Windows8.1クリーンインストール方法

Windows8ユーザー向けの情報です。

Microsoft
Windows 8 から Windows 8.1 にアップデートする
⇒http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/update-from-windows-8-tutorial

私がそうなのですが、Windows8からWinodws8.1にアップデートするときに、クリーンインストールしたいと思う方がいらっしゃると思います。しかし、現在はそういった仕様になっていません。

Windows8.1をクリーンインストールしたい場合は、アップデートではなく、Windows8.1インストールメディアからインストールするしか方法がありません。

また、Windows8.1はVistaや7のサービスパック(SP)の時のように、差分ファイルの配布をしていません。

擬似クリーンインストールとして、Windows8をクリーンインストール後に直ぐに8.1にアップデートをしようとする場合、ネット接続でのダウンロードインストールする必要があります。

ファイルサイズが大きいので、ダウンロードする時間は1時間ほどかかり非効率です。

一台ならまだしも、複数台をWindows8.1にアップデートするときはそれぞれのマシンをネットにつなげて、それぞれでダウンロードする必要があります。そんな事をしていたら非常に効率が悪いです。

なので、Windows8.1をクリーンインストールできるメディアがあると便利なのですが、Windows8.1のDSP版を購入しなければならないとなるとコストがかかります。

今回はWindows8.1のインストールファイルのダウンロード方法と、クリーンインストール方法について紹介します。

まえがき

  1. Windows8になってから、ユーザーは所有ライセンスからインストールファイルをダウンロードして、インストールディスク(ISOファイル)を作成できるようになりました。

  2. Microsoft
    プロダクト キーのみを使用して Windows をアップグレードする
    ⇒http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/upgrade-product-key-only

  3. しかし、上記サイトではMicrosoftのプロダクトキー管理でWindow8とWindows8.1は明確に区別され、Windows8のプロダクトキーではWindows8.1のインストールファイルをダウンロードできないようになっています。

  4. なので、Windows8ユーザーがWindows8.1のインストールファイルをダウンロード入手することは原則できません。

  5. 紹介するのはいわゆる裏技ですので、ライセンス上の問題が生じる可能性があります。その点については当然自己責任となりますのでご注意願います。

参照リンク

  1. 先に情報の引用元・参照元を紹介します。

  2. ASCII.jp
    Windows 8.1に乗り換える!……その注意点とテクニック
    その3 Winodws 8ユーザーであれば8.1のクリーンインストールメディアを作れる!
    ⇒http://ascii.jp/elem/000/000/837/837923/index-3.html

  3. Hack Life Information
    Windows 8.1のISOをWindows 8のプロダクトキーのみでダウンロードする方法
    ⇒http://hacklifeinfo.wkeya.com/?p=605
    Windows8.1をWin8のプロダクトキーのみでクリーンインストールする方法
    ⇒http://hacklifeinfo.wkeya.com/?p=657

  4. ソフトアンテナブログ
    Windows 8ユーザー向け、Windows 8.1クリーンインストールガイド
    ⇒http://www.softantenna.com/wp/windows/windows-8-1-clean-install-guide-for-windows-8-users/

  5. PCmemo
    Windows8.1 のISOをダウンロードしてみた
    ⇒http://www.pc-memo.info/windows8-1/916/

  6. PCとか雑記帳
    Windows 8.1 クリーンインストール方法
    ⇒http://gopsblog.seesaa.net/article/378036516.html

解説

  1. 上記のリンク先を参照すればやり方は分かりますので、そちらをよく読んで実行してください。基本的にこちらの記事で付け足す情報はありません。

  2. サイトの紹介だけではあまり価値がないので少しだけ補足と解説をしてみようと思います。

  3. まず注意点として、マイクロソフトが配布しているWindows8.1をダウンロードするプログラムは、Windows7以降でないと起動しません。なので、XPやVistaのマシンからはプログラムが実行できませんので、ダウンロードすることもできません。

  4. また、一度ファイルダウンロードしたことのあるPCだと再ダウンロードができないケースがあるようです。その際の対処法も上記リンク先に記載されていますので注意深く読んでください。

  5. おまけ: Windows 8.1がダウンロードできない?

    Windows 8を一回でもダウンロードしたPCの場合、以前のデータが残っているため、「Windows 8を再ダウンロードできず、その後のWindows 8.1のダウンロードもできない」という事態に陥るようです。この場合以下のファイルを削除すればOK。

    C:\ESD
    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\WebSetup

    不安な場合は「名前を変更」でも良いです。

  6. 32bit版か64bit版かはダウンロードするPCのbitに対応しています。選択することはできません。両方を作成したい場合は32bitマシンと64bitマシンを用意して双方で作業を行う必要があります。

  7. インストールファイルダウンロード後、ISOファイル化する前に『ei.cfg』というファイルを作成して、元のファイルに付け足していますが、これが何かというと下記サイトが参考になります。

  8. hirojiのWindowsの秘密
    hirojiのWindows 8のマルチインストールの秘密
    ⇒http://hiroji.bglb.jp/win27/win29.html

  9. 『ei.cfg』ファイルを付け足すことによって、
    【「プロダクトキーの入力(スキップ不可能)」→「エディションの自動判別」】という流れが
    【「エディションの任意選択」→「プロダクトキーの入力(スキップ可能)」】という流れに変更されます。

  10. また、上記のように『ei.cfg』がないとWindows8.1のエディションの自動判別にWindows8のプロダクトキーで引っ掛かり、インストールが続行されなくなります。

  11. ひとまず先にWinodws8.1をインストールし終えてから、Winodws8のプロダクトキーで認証することができるようです。

  12. なのでひと手間かかりますが、『ei.cfg』を付け足すことをお忘れなく。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。