PS3(CECH-2100A) HDD換装(交換)

PS3内蔵のHDD容量が足りなくなってきたので、HDDを換装(交換)することにしました。

換装するのは初めてではないのですが、せっかくの機会なのでブログの記事にしてみました。

CECH4300C.jpg

SONY
PlayStationサポート
⇒http://www.jp.playstation.com/support/index.html

はじめに

  1. 私が使用しているPS3の形式は「CECH-2100A」で内蔵HDDの容量は120GBのものです。

  2. 購入時より、HDD容量が足りなくなることを見越して、HDDを500GBの物に換装して使用していました。

  3. 購入してから5年目となり、インストールしたゲームが増え、さらにトルネで番組を撮り溜めたり、PSプラス会員になりフリープレイ対象ソフトをインストールしていたら、500GBでは足りなくなりました。

  4. そこで、今回500GBから1TBへとHDDを換装(交換)することにしました。PS3は1.5TBまで対応しているそうですが、現在1.5TBの物は品切れしており、泣く泣く1TBの物を選びました。

  5. HDD換装(交換)にあたり、今更ですがブログに方法を記録しておくことにしました。読者の参考になれば幸いです。

  6. PS3最新の型番「CECH-4000」であれば下記ページがそのまま役に立ちます。

  7. SONY
    PlayStationサポート
    内蔵ストレージの換装方法は?|CECH-4000 シリーズ
    ⇒https://support.jp.playstation.com/app/answers/detail/a_id/12767/

PS3 HDD換装(交換)方法 準備段階

換装(交換)用HDDについて

  1. まずは公式サイトのサポートページをご一読下さい。

  2. SONY
    PlayStation サポート
    PS3®の内蔵ストレージは交換できますか?
    ⇒https://support.jp.playstation.com/app/answers/detail/a_id/270

  3. 特に「交換用ハードディスクについて」の項目にある、仕様をよくご確認下さい。書かれていませんが『9mm厚』以下であることも重要です。

  4. つまりHDD選びの際に気をつけるべきポイントは下記になります。

    • SATA(シリアルATA)接続であること(2.0と3.0どちらでも構いません)
    • 2.5インチ9mm厚
    • 容量1.5TBまで
    • 5400rpmでも7200rpmでも可
    • AFT/非 AFT 両対応なので、この点は気にする必要なし。
  5. 以下2.5インチHDDであることを前提に書いてます。

  6. SATA2.0接続だろうとSATA3.0接続だろうと、HDDでは読み込み速度に差はありません。特に意識する必要はありません。

  7. 大容量のもの(1.5TB/2TB)だと12mm厚のHDDがありますが、実質的に9mm厚が一般的なので、選ぶ際にはあまり気にしなくていい点です。

  8. 現在9mm厚2TBのHDDが発売されていますが、PS3では使用できなかったという報告が見当たります。なので公式通り1.5TB以下にしておきましょう。1.5TBのHDDが執筆時現在も品切れが続いているので、実質的に1TBのHDDが最大容量になってます。

  9. 『rpm』は回転速度の意味で、数値が大きいほど読み込みが早いのですが、発熱も多いです。5400rpmと7200rpmが一般的ですが、速度固定ではなく速度可変のものがあります。PS3で使用する時は5400rpmだろうと7200rpmだろうと構いません。中には7200rpmは発熱が多いから5400rpmを選ぶべきという人もいますが、私は7200rpmでも全く問題はないと考えています。

  10. AFT(Advanced Format Technology)は2010年頃から登場した規格ですが、現在流通しているほとんどはAFT対応のものになってます。特に意識する必要はありません。

  11. 私が用意したのは『東芝 MQ01ABD100』です。

    MQ01ABD100.jpg
  12. 今回は上記HDDに換装します。

HDD換装にあたり必要な物

  1. HDD換装にあたり必要になる物は下記になります。

    • バックアップ用にUSB接続の外付けHDD (データ容量と同等以上の容量)
    • FAT32」形式対応のフォーマットツール
    • 換装(交換)用に2.5インチ9mm厚のHDD(またはSSD)
    • プラスドライバ(精密ドライバ)
    • お使いのパソコン(PS3システムソフトウェアの準備に使います)
    • PS3システムソフトウェア(最新の物)
    • USBメモリ(容量256MB以上)
  2. 換装前のPS3のデータを残さないのであれば、バックアップ用外付けHDDやフォーマットツールは必要ありません。

  3. バックアップ用外付けHDDの容量はデータ容量に応じたものを用意します。HDDのフォーマット形式は『FAT32』形式である必要があります。2TBより上だとFAT32形式でフォーマットできない可能性もあり、2TB以下のものを用意することをお勧めします。データが少ないのであればUSBメモリなどでも代用できる可能性があります。

