ホッチキス(ステープラー)の針

ちょっとしたきっかけで、ホッチキスについて調べました。その内容についてまとめてみました。

ちなみに、日本では『ホッチキス』が一般名称化してますが、元々は商標(ブランド名)だったものが一般名称化したものです。他にも『エスカレーター』も商標が一般名称化した例に挙げられます。

英語圏では『ステープラー(Stapler)』が一般名称です。日本でもメーカーによってはステープラーで呼称しているようです。

私が中学生の時、学校にいたカナダ人英語教師(ネイティブスピーカー・中年男)は、ホッチキスの事を話すとき必ず『HOT KISS』とダジャレを言ってました。

ネイティブスピーカーには『ホッチキス』が『HOT KISS』と聞こえるようです。ネイティブに向って『ホッチキス』というとあらぬ誤解を生んでしまうかもしれませんねw

Wikipedia
ステープラー
⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BC

ホッチキスの分類

  1. ホッチキスは針の大きさによる分類(小型・中型・大型)、本体サイズによる分類(卓上型・携帯型)、目的用途による分類(中綴じ用)、動力による分類(手動・電動)、針先の処理による分類(フラットクリンチ、仮綴じ)などができます。

  2. 今回は針の大きさによる分類についてまとめてみました。

  3. 針の大きさによって『小型』『中型』『大型』の3つに分けられます。

  4. 使用する針の大きさによって綴じられる枚数にも関係してきます。

  5. ホッチキスは日本においては『マックス株式会社』『コクヨ』などが製品化していますが、特にマックスのシェアが大きく、マックスのホームページ上にホッチキスについての専門的な知識について詳しく書かれていました。

  6. マックス株式会社
    オフィス機器
    ⇒http://wis.max-ltd.co.jp/op/
    ホッチキス物語
    ⇒http://wis.max-ltd.co.jp/op/h_story.html

小型・10号針

  1. 小型ホッチキスは一番よく使われているタイプで、小学生の力でも綴じることができます。

  2. 使用する針は10号針と呼ばれるものです。

    no10_size.gif
  3. 綴じることのできる枚数はコピー用紙20枚程度です。

  4. 一般的にホッチキスといえば、この小型ホッチキスのことを指し、10号針を選んでおけばまず間違いありません。

  5. マックス株式会社
    小型ホッチキス
    ⇒http://wis.max-ltd.co.jp/op/product_minor_category.html?middle_key=01&minor_key=01

中型・3号針

  1. 小型ホッチキスでは綴じられる枚数が少ないということで、より多くの枚数を綴じることができる中型ホッチキスがあります。

  2. 中型ホッチキスは事務関係では比較的よく使われていて、日常生活でも接する機会はよくあると思います。

  3. 使用する針は3号と呼ばれるもので、内径が11.5mmあり、小型と中型には互換性はありません。

  4. そして綴じることのできる枚数を増やすのに、外径が長いものが用意されています。

  5. 外径は、3号針6mm・3号U針11mm

    no3_size.gif no3-10mm_size.gif
  6. 外径が長いものは3号U針と呼ばれ、中型ホッチキスでも商品によっては3号U針が使えないものがあるので、購入する際には注意が必要です。

  7. 綴じることのできる枚数は、3号針でコピー用紙30枚、3号U針でコピー用紙70枚程度です。

  8. 綴じることのできる枚数が多くなったことに比例し、綴じる力もより必要になったので、子供や女性の力では綴じるのに苦労する人もいるようです。

  9. なので、テコの原理を利用して綴じる力をサポートするタイプの製品もあります。

  10. 3号U針を使用できるものは力がかなり必要なので、携帯・ハンディー型のものはなく、卓上据置型のものになります。

  11. マックス株式会社
    中型ホッチキス
    ⇒http://wis.max-ltd.co.jp/op/product_minor_category.html?middle_key=01&minor_key=02

大型・12号針

  1. 中型よりもさらに多くの枚数を綴じられるように、大型ホッチキスがあります。

  2. 針の内径は11.5mmと、中型と同じですが、外径が中型のものよりも長いものがランナップされています。

  3. 12号針は外径10・13・17・20・24mmが用意されています。

    1210fa-h_size.gif 1213fa-h_size.gif 1217fa-h_size.gif 1220fa-h_size.gif 1224fa-h_size.gif
  4. 外径24mmともなると、コピー用紙240枚も綴じることができるようです。凄いですね。

  5. 大型ホッチキスは完全に業務用のようで、一般的にはあまり見かけないと思います。私も今まで一度も見たことがないです。

  6. ある程度の枚数まで行くとホッチキスよりも、クリップとかバインダーとか、別の綴り方にした方がいいんじゃないかと考えてしまいます。

  7. マックス株式会社
    大型ホッチキス
    ⇒http://wis.max-ltd.co.jp/op/product_minor_category.html?middle_key=01&minor_key=03

その他・11号針

  1. 小型は20枚まで、中型は30枚までということで、綴じる枚数によって双方を使い分けるのが一般的ですが、それが煩わしいという意見もよくありました。

  2. そこで、綴じることのできる枚数に、より幅を持たせるために、マックス株式会社が『Vaimo』というブランドの商品を発売し、それに対応する11号針を販売しています。

  3. 11号針は内径10.4mmで、小型・中型とも異なるので互換性はありません。

  4. 11号針

    no11_size.jpg
  5. 外径6mmの11号針を使えば、2枚から40枚まで対応できます。

  6. まさに小型・中型の機能を兼ね備えた商品となりました。

  7. マックス株式会社
    Vaimo11 FLAT
    ⇒http://wis.max-ltd.co.jp/op/product_catalog.html?product_code=HD91017

  8. 日経トレンディ・ネット
    【文具王】40枚とじの衝撃!“究極”のホチキス「Vaimo11」(前編)
    ⇒http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090420/1025616/?P=2
    【文具王】本体もすごい!“究極”ホチキス「Vaimo11」(後編)
    ⇒http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090428/1025830/

  9. そして、最近発売された『Vaimo80』という商品はさらに幅を持たせるために、新たに外径10mmの11号針と共に発売されました。

    No11-10.jpg
  10. 外径10mmの11号針を使えば、2枚から80枚まで対応できるという、これ一つで何でもできてしまうレベルになってます。

    vaimo80_9.gif
  11. マックス ホッチキス バイモ80 HD-11UFL/R

    217XSeDcu+L.jpg
  12. マックス株式会社
    Vaimo80
    ⇒http://wis.max-ltd.co.jp/op/product_catalog.html?product_code=HD90497

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。