ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング その3

ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティングについてのお話最終回です。

前々回⇒ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング その1
前回⇒ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング その2

ボブ・ロスさんのDVDが発売されると知ったのは、2007年ごろ、Amazonのページを見ているときでした。
番組のことはすっかり忘れていたのですが、当時の記憶がみるみる思い出されました。
即予約して購入しました。

DVDを買って、ボブ・ロスさんは1995年7月にガンで亡くなられたと知りました。
まだ50代だったそうなので、非常に残念に感じます。

放送が終わってしまったのはそういった原因があったのでしょう。
今更ながら、悔やまれます。



ボブ・ロスさんの本家本元のサイト(英語)
⇒http://www.bobross.com/

本家本元のサイトを見ると、全ての放送がアメリカではDVD化されているようです。

テレビでは31シーズン(1シーズン13本)ということで、31×13=403本放送したようです。
日本でどれだけの本数を放送したか分かりませんが、かなりの数が放送されました。

私の祖母がこの番組が好きで、私に録画しておいてとよく頼まれました。
探せば何本か出てくるかもしれません。
今では貴重な財産となっています。

放送当時はBSの録画をするために、苦労した覚えがあります。
まだVHSの時代でした。BSチューナーの無いビデオデッキだったので、外部入力から録画しました。
放送時間にテレビからBS放送を外部出力してデッキに繋いでと、とても面倒だったのを覚えてます。

DVD化されましたが、1本あたり2000円と結構高めな気がします。
日本語吹き替えされているDVDはまだまだごく一部なので、放送したきりの映像も沢山あります。
もっと沢山の作品を単価を下げて見られるようにして欲しいです。

DVDはセルのみなのかな?
レンタルしていないようなので、この点もどうにかして欲しいですね。
海外ドラマがすごく手軽に見られるようになっているので、同様になって欲しいです。

放送から20年経った今だからこそ、もう一度ボブ・ロスさんの番組を放送してもらいたいです。
この「ボブの絵画教室」を多くの人、特に昔BSで見ていなかった人や若い人にも見てもらいたいです。



「ボブの絵画教室」「The Joy of Painting」関連の動画はどこも厳格に管理されているようですね。
検索してもごく短いものしか見つかりにくいです。

なので権利関係を著しく侵害しない程度で再度宣伝しようと思います。

ボブ・ロス THE JOY OF PAINTING1DVD-BOX
ボブ・ロス THE JOY OF PAINTING1DVD-BOX

販売元ハピネット 「ボブ・ロス THE JOY OF PAINTING1DVD-BOX
⇒http://www.happinet-p.com/jp3/releases/BBBE-9232

Amazon検索「ボブ・ロス
⇒http://www.amazon.co.jp/gp/search?index=blended&tag=sleipnir0a-22&field-keywords=%E3%83%9C%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B9&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&linkCode=qs

DVD-BOX1の宣伝動画はDVD-BOX2に含まれるDVDに入っていた物を抽出した物です。

警告が来ないかちょとビクビクしております。

ストーリー

1983年から1994年にかけてアメリカで放送されたテレビ番組「ボブの絵画教室」(原題:The Joy of Painting)。

たった30分で信じられないほど綺麗な油絵を仕上げてみせるこの番組は世界中で評判を呼び日本でも90年代前半にNHK BSで放送され人気を博した。誰にでも気軽に油絵が描ける画法(ボブ・ロス画法)と、ユーモアの溢れる語り口とアフロヘアーにヒゲの風貌で多くのファンを獲得した。またアメリカのみならずメキシコ、日本、韓国、台湾、イギリスなど世界中でTV放送された。絵画に関心のない人にとってもボブ・ロス画法によるこの番組はその語り口とあいまってエンターテインメントとしても広く支持を集めた。絵画番組として本国アメリカでは記録的な長寿番組であり、番組終了後には放送アンコールの声が絶えず、今では世界各国でDVD化されている。

◆ボブ・ロス:アメリカの画家。ボブ・ロス画法と呼ばれる油絵の画法を考案・紹介するとともに、テレビ番組「The Joy of painting」に出演し、一躍お茶の間の人気者に。その活躍はテレビに留まらず自身の画法の教室や画材販売などのビジネス展開もし、日本でも広く知られる。1995年病に倒れ惜しまれながら逝去。

◆ボブ・ロス画法:通常の油絵が塗っては乾かすという作業を繰り返すので完成まで長い時間を必要とするのに対し、ウエット・オン・ウエットと呼ばれる油分の多い絵の具を下塗りすることにより、短時間で作品を仕上げることが出来るようにした。さらに独自の筆やナイフを使うことにより絵を描いたことがない人でも手軽に油絵が描けるのが大きな特徴。この画法の絵画教室は各国で開かれており、日本でも多くの人がボブ・ロス画法を学び、楽しんでいる。