  4. USB2.0接続でもUSB3.0接続でも構いません。速度はUSB2.0接続時のものとなります。

  5. この記事ではHDDへの換装を前提にしていますが、SSDへの換装であれば換装用SSDを用意して下さい。方法はHDDの時と全く変わりがありません。

  6. PS3の形式によって分解に必要になる工具が若干違ってくることもありえますが、基本的に精密ドライバーセットがあれば事足りるでしょう。この記事では型番「CECH-2100A」での換装を行ってます。

  7. 換装後にシステムソフトウェアのインストールを行いますが、方法は何通りかあります。下記で確認して下さい。

  8. SONY
    PlayStation3 システムソフトウェアアップデート
    ⇒http://www.jp.playstation.com/ps3/update/

  9. 今回はUSBメモリを使った方法で行います。システムソフトウェアはだいたい200MB位ですので、それ以上の容量のUSBメモリが必要になります。USBメモリはFAT32形式でフォーマットされている必要があります。フォーマットはWindows上からもFAT32形式で行えますし、上記フォーマットツールでも行えます。

  10. バックアップ用の外付けHDDにシステムソフトウェアを用意して、そちらからファームウェアのインストールを行う方法も考えられますが、私は実践したことがないのでここでは書きません。

PS3 HDD換装(交換)方法 実行段階

手順

  1. HDD換装(交換)の手順は下記になります。

    1. PS3内蔵HDDからデータをバックアップ
    2. 内蔵HDDの換装(交換)
    3. 新規HDDをフォーマット・PS3アップデータのインストール
    4. データのリストア(復元)
  2. 「バックアップ」であり、「データ転送」ではないことに注意して下さい。本体にデータが紐付けされているので、本体の交換をする時以外はバックアップです。

  3. バックアップとリストアには多くの時間がかかります。私の場合、400GBのデータ量でしたが、バックアップに12時間以上、HDD換装・アップデータのインストールに20分、データのリストアに20時間以上かかりました。

バックアップ

  1. SONY
    PlayStation®3 データのバックアップ方法/データ転送方法
    ⇒https://support.jp.playstation.com/app/answers/detail/a_id/482/

  2. バックアップ用外付けHDDは『FAT32』という形式でフォーマットされていなくてはいけません。

  3. FAT32は旧式のフォーマット形式なので、Windows標準のフォーマットでは『NTFS』形式しか選べないこともあります。なので場合によってFAT32でフォーマットできるソフトを別途用意します。

  4. 私はWindows7を使用しており、FAT32でフォーマットするために『I-O DATA ハードディスクフォーマッタ』というソフトを使用しました。使用方法は下記サイトが参考になります。

  5. I-O Data
    Q&A「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」でFAT32形式にフォーマットしたいのですが?」
    ⇒http://www.iodata.jp/support/qanda/answer/s16470.htm

  6. 公式サイトには「Windows7には対応していません」と書かれていますが、Windows7でもできました。もちろんサポート対象外ですので自己責任で行います。

  7. SONYの公式サイトをよく読んで、トロフィーをサーバーと同期したり、システムソフトウェアを最新にしたりしてから、「バックアップユーティリティー」を実行します。

  8. XMB(クロス・メディア・バー)から「設定」→「本体設定」→「バックアップユーティリティ」→「バックアップ」を選択します。バックアップ先に接続した外付けHDDを指定します。もし接続した外付けHDDが項目に表示されていなかったら、PS3から認識されていない可能性があるので、フォーマット等を再確認して下さい。

  9. バックアップには時間がかかります。私の場合400GBのデータ容量で12時間近くかかりました。バックアップ中はゲーム等その他の機能も使えなくなるので、外出中や睡眠時間などの空き時間にするといいでしょう。

PS3(CECH-2100A) HDD換装

  1. 私のPS3の型番は「CECH-2100A」です。最新のスリム型ではないですが、一つの参考になるかと思います。

  2. CECH-2100A本体

    P1030294.jpg
  3. 本体裏

    P1030301.jpg
  4. 内蔵HDDを取り外すには裏面にあるネジを見つけることから始まります

  5. 裏面のここにネジが隠されています

    P1030302.jpg
  6. 近くに小さなシールが貼ってあります。

  7. ネジ隠しを外します

    P1030304.jpg
  8. 先の尖った物などで、少し持ち上げます。ネジ隠しは本体から簡単には外れないものなので、無理に外さないようにして下さい。

  9. 青いネジで固定されています

    P1030305.jpg
  10. ネジは青く塗装されています。ネジを外そうとすると少し塗装が剥げます。塗装が剥げたら保証がきかなくなるかもしれないですが、実際のところは分かりません。

