WACOM イラストレーター Live Painting

動画の紹介です。
パソコンで絵を描く場合、ペンタブレットを用いるのですが、ペンタブレットといえばWACOMです。

WACOM
http://tablet.wacom.co.jp/

WACOMがYouTubeにチャンネルを開設し、ペンタブレットのユーザーに有益な情報を提供しています。

WACOM のYouTubeちゃんねる
http://www.youtube.com/user/wacomwcl/featured

中でも、著名なイラストレーターが実際にペンタブレットを利用して絵を描いている動画があります。
プレイリストがありますので、それをリンクしつつ、まとめてみました。

プレイリスト 24動画 ※2012/2/18修正
イラストレーター Live Painting
http://www.youtube.com/playlist?list=PL932AB0958975441F




現在、25人のイラストレーターの動画が公開されています。
それをまとめてみました。

目次から画像をクリックすると、該当する埋め込みへYouTubeページへ移動します。
埋め込みをクリックすると、該当するYouTubeページへ移動します。

※2012/2/18修正・追記
埋め込みを削除しました。YouTubeへのリンクをご利用ください。
"024 漫画家 TNSK Live Painting"を追加しました。


目次 イラストレーター Live Painting 作者リスト
001 イラストレーター KEI Live Painting
001 イラストレーター KEI
002 イラストレーター うっけ Live Painting
002 イラストレーター うっけ
003 イラストレーター toi8 Live Painting
003 イラストレーター toi8
004 イラストレーター redjuice Live Painting
004 イラストレーター redjuice
005 イラストレーター 加藤アカツキ Live Painting
005 イラストレーター 加藤アカツキ
006 イラストレーター りょーちも Live Painting
006 イラストレーター りょーちも
007 イラストレーター 今泉昭彦 Live Painting
007 イラストレーター 今泉昭彦
008 イラストレーター 岸田メル Live Painting
008 イラストレーター 岸田メル
009 漫画家 大和田秀樹 Live Painting
009 漫画家 大和田秀樹
010 漫画家 蒼樹うめ Live Painting
010 漫画家 蒼樹うめ
011 漫画家 濱元隆輔Live Painting
011 漫画家 濱元隆輔
012 漫画家 小島アジコ Live Painting
012 漫画家 小島アジコ
013 漫画家 得能正太郎 Live Painting
013 漫画家 得能正太郎
014 イラス トレーター月神るな Live Painting014 イラス トレーター月神るな
015 キャラクターデザイナーQni Live Painting015 キャラクターデザイナーQni016 漫画家 氷堂涼二 Live Painting016 漫画家 氷堂涼二
017 イラストレーター しずまよしのり Live Painting017 イラストレーター しずまよしのり018 イラストレーター和遥キナ Live Painting
018 イラストレーター和遥キナ
019 漫画家 長月みそか Live Painting019 漫画家 長月みそか020 イラストレーター ヤス Live Painting
020 イラストレーター ヤス
021 漫画家 黒田bb Live Painting
021 漫画家 黒田bb
022 イラストレーター 雨色 Live Painting
022 イラストレーター 雨色
023 漫画家 水あさと Live Painting
023 漫画家 水あさと
024 漫画家 TNSK Live Painting024 TNSK





※ 2012/2/18 追記・修正
初掲載時にはYouTubeの該当動画を埋め込みで貼り付けていました。
しかし、Web読み込みが遅くなるのでリンクを残して削除しました。




私、WACOMのIntuos4 Small を持ってます。
ほとんど使っていなかったのですが、最近になってパソコンで絵を描こうと思って引っ張り出してきました。

人に見せられるような画力もなく、公開すれば後悔すること間違いなしの恥ずかしい絵しか描けません。
人が描いている動画を見て参考にしようかと思いましたが、レベルが違いすぎて全く参考になりません。

以前記事にした、ボブ・ロスのジョイ・オブ・ペインティングもそうでしたが、人が描いている姿を見るのが好きなので、ちょくちょく見ております。

参考までに過去記事へのリンク
ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング その1
ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング その2
ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング その3
関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

僕も、Live Paintingは良く見てました。一時期、これ以外にも、お絵かき動画を見ていましたが、早送りのため何やっているのかあまり見えなくて困りました。早送りでも見る人が見ればポイントはわかると思うのですが、全くの初心者だと参考にならないかもしれません。でも、見ているだけで楽しいというのはわかります。この動画の中では、メル氏が好きなので何度か見ました。後は、動画をみてまねして、動画を見ての繰り返しでしょうかね。自分で描いて見ると、どこを見なくてはいけないかのポイントが絞れてきますのでそこそこ役に立つ場合もあります。ただ、このLive Paintingの注意点は、描いている人達がプロで手馴れているで、手癖でこのような即興を描けてしまう人の実演だと言うことです。手癖で描けない人は通常このような描き方は出来ませんので、地道にあたりを取って描いていくことになります(描き方は人それぞれなので確証はないですが)。僕も、始めたころはこの辺のノウハウがなくて、また情報も落ちていなくて困りました。世の中に落ちている情報はそれなりに描ける人向けなことが多いので、全くの初心者には厳しいです。一番いいのは、絵を描ける人を身近に持つことなんですが、難しい場合が多いですよね。僕も、身近にそういう人がいれば変な苦労せずに済んだかもしれません。
お邪魔しております^^

あ~やっぱりプロの方はまったく違いますね^^;
私にもこのくらいの技術があれば・・・。
と言うか、画面に直接描けるんですね!
平面に直接描くっていうのはいいですよね^^やっぱりアナログ(紙とペン)描きが一番描きやすいので、それと同じ形で描けるとなると思ったとおりの線が描けて良いなぁと思います。
ディスプレイを見ながら描くのだと、やっぱりちょっと違うんですよね。
まぁ、それ以前にもっと技術を磨けと言う話ですけどもorz
でも、CGのいい所は、ごまかしがきくところですよね(笑)どんなに線画があれでも、加工しまくればそれなりに見えてしまう・・・CGマジックです^o^/
Live Paintingってこんなに沢山あったんですね…
私はメルさんとうめさんのしか見てませんでした。

で、今回すごく気に入ったのが、和遥キナさんの絵です。
今までノータッチでしたが、めちゃ私好みの絵です。いい発見をしました。

これはすごくオレ得な記事です。まとめてくれてありがとうと言いたいです。
返信
>>random+walk さん

私には全く参考にならないのですが、一枚の絵を描くのが大変だということはよく分かる動画でした。
デジ絵の文法とは違った、プロの作成現場の雰囲気が伝わってきました。

絵を描いている動画は他にも沢山ありますが、今回はWACOMの公式チャンネルということで取り上げてみました。
岸田メル先生は再生回数といい、非常に人気がありますね。
返信
>> アロイさん

画面に直接描けるのはCintiqと呼ばれるブランドで「液晶ペンタブレット」です。
この記事を書く前に、家電量販店でCintiq24HDという最高級機種を触って感動したので記事を書きました。
お値段も最高級なので、私には絶対に手が出せないし、宝の持ち腐れになること間違いナシです。
CGだとグラデーションが簡単にできるので、ぼかしまくった絵が簡単に描けるので便利ですよね。
返信
>>HiRo さん

お役に立てたようで光栄です。
メルさんとうめさんは動画再生回数が段違いで、かなり注目されてますね。
Live Paintingは今でもシリーズは更新されてます。
絵をイラストレーターに注目して見ることはあまりないのですが、見たことのあるイラストの作者が何人かいますね。
全部の作品が好きですが、この中からお気に入りのイラストを選ぶとしたら、私は004 redjuiceさんの作品です。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。