Web学習 【22】 Webクリエイター能力認定試験上級 受験体験記2

更新
2015年01月06日(火)

本文を追記欄に移動

Webクリエイター能力認定試験上級 受験体験記2

試験前日

 当初の予定では試験前日(2月8日)にサンプル問題やテキストの模擬試験を解きまくろうと思っていたのですが、関東で大雪が降ってしまい、雪かき作業で一日を潰してしまいました。結局問題を1回分だけ解いたのですが、少々不安の残る過ごし方となってしまいました。

試験当日

自宅出発前

 試験は午後からだったのですが、午前中は雪かきでほとんど勉強していません。「HTMLリファレンス」をプリントしたものを読んで最終確認していました。連日の雪かき作業で握力がなく、タイピングする指にも少し影響がでているようで、指の体操をして感覚がよくなるようにしていました。

 初めての受験なので、要綱をよく確認し、『写真付きの身分証明書』(免許証)と筆記用具を持参しました。会場によっては受験票もしくはその代わりになるものが必要となります。私が受験した会場は申込み完了メールをプリントアウトしたものが受験票の代わりとなるということで、プリントアウトしたものを持参しました。

試験会場

 会場はパソコンスクールの一教室でした。部屋には10人分ほどの机とパソコンがあり、試験ではテキストエディタを選択していたので、Webオーサリングツールの入っていないパソコンのところへ誘導されました。

 定時になっても受験者は私一人で、一人で淡々と試験を開始しました。試験開始後に他の受験者らしき人が入ってきましたが、私とは別の試験を受けているようでした。

試験用PC

 試験用パソコンはDELLのコンパクトデスクトップPCでした。OSはWindowsXPInternetExplorer8というかなり前のものでした。私はXPを使うのが5年ぶり位で、メモ帳がnotepad.exeだということを忘れていました(笑)

 モニターは17インチで、解像度は低めの1024×768になっていました。すごく画面が狭く感じましたが、どうやらこの状態だと問題で作成したWebページが問題に記載されている作例とほぼ同じ表示になるということだそうです。

 画面以外のその他のスペックも10年前のPCレベルで、プログラムの起動が若干遅く感じられました。IEを開いたり閉じたりしただけで読み込みのアイコンが長く表示され、フリーズしないだろうかと冷や冷やしてました。

 キーボードとマウスは有線で、マウスはオーソドックスな2ボタン式でした。ブラウザの進む・戻るボタンがないのはやや不便な感じがします。キーボードはメンブレン式だったので、普段使っているメカニカル方式のキーと押し心地が違い、キーを押したつもりが押し切れてなかったりしたので、タイピングスピードを落として慎重にタイピングしました。

試験問題

 試験は公式で配布されている「サンプル問題」と全く同じ形式でした。プログラムを起動させたり、受験番号や名前を記述するなど、手順が分かっていたので戸惑わずに済みました。試験は「K パターン」と記載されているものでサンプル問題と内容は違いました。

 試験問題冊子は情報漏えい防止のため試験後に回収されるようになっていますが、冊子にメモ書きなどはしてもよいとの事でした。また公式サイトで配布されているものと同じHTMLリファレンスの冊子も配られました。こちらも試験後に回収されました。

試験開始

規定問題(50分)

 試験は規定問題(50分)を丁寧に解いていたら40分ちょいかかり、見直しをする時間はほとんどなかったので若干の不安が残りました。作成後のWeb表示は問題の作例と全く同じように見えたのですが、ソースコードを細かく見れば間違いがあるかもしれません。

 試験は試験開始後30分経過後から試験終了5分前までは自由に終了・退出ができるそうです。規定問題は時間的な余裕がなかったので50分フルに使って解答しました。

 規定問題終了後、5分程の休みを入れますかと聞かれましたが、休みを入れずにそのまま自由問題に入りました。

自由問題(テキストエディタは120分)

 自由問題(テキストエディタは120分)は、丁寧に解いても60分ほどで出来上がってしまったので、残りの時間で丁寧に見直し作業をしました。見直し作業で単純なミスをいくつか発見することができたので有意義でした。見直し作業も30分で終わり。結局90分の解答時間で早めに終了しました。時間的にはかなり余裕がありました。

 HTMLクイックリファレンスの冊子については試験中は一度も開きませんでした。冊子の存在は試験直前になって知ったので、ほぼ不要になるまで暗記してしまいましたw リファレンスは勉強過程で活用できるので、公認テキストと合わせて読み込むと役に立つでしょう。

試験終了

 Webで配布されている「サンプル問題」と同様で、試験時間経過しても強制終了されるわけではなく、表示されている時間は目安であって、試験官が別途ストップウォッチで計測していました。試験終了時間になると試験管から合図があり、指導の下にプログラムを終了させました。

 私が受けた会場の試験実施形態は「LBT (LAN Based Testing)」だったので、プログラムを終了して、そこで試験終了となりました。作成されたファイルは担当者が責任をもって回収・アップロードするということでした。

試験の感想

 試験自体は上手くできたと思います。合格基準は、「得点率が規定問題60%以上、自由問題60%以上」となっているので、合格しているとは思います。試験結果の通知には正答率まで記載されているそうなので、できるだけ高確率で合格できていて欲しいと思ってます。