  11. ネジを外します

    P1030308.jpg
  12. ロゴが入っている部分がHDDベイカバーです

    P1030313.jpg
  13. ネジのある箇所の近くです。

  14. HDDベイカバーを横にスライド

    P1030314.jpg
  15. HDDベイカバーは横に少しスライドすると、ロックの爪が外れて取り外せるようになります。間違った方向に力を加えて爪を折らないよう注意して下さい。

  16. HDDベイカバーを外した状態

    P1030319.jpg
  17. HDDトレーのつまみがあるので、それを引っ張ってHDDを中から取り出します。

  18. HDDベイカバー

    P1030316.jpg
  19. HDDベイカバーはこのような形をしています。無理な力を加えて折らないよう注意して下さい。

  20. 内蔵HDD

    P1030325.jpg
  21. 内蔵HDDはトレーに固定されている状態です。

  22. HDD固定ネジ4カ所

    P1030327.jpg
  23. 裏側の4カ所がネジ止めされているので、ネジを外します。

  24. HDDの外し方

    P1030330.jpg
  25. HDDは片側が固定されており、反対側は持ち上がります。少し持ち上げて、固定されている側を抜くようにしてHDDを外します。

  26. HDDトレー

    P1030331.jpg
  27. 換装用のHDD(2.5インチ/9mm厚/1TB)

    P1030332.jpg
  28. 換装用HDDをHDDを取り外した逆順でPS3に内蔵していけば終了です。

システムソフトウェアのインストール

  1. 換装したPS3を起動する時、コントローラーのペアリングが解除されているので、USBケーブル(mini-B)でPS3本体とコントローラーを繋いで下さい。また、そのように画面に表示されることがあります。

  2. 新しいHDDでそのまま起動すると、システムソフトウェアが正しく動作しないとの警告文が表示されます。なのでシステムソフトウェアを再インストールします。

  3. SONY
    PlayStation3 システムソフトウェアアップデート
    ⇒http://www.jp.playstation.com/ps3/update/

  4. 上記ページの『パソコン経由でのアップデート』から最新のシステムソフトウェアをダウンロードします。ダウンロードしたファイルはページ内の説明の通り、記録メディア(USBメモリ等)のトップに「PS3」フォルダを作成し、その中に「UPDATE」フォルダを作成し、そこに置きます。記録メディアはFAT32形式でフォーマットされている必要があります。

  5. PS3に上記で作成したUSBメモリとUSBケーブルで繋いだコントローラーを接続します。バックアップ用外付けHDDや周辺機器(トルネ等)は外しておいた方がいいでしょう。

  6. PS3を起動すると「システムソフトウェアが正しく動作しない~」という警告文が表示されますが、文中にあるように「SELECT」ボタンと「START」ボタンを同時に押し続けると、システムソフトウェアのインストールの準備が開始されます。

  7. インストール前最終確認の段階で再度「SELECT」ボタンと「START」ボタンの同時押しがあります。警告文中にある通り、HDDがフォーマットされるので全てのデータが消去されます。

  8. HDDのフォーマットとシステムソフトウェアのインストールは10分もかかりませんでした。再起動後にPS3の初期設定があります。後でリストア(復元)するときに消去されるので、細かいところまで設定しなくてもいいでしょう。

リストア(復元)

  1. PS3のシステムソフトウェアがインストールし終わったら、USBメモリを外し、バックアップ用外付けHDDを接続します。初期設定が終わったら、XMBから「設定」→「本体設定」→「バックアップユーティリティ」→「リストア(復元)」を選びます。

  2. リストアの際には換装したHDD内の全てのデータが消去される(システムソフトウェア以外)ので、リストア前に新たなデータを増やさないようにします。特にトルネのチューナーを接続してトルネを起動してしまうと、正常にデータ移行ができなくなるかもしれないそうです。

  3. データを移す前に新しい本体に PS3®専用地上デジタルチューナーを接続し「torne™」(PS3®)を起動してしまうと、正常にデータが移行できなくなりますのでご注意ください。

  4. SONY
    PlayStation®3 データのバックアップ方法/データ転送方法
    ⇒https://support.jp.playstation.com/app/answers/detail/a_id/482/session/L2F2LzEvdGltZS8xNDI0MzA2Njk3L3NpZC9nZG8zUGxmbQ%3D%3D

  5. リストアにはバックアップの2倍の時間がかかります。私の場合ですが、初期画面表示はバックアップと同じ「残り時間12時間」との表示でしたが、実質的に24時間かかりました。途中で画面中の時間進行が全く進んでいなかったので、フリーズしたかと思いましたが、待っているうちに僅かに進んだので、フリーズではありませんでした。辛抱強く待ち続けることが重要なのかもしれません。リストア中はゲーム等できないので、時間には余裕を持ってリストアを行って下さい。

  6. リストアが終了したらHDD換装の終了です。お疲れさまでした。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。