Windows8.1 予約開始

Windows8.1が2013年10月18日リリースということで、2週間前の10月4日にパッケージと価格の公表が行われ、同時に予約開始が始まりました。

エディションパッケージ画像参考価格備考
Windows8.1 13,800円32bit/64bitのDVD-ROM同梱
Windows8.1 Pro 25,800円32bit/64bitのDVD-ROM同梱
Windows8.1 Pro Pack 12,800円プロダクトキーのみ同梱

Windows8.1パッケージ版の販売は10月18日午前0時より行われます。

Windows8ユーザー向けのWindows8.1無償アップグレードプログラムの配布はWindowsストアで行い、Windowsストアからのダウンロード開始は10月17日20時(日本時間)より行われます。

これに伴いWindow7は10月末をもって製造終了となります。

Microsoft
最新 OS「Windows 8.1」のパッケージ製品構成と参考価格を発表
⇒http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2013/Oct13/131003_Windows81.aspx

Impress Watch
日本マイクロソフト、Windows 8.1パッケージ版を18日に発売
⇒http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131003_617973.html
窓辺ファミリーの特典付きDSP版 Windows 8.1 Proが限定発売に
⇒http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131004_618115.html
DSP版Windows 8.1の予約受付けが4日から開始
⇒http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20131004_618102.html
「Windows 8.1」パッケージ版の価格発表、Windows 7は出荷終了
⇒http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20131003_617979.html

以下、個人的な意見を少しばかり述べます。

Windows8を導入して使っていますが、やはりスタートメニューが表示されないのが不満でした。なのでスタートメニュー復活ソフトを導入して、Windows8の売りであるモダンUIの画面を見ることはほとんど無かったと思います。

Windows8.1でスタートメニューが復活するというのは嬉しい知らせなのですが、かといってWindows7の時のようなスタートメニューという訳ではなく、不完全な復活といえるでしょう。

私が希望するのはモダンUIの廃止だったのですが、Microsoftは時代を逆戻りさせることは無い様子で、モダンUIを次世代のインターフェイスと信じて疑っていないと思われます。

iPadやAndroidの真似をして導入したモダンUIですが、私から見ればデスクトップにショートカットアイコンを並べるのと大して変わりありません。いや、むしろアイコンサイズをでかくしている分、たちが悪いです。WindowsXPの頃からデスクトップを整理することを勧めていたマイクロソフトのすることとは思えません。

たぶん本当の狙いはWindowsストアに誘導して、ソフトウェア販売による収益確保なんでしょうけど、ご存知の通りWindowsストアは御通夜状態で、役に立つソフトがありません。私がダウンロードしたのはマインスイーパーとソリティアだけです。

Windows8.1という名称にもマイクロソフトの迷走が現れてますね。今まで通りのSP1(サービスパック1)でいいのに、何であえて名称変更するんでしょう?悪いイメージを払拭するためでしょうか?

2014年4月9日にはWindowsXPのサポートが終了します。思い起こせばWindowsVista発売の直前にXPサポート期間の延長を発表し、Vistaの悪評と相まってXPの延命につながりました。

Windows8.1でWindows8の悪評を払拭できなければ、XPサポートの再延長ってことになるんじゃないでしょうかね。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。