【PC】 幻想三國誌

日本ファルコムのゲームには限定版とか特典付きのものが多いですが、その特典内容とか内容物の画像が調べてもなかなか出てきません。

公式サイトは充実はしているものの、古すぎる作品はサイトすら立ち上げていないし、2000年以降の作品でも古い情報から削除されつつあります。

以前、日本ファルコムのファンサイトでもの凄く詳細な情報まで載せているサイトがあったのですが、現在閉鎖されてしまい、情報が散逸もしくは消滅していることが多々あります。

ということで、私が持っている物の中からいくつか紹介して情報提供していこうと思い立ちました。

今回は2004年9月29日に発売された『幻想三國誌』です。開発は台湾のメーカー『UserJoy Technology』で日本ファルコムはローカライズと販売を担当しました。

幻想三國誌

日本ファルコム
幻想三國誌
⇒http://www.falcom.co.jp/fs/

Impress GAME WATCH
PCゲームレビュー 「幻想三國誌」
⇒http://game.watch.impress.co.jp/docs/20040927/san.htm

幻想三國誌 パッケージ外観

  1. パッケージ

    幻想三國志パッケージ 幻想三國志パッケージ裏
  2. A4サイズの箱です。CD版とDVD版とがあります。2004年9月29日発売された初回版のみで、以降の変更版はありません。

幻想三國誌 パッケージ内容

  1. 内容物

    幻想三國志内容物
  2. 3大特典として「オリジナル・サウンド・トラック」「スーパーアレンジバージョン」「マウスパッド3枚セット」が付属しています。

ゲームディスク

  1. ゲームディスク

    幻想三國志ゲームディスク
  2. DVD版で1枚です。

プレイングマニュアル

  1. プレイングマニュアル

    幻想三國志マニュアル
  2. いかにも日本ファルコム的なマニュアルといった出来です。

オリジナル・サウンド・トラック

  1. OST

    幻想三國志OST 幻想三國志OSTレーベル
  2. 幻想三國誌のオリジナル・サウンド・トラックです。

スーパーアレンジバージョン

  1. SAV

    幻想三國志SAV 幻想三國志SAVレーベル
  2. 幻想三國誌のスーパーアレンジバージョンです。

マウスパッド

  1. マウスパッド

    幻想三國志マウスパッド
  2. A5サイズのマウスパッドが3枚付属しています。

幻想三國誌 マウスパッド

  1. 幻想三國誌

    幻想三國志マウスパッド  幻想三國誌
  2. 本作品のイラストが描かれたマウスパッドです。

イースⅥ マウスパッド

  1. イースⅥ

    幻想三國志マウスパッド  イース6
  2. 作品には全く繋がりが無いのですが、日本ファルコム繋がりということでしょう。イースⅥの発売日が2003年9月27日なので、ほぼ1年前の作品になります。

空の軌跡 マウスパッド

  1. 空の軌跡

    幻想三國志マウスパッド  空の軌跡
  2. 同じく日本ファルコム繋がりの作品です。空の軌跡の発売日は2004年6月24日ということで、3ヶ月前の作品です。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

面白そうですね
幻想三国志・・・三国志好きなので心引かれるタイトルですけど
パッケージのイラストを見る限りあの三国志とは関係ないのでしょうか?
WIN7でもプレイできれば買ってみたいところですね~
PCゲームは買ったことないのですが
ねむりねこ さんへ
コナミから「幻想水滸伝」が発売されていますが、それとは全く関係ありませんw タイトルをパクったのかもしれませんがw

古典の『三国誌』にあまり詳しくないのですが、キャラ名・国名などは全く別物で、ストーリー的にも関連性は薄い気がします。中国では古典『三国誌演技』の方が主流との話も聞きますが、三国志演義については全く知らないので関連性もあるのかないのか分かりません。

女性キャラが多かったり魔法を使ったりと、三国誌を知らなくても楽しめる要素はあります。ただ、いかんせん日本語訳が中途半端でいい加減なところもあり、興醒めする箇所もちらほらあります。

WinXP対応までなので、Win7でプレイするには互換性の問題があります。まだ未確認ですが、動作しない可能性も高いです。Win8では動きませんでした。

台湾では人気があるシリーズなのでしょう、『幻想三國誌4外伝』まで発売されています。日本では『幻想三國誌2』まで日本ファルコムから発売されています。絵柄やゲームシステムは日本のゲームの影響を受けているので、西洋ゲームよりかは取っつきやすいです。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。