぐために60度のお湯に10分間つけてから水に浸す」とあります。マニュアルには書いていなかったので、お湯につける前に水に浸してしまいました。2袋目はお湯につけてみますorz

1週間もすると発芽するので、発芽するまでの間に土作りをします。土を乾燥させておくと雑菌を殺菌するそうなので、発芽を待つその間に天日干しをしておくといいでしょう。

黒土:赤玉土:鹿沼土を6:3:1の割合で混ぜると最適だそうで、黒土の代わりに腐葉土を使用する場合は、付属の肥料は入れないようにします。

ということで、これから土を買いに行きます(笑)

みんなのよい食プロジェクト 「やってみよう!バケツ稲づくり」

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

EMAIL:
URL:
TITLE:
さっそく始められたんですね。
むかしから理科の実験とか大好きだったので、こういうのワクワクします。
>病気を防ぐために60度のお湯に10分間つけてから水に浸す
これは殺菌のためなので、まだ発芽してないなら今からやっても大丈夫だと思いますよ。
頑張って元気な稲を育ててくださいね~。
宵乃 さんへ
EMAIL:
URL:
観察記を書くのは小学生以来かもしれません。童心にかえった気がします。
そろそろ芽が出てもいい頃なのでお湯に入れるのはやめておきます。マニュアルには書いていないので、たぶん大丈夫でしょう。
土を買ったので早く種まきがしたいですw

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。