【収録内容】
DISC1 山の湖
DISC2 パステル色の海
DISC3 荘厳な山
DISC4 移り行く季節
DISC5 秋のイメージ
DISC6 枯葉色の冬景色



前回、前々回の追記に関連動画を紹介してますので、気になった方は参照してみてください。
前々回⇒ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング その1
前回⇒ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング その2



学研さんからもDVDが発売されています。
学研おんがく.net
⇒http://gakken-publishing.jp/ongaku/cd-dvd/index.html

学研さんの分も含めてタイトルリストを作成しました。
前々回の記事とあわせて、参考にしてください。

ボブ・ロスのジョイ・オブ・ペインティング
販売元 学研
発売日 2004年3月12日
巻数 6巻
価格 各巻2,100円(税込)

1.「寒い冬の朝」
2.「夕暮れ」
3.「峡谷の滝」
4.「森の中の小さな橋」
5.「神秘的な山」
6.「田園」

ボブ・ロスのジョイ・オブ・ペインティング
販売元 学研
発売日 2007年3月23日
巻数 6巻
価格 各巻1,999円(税込)

1.「朝の光」
2.「灰色の山並み」
3.「優雅な滝」
4.「断崖」
5.「森の丸太小屋」
6.「浜辺にて」

ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング DVD-BOX1
販売元 ハピネット
発売日 2007年3月23日
巻数 6巻
価格 9,999円(税込)
各巻個別価格 1,999円(税込)

1.「山の湖」
2.「パステル色の海」
3.「荘厳な山」
4.「移り行く季節」
5.「秋のイメージ」
6.「枯れ葉色の冬景色」

ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング DVD-BOX2
販売元 ハピネット
発売日 2007年9月26日
巻数 6巻
価格 9,999円(税込)
各巻個別価格 1,999円(税込)

1.「小屋に続く森の道」
2.「静かな森」
3.「インディアンサマー」
4.「神々しい山」
5.「山奥の家」
6.「冬の喜び」

ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング 決定版 DVD-BOX1
販売元ギャガ (販売協力 ハピネット)
発売日 2007年12月7日
巻数 6巻
価格 9,999円(税込)
各巻個別価格 1,999円(税込)

1.「憂うつな冬の一日」
2.「穏やかな川」
3.「小屋のある風景」
4.「いなか道」
5.「山の叙事詩」
6.「紫にかすむ景色」

ボブ・ロス ザ・ジョイ・オブ・ペインティング 決定版 DVD-BOX2
販売元ギャガ (販売協力 ハピネット)
発売日 2008年3月7日
巻数 6巻
価格 9,999円(税込)
各巻個別価格 1,999円(税込)

1.「静かな入江」
2.「池と小道」
3.「森の夜明け」
4.「冬のポートレート」
5.「森のはずれ」
6.「フロリダの輝き」



このDVDを紹介するために何度も映像を見ている内に、絵を描きたくなりました。

油絵の道具は一応持っているのですが、絵の具とか筆が使えない状態だと思います。
なので、油絵を描くにはいろいろ道具を買い揃えなくてはならないです。

若干ハードルが高いので、油絵以外で何とかならないかとちょっと考えました。

ペンタブレットを持っているのですが、全く使っておりません。
以前デジ絵を描こうとしたのですが、あまりの下手さに自己嫌悪になってしまいました。
それ以来、死蔵していたのですが、これで油絵っぽい絵を描けないかと思いました。

デジ絵で油絵っぽいものを描くとしたらPainterになるんでしょうか。
Painter12.jpg
COREL Painter12
⇒http://www.corel.com/corel/product/index.jsp?pid=prod4030123&cid=catalog3560067&segid=2100100&storeKey=jp&languageCode=ja
高いです(>_<)
DL版で 59,800円
今なら20%OFFで 48,000円

簡易版もあります
Painter Essensial 4
Painter Essentials 4
⇒http://www.corel.com/corel/product/index.jsp?pid=prod3430222&cid=catalog3560067&segid=2800078&storeKey=jp&languageCode=ja
簡易版でもやや高いです(>_<)
DL版で 7,980円

無料体験版がありました
無料体験版
⇒http://www.corel.com/corel/category.jsp?cat=cat4170149&rootCat=cat3610073
無料体験版は30日利用可能

こういったデジタルツールだとウェット・オン・ウェット技法とか全く関係なく早く描けるのかな?
DVDを見ていると、デジ絵にも応用できるんじゃないかと思える部分があります。

私は人物画よりも風景画を描きたいと思ってます。
風景画なら細かなディテールは下手でもごまかせるような気がしてます。(^^;)

無料体験版は30日利用可能なようなので、ちょっと試してみます。

自分の絵の才能がないと思ったら、ボブ・ロスさんのコメントを思い出してみようと思います。

「キャンバスの中ではあなたは自由なんです。自分の好きな世界を描いてみてください。」
「失敗なんてありません、それは素敵なアクシデントなんです。」

「ね、簡単でしょ」
Barusu.jpg
      メリークリスバルス!!
関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

