Windows8 PRO アップグレード版 購入

Windows8 が10月26日に発売されましたが、もう体験されたでしょうか?

かくゆう私も購入したのは11月でしたが、インストールしたのは1月です。使い勝手など感想はさておき、1月31日までのWindows8アップグレードキャンペーンについて紹介します。

Windows8 アップグレードキャンペーンは、WindowsXP・Vista・7を利用しているPCを低価格\3,300でWindows8にアップグレードできるキャンペーンです。

Windows
Windows8 アップグレードキャンペーン
⇒http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/buy

個人購入のみでPC3台まで可能という制限がありますが、今までのWindowsの価格を考えると破格の安さとなっています。

しかも、以前に紹介しましたが優待購入プログラムに申し込んでいる場合は\1200で購入することができます。

Windows
Windows 8 優待購入プログラム
⇒http://www.windowsupgradeoffer.com/ja-JP

エボリアヌーメ
Windows 8 優待購入プログラム
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-262.html

つい先日発表がありましたが、キャンペーンが終了する2月1日以降はアップグレードの価格が25,800円と決まったそうです。

AKIBA PC Hotline
Windows 8 Proの格安アップグレード版は今月末まで、来月からは値上がり2万円
⇒http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20130122_584595.html

今回は購入した際の流れを画面キャプチャーしたものを紹介します。

駆け込み購入するなら1月31日までなので、お忘れなく。

購入の流れ

  1. アップグレードするPCから下記キャンペーンサイトにアクセスる必要があります。

  2. Windows
    Windows8 アップグレードキャンペーン
    ⇒http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/buy

  3. 基本的にアクセスするPCが32bit版Windowsであれば32bit版Windows8PROを、64bit版Windowsであれば64bit版Windows8PROをダウンロードすることになります。

  4. これを機に32bit版から64bit版に変更したいと思う方は、後で登場する『Windows DVD』購入を利用するか、64bit版Windowsマシンを別途用意して、そちらでいったんダウンロードするなどの方法をとる必要があります。

  5. Pro を ¥3,300 でダウンロードする』のボタンをクリックすると「Windows8アップグレードアシスタント」というプログラムがダウンロードされます。

  6. Windows8を購入するには一旦そのプログラムを起動して、そのプログラム上で購入しなくてはなりません。ブラウザ上で購入するわけではありません。

  7. Windows8アップグレードアシスタント」を起動します。

  8. 起動すると、アクセスしたPC内のプログラムがWindows8と互換性があるかチェックされます。

  9. 互換性をチェック

    Windows 8 アップグレード アシスタント_01
  10. チェック結果

    Windows 8 アップグレード アシスタント_02
  11. チェック結果詳細

    Windows 8 アップグレード アシスタント_03
  12. 互換性のチェックの後は、データをWindows8に引き継ぐか選択します。Windows7であれば問題なく引き継がれるようですが、WindowsXP・Vistaだとクリーンインストールの形になるので、引き継ぎできない要素が出てくるそうです。

  13. 引き継ぎ

    Windows 8 アップグレード アシスタント_04
  14. どれを選んでも「Windows 8 Pro」を推奨されます(笑)

  15. 購入選択

    Windows 8 アップグレード アシスタント_05
  16. 『Windows 8 Pro』が\3,300と表示され、注文ボタンをクリックすると注文画面へ進みます。

  17. もし、優待アップグレードに申込済みでプロダクトコードを入手していても、このまましばらくは同じように進みます。

  18. 注文確認画面

    Windows 8 アップグレード アシスタント_06
  19. Windows8Proのインストールディスクが欲しい方は『Windows DVD』のチェックボックスにチェックを入れます。

  20. \1,589と表示されていますが、送料\420がかかるため合計\2,009になります。このタイミングで注文しなくても、後から購入履歴をチェックして、別途DVDを追加注文することもできます。

  21. 注文したディスクは32bitと64bitの2枚が含まれており、私が注文した時は香港から3週間程で届きました。

  22. 請求先の記入

    Windows 8 アップグレード アシスタント_08
  23. 支払方法はクレジットカードまたはペイパルです。

  24. クレジットカードの場合

    Windows 8 アップグレード アシスタント_09
  25. ペイパルの場合

    Windows 8 アップグレード アシスタント_10
  26. 注文の確認

    Windows 8 アップグレード アシスタント_11
  27. ここで優待アップグレードプログラムのプロモーションコードを入力することができます。コードを入力して適用を押すと優待価格になります。

  28. 優待価格

    Windows 8 アップグレード アシスタント_12
  29. 左下の『契約条件に同意する』のチェックボックスにチェックを入れるのをお忘れなく。

  30. プロダクトキーが表示されるので、メモしておきます。

    Windows 8 アップグレード アシスタント_14
  31. プロダクトキーは後でも再度表示されますし、確認メールにも表示されます。

  32. Windows8 のダウンロードが開始されます。

    Windows 8 アップグレード アシスタント_16
  33. Windows8 のインストール方法を選択します。

    Windows 8 アップグレード アシスタント_17
  34. メディアを作ってインストールを選択すると、USBフラッシュメモリーを使ったインストール用フラッシュメモリーの作成、または、ISOファイルの作成とDVD-Rへの書き込み、が選べます。

  35. 使うメディアの選択

    Windows 8 アップグレード アシスタント_18
  36. インストールせずに終わらせる場合は『後でデスクトップからインストール』を選択します。デスクトップにWindows8インストールプログラムのショートカットが作成されています。

  37. プログラムを起動すると再度、『Windows8 のインストール』画面が表示されます

    Windows 8 アップグレード アシスタント_17
  38. 購入・ダウンロードしてもインストールは必須ではないので、とりあえずライセンスだけ購入するということもできます。

  39. 必然的にアップデートアシスタントによるインストール準備段階までは進むので、若干HDDを圧迫することになりますが、ISOファイルの作成やUSBフラッシュメモリへのインストールを行った後に削除すればよいでしょう。

  40. 途中でインストールするbitを選択できないのが不便ではありますが、DVDを購入してもお得感はありますので、DVDを一緒に購入することをお勧めします。

  41. そして、Windows8は標準では今までのメディアセンターが附属されていません。なので標準ではDVDなどのMpegを再生することができません。

  42. Media Center Pack