 これだけ大口をたたいておいて試験に落ちたら笑い者ですね(笑) 来月試験結果が届いたらブログで報告しようと思いますので、それまでしばらくお待ちください。

試験を終えてから感じていること

試験対策について

 公認テキスト&問題集やサンプル問題、実際の試験を受けてみて、一度も出題されなかったHTMLタグ・属性が結構あり、どうやら試験対策はもっと狭く絞ることができたのではないかと感じました。

 まず、初版の公認テキストの出題範囲には「フレームセット(flameset)」が含まれていたのですが、現在の公式サイトの「出題範囲」を確認してみたら、フレームセットが含まれていませんでした。購入した中古本が初版(2007年)のもので、当時はフレームセットが試験範囲だったのでしょう。Webの流行にあわせてフレームセットが使用されなくなったように、フレームセットは範囲外となったようです。テスト用HTMLリファレンスにも記載がなくなっています。私は無駄にフレームセットのことを暗記してしまったようですorz テキストは最新版を購入しましょう(笑)

 また、最近のWeb傾向として、文書構造とレイアウトの棲み分けの観点からレイアウト関係はできるだけCSSで記述するようになっているので、HTMLのレイアウト関係の属性は扱われなくなりつつあります。問題からもそれが伺えました。例えば太線・イタリック・上付き文字・下付き文字・表のレイアウト用属性などはHTMLでなくCSSで記述する問題ばかりでした。

 そして、FOM出版のテキストの出来が非常に良く、良いテキストの存在が合格への最短ルートだということを痛感しました。他のWeb系資格試験ではテキストや教育体系が整っていないものもありますので、その点でWebクリエイター能力認定試験は初心者にお勧めできると感じました。


よくわかるマスター Webクリエイター能力認定試験(HTML4.01) <初級>公認テキスト &問題集 改訂3版 Internet Explorer 7 / 8 / 9 / 10対応 (FOM出版のみどりの本)よくわかるマスター Webクリエイター能力認定試験(HTML4.01) <初級>公認テキスト &問題集 改訂3版 Internet Explorer 7 / 8 / 9 / 10対応 (FOM出版のみどりの本)
(2013/06/04)
富士通エフ・オー・エム株式会社

商品詳細を見る

Webクリエイター能力認定試験(HTML 4.01対応)上級 公認テキスト&問題集 改訂3版 (FOM出版)Webクリエイター能力認定試験(HTML 4.01対応)上級 公認テキスト&問題集 改訂3版 (FOM出版)
(2013/05)
富士通エフ・オー・エム株式会社

商品詳細を見る

 また、この記事を書いている最中に見つけたのですが、サイト「Webクリエイター能力認定試験<上級>対策室」が非常によくまとまっていて、「対策とコツ」のページは私がここで書こうとしていたことがまさに乗っていたので、サイトへの紹介リンクだけで済まさせていただきます。

試験内容について

 Webクリエイター能力認定試験は歴史があり、教育機関で採用されていることもあって、問題内容が洗練されている印象がありました。また、実技試験があるのが非常に有意義な試験だと感じました。頭でわかっていても実際にそれが表現できるかと言ったら別で、タイプミス・スペルミス・論理ミスを無くすことが試された感じでした。

 HTML4.01対応版(初級・上級)だけでなく、新たにXHTML1.0対応版(スタンダード・エキスパート)が開始されたように、時代に合わせて試験内容が変化していくと考えられます。HTML4.01対応版は基本的にWindowsXP・InternetExplorer8での実技を想定しているので、WindowsXPのサポートが終了する2014年4月9日以降どうなるか気になります。すぐに無くなるとは思いませんが、内容が改訂されるような気がします。

 まだHTML5は普及していないので、HTML5対応の試験は開始されないとは思いますが、HTML4.01対応版の発展であるXHTML1.0対応版の存在感がやや薄く感じます。いずれXHTML1.0対応版(エキスパート)を受けるつもりでいますが、できることなら統合して一つの試験としてくれた方が受験の負担が少なくなるのになぁと思いました。

 名称が「上級」なので、インタラクティブでバリバリ動くWebサイトが作れそうな印象をもてそうですが、実際はまだまだ入門段階に毛が生えたレベルなので、名称詐欺な気もしますw せいぜい中級といったところでしょうか。できたら「上級(エキスパート)」のさらに上のレベルの試験も用意していただきたいと思います。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

EMAIL:
URL:
TITLE:
>私は無駄にフレームセットのことを暗記してしまったようですorz テキストは最新版を購入しましょう(笑)
あはは、ちょっとした誤算ですか。
まあ記憶力の訓練になったという事で(笑)
試験も落ち着いて受けられたようだし、よい経験になりましたね。次はさらに効率よく勉強できると思いますよ~!
では、満点とれるといいですね♪
宵乃 さんへ
EMAIL:
URL:
いやぁ ケチって中古本買ったのがアダとなりましたw
HTML5ではフレームセットは廃止されて使われないそうですね。ほんと何のために覚えたんだかw
試験という目標があったのでこの1か月は充実した日々でした。次の目標が欲しくなったのでエキスパートを受けるつもりですが、その後どうしようか迷ってしまいます。JavaScriptを含めたテストがあればいいんですけどね。
結果が来るのが待ち遠しいです。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。