こんにちは。

>>私は人物画よりも風景画を描きたいと思ってます。
>>風景画なら細かなディテールは下手でもごまかせるような気がしてます。(^^;)

僕、風景画が一番苦手かもしれない。僕はどちらかというと細かく描きこんでいく方が得意です。ディテールを描かない場合はデフォルメが必要になってくるので、僕にとっては鬼門ですね。風景画がまさにその代表。木の葉を一枚一枚描く事は普通ないのですが、それが逆に僕には辛い。なぜなら、ディテールを描き込まずにそれらしく見せなくてはいけないので。風景画の苦手意識をなんとか克服したいです。

painterは有名なソフトですよね。エッセンシャルズの方はタブレットについてくることも多いですしね。手描きの感覚を生かしたい時はこれがいいでしょうね。僕も持っていますが全然使ってません。

この3回のシリーズ面白かったです。途中、探偵ナイトスクープの映像が見れたりなんかして(局長が上岡龍太郎でなくなっていたのが残念でしたが)。あの、グダグダなのりがいいですね。絵の先生として声優さん引っ張ってくるあたり、探偵ナイトスクープらしいです。

絵描きさんは身近にいないので、仲間が増えると嬉しいです。ぜひ、気張らずに頑張ってください。絵を描くのは楽しいですから。

メリークリスバルス!!吹き出しましたw

デジタルなら普通の油絵よりは描きやすいんじゃないでしょうか?
簡単に修正もききますし、描き直しなんかも楽ですし。
ですが、極めるなら話は別な気がしますが・・・
何事も、極めるのは難しいですよね^^;
続きを読むを開いたらバルスされていて吹きました。
クリスマスイブに友人と飲みにいったのですが、その場にいたみんな(4~5人)も
バルスしたと言っていました。ラピュタはすげえと思いました^^;

「ね、簡単でしょ?」
ボブ・ロス氏の存在はニコ動で知りました。
美術にはそんなに興味ありませんが、その凄さに驚かされた覚えがあります。
こういうの観ると色々やってみたくなりますが、それを形にするまでが大変なんですよね。
なので、未だに棒人間レベルの画力しかありません。
返信
> random+walk さん

人物画で、特定対象だと似てる似てないがハッキリ分かってしまうので、描くのが怖いです。
あまり人物画って描いたこと無いですが、描きたい気持ちはあります。

ウケ狙いとか、笑わせる絵は人物・キャラクターがほとんどだと思います。
私のユーモアセンスを絵でも表現してみたいですね。(^_^;)

動画関係は削除されまくってるようなので、探すのに苦労しました。
2004年頃にナイトスクープで再注目されていたようですね。
私が見たのはDVD-BOXを買った後でしたが、爆笑してしまいました。

> 絵描きさんは身近にいないので、仲間が増えると嬉しいです。ぜひ、気張らずに頑張ってください。絵を描くのは楽しいですから。

はい、近くに絵を描いている人がいると思うと、なんだかやる気が起きます。
返信

>> アロイ さん

> メリークリスバルス!!吹き出しましたw

この言葉、結構使われているんじゃないかと検索してみましたが、意外と使われていないようですね。

> デジタルなら普通の油絵よりは描きやすいんじゃないでしょうか?
> 簡単に修正もききますし、描き直しなんかも楽ですし。
> ですが、極めるなら話は別な気がしますが・・・
> 何事も、極めるのは難しいですよね^^;

油絵の何が大変かって、乾く時間です。
油絵の宿題を完成させるために、ドライヤーで乾かそうとした覚えがあります(^_^;)

デジ絵が下手だったら、道具のせいにしようと思います。
本物のブラシなら上手いんだと虚勢を張ってごまかします。
Re: タイトルなし
>> オタケさん

> 続きを読むを開いたらバルスされていて吹きました。

前回と前々回の続きを読むはバルスへの前振りです(笑

> 「ね、簡単でしょ?」
> ボブ・ロス氏の存在はニコ動で知りました。
> 美術にはそんなに興味ありませんが、その凄さに驚かされた覚えがあります。
> こういうの観ると色々やってみたくなりますが、それを形にするまでが大変なんですよね。
> なので、未だに棒人間レベルの画力しかありません。

ニコ動で初めて知った人は驚いたでしょうね。
ニコ動ができる10年以上も前に放送していた番組ですから。
当時BS放送を見ていた人はそんなにいなかったので、ニコ動で驚きを共感した人たちが羨ましいです。

ゲームのスーパープレイは見ても自分でできるとは思いません。
でも、ボブ・ロスさんの語り口だと不思議と油絵ならできるんじゃないかと思ってしまいます。
自分の力量が分かっているとできないと思い、力量が全く分かってないとできると思っちゃうんでしょう。
絵が描けたらブログで表現できる幅が広がるんでしょうね。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。