【コミPo!】 雷

夏風邪を引きました。といってもちょっと体調を崩している程度です。

すっかり季節は初秋な感じとなりましたが、まだまだ残暑もあり、日ごとの寒暖の差が激しいので風邪を引かぬよう注意してください。

夏といえばゲリラ豪雨というのが当たり前になった感じですが、皆さんのお住まいの地域はいかがでしょうか。

私の住んでいる地域では、ここ数日はゲリラ豪雨に伴う雷雨が発生し、落雷による被害がでることもります。

さて、今回はその雷にちなんで四コマを描いてみました。

コミPo!

『雷』

  1. コミPo!『雷』

    雷

解説

  1. まず始めに、今回の作品は全く満足していません。頭の中に描いていたシーンの再現ができませんでした。

  2. コミPo!は限られたパーツを寄せ集めて絵として表現するのですが、パーツが無かったり、パーツを使いこなせなかったりします。

  3. 一コマ目に登場したキャラクターは、コミPo!公式サイトで配布している追加3Dキャラクターデータ「ITウィッチまりあ」です。

  4. コミPo!公式
    追加3Dキャラクターデータ「ITウィッチまりあ」
    ⇒http://www.comipo.com/material/3d_data.html#maria

  5. この素材「まりあ」は専用のポーズやアイテムが用意されていて、ウィッチらしく魔法ステッキがあり、ステッキを振り回しているポーズなど、プリセットデータにはないポーズが可能となってます。表情も独自のものが用意されています。

  6. ということで試しに「ITウィッチまりあ」を使ってみたのですが、なにぶんキャラクター一人分しかいないのでバリエーションに乏しいです。

  7. せめて既存のプリセットキャラクターを同じポーズで表現できるようにして欲しかったです。逆もしかり。

  8. ということで、オチ担当の「こみぽちゃん」に登場してもらいました。

  9. よくTVゲームで魔法「サンダー」が登場しますが、雷って任意の場所に落とせるものなんでしょうか?フィクションに文句を言うのは馬鹿馬鹿しいですが、雷って命中率悪いと思います。

  10. 杖を高く掲げて『サンダー』なんてやったら、杖が避雷針になって術者に落ちるだろうというのが私の考えです(笑)

  11. よく「雷は金属に落ちる」と言われますが、これは誤りに近く、「雷は高いところに落ちる」の方が遥かに当てはまります。

  12. もし現実で雷に遭遇したら、屋外であればできるだけ腰をかがめるなどして頭を低くし、雷の直撃を避けます。

  13. そして雷が落ちそうな高いものに近からず遠からずな距離の位置が安全と言われてます。高いものと自分の位置とで直角二等辺三角形が作れるような位置がよいそうです。

  14. 気象庁
    雷から身を守るには
    ⇒http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/toppuu/thunder4-3.html

  15. 9月といえど雷雨はまだまだ発生しやすいので、雷に遭遇したら思い出してください。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

No title
さりげなく雷への対処もわかる記事ですね。
わたしは昔から雷を観るのが大好きで、雷の日は部屋を暗くして花火大会みたいに眺めてました(笑)

>雷って任意の場所に落とせるものなんでしょうか?

あはは、考えた事もありませんでした。四コマのオチもなるほどという感じ。
まず、雷を天から落とす系と、電撃を発生させて攻撃する系では変ってきそう。敵に向けて発射する電撃攻撃なら他の魔法と命中率は大差ない気がします。
天から落とす系も、メテオとかあるからなぁ。敵の位置に雷などを引き寄せる魔法でもかけてるんでしょうか?
ファンタジーな設定とはいえ、細かいメカニズムまで解説してくれるとリアリティ増すんですけどね。

こみぽちゃんのステッキが学校などでつかう差し棒なのが(笑)
宵乃 さんへ
> 雷の日は部屋を暗くして花火大会みたいに眺めてました(笑)

それは花火大会ではなく、火花大会ですね(笑)

電気の性質を考えると、電気抵抗が最も低くなるように空気を最短で通ると思います。
なので、もし杖の先から電流が流れるなら、そのまま垂直落下して地面に流れるか、術者の頭に流れます(笑)

最も有効なのはスタンガンの様に杖の先を相手に当てることだと思いますが、それって近接系に弱い魔術師には不利でしょうね。

いろいろ考えた結果、相手の頭上にミニチュア積乱雲を発生させると考えれば合理的かもしれないです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。