Web学習 【7】 Webクリエイター能力認定試験 上級

更新
2015年01月06日(火)

本文を追記欄に移動

Webクリエイター能力認定試験 上級

 Webクリエイター能力認定試験の「初級」と「上級」の違いを把握しようと思い、詳しく調べてみました。

 「試験概要」の「認定基準」の説明によると、初級は『追記・修正』ができるレベル、上級は『制作』ができるレベルと理解すれば分かりやすいです。

上級
 HTML、CSSに関する深い知識を有し、仕様書に基づいたWebページ制作を正しい理解のもとに行うことができる。また、高度なCSSレイアウトを駆使し、Webサイトのページデザインを行うことができる。

初級
 HTML、CSSに関する基本的な知識を有し、標準的なWebページのソースを見て、内容を正しく理解し、適切な追記・修正を行うことができる。また、仕様書に基づき、文書の構造化やCSSによる簡単なレイアウトを行うことができる。

 ブログテンプレートの修正・カスタマイズであれば、初級程度になります。ホームページの作成は上級程度でしょう。

 公式サイトの「出題範囲」によるとマルチメディアフォームの定義などが範囲に加えられています。その他細かい追加要素があるので、出題範囲はチェックしておくといいでしょう。

公認テキスト

いずれ必要になるので上級の公認テキストも購入しました。


Webクリエイター能力認定試験(HTML 4.01対応)上級 公認テキスト&問題集 改訂3版 (FOM出版)Webクリエイター能力認定試験(HTML 4.01対応)上級 公認テキスト&問題集 改訂3版 (FOM出版)
(2013/05)
富士通エフ・オー・エム株式会社

商品詳細を見る

 「Webクリエイター 能力認定試験(HTML4.01対応)<上級>公認テキスト&問題集 改訂3版

 執筆時において第3版が発売されていますが、旧版と目次を比較しても一緒なので、問題集の部分だけ変更が加えられたのだと推測しました。ということで、旧版の古本を安く購入して間に合わせました。

 初級と上級で範囲や出題形式が重複する部分があるので、初級と上級の差は大きくはないと感じました。Web制作の経験が全くない初学者であれば難しいと思いますが、私はホームページ制作の経験が少しだけあるので、初級を飛ばして上級を受けてみようと思ってます。受験料を節約します(笑)

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

EMAIL:
URL:
TITLE:
なるほど、まずは自分のレベルを知ることが大事ですよね。受験料だけでなく時間の節約にもなりますし!
わたしはホームページ作成から入ったけど、自分用でかなりシンプルなものだったから初級かなぁ。
カスタマイズする時も、だいたい調べながらやってるし…。
ブログの段組は必ずpositionに直しているけど、覚えようと思った事がないです(笑)
宵乃 さんへ
EMAIL:
URL:
いちおうブログの他にホームページも作っているので、現段階で上級も難しくはないかもと目論んでます。
まだ足りない知識はフォーム位だと思います。マルチメディア関係のタグはたまに見てるので、これを機に確実にしようと思います。
内容が分からない人には、『上級』って音の響きだけで凄い人に聞こえるでしょうね。実際はそんなに難しくないかもです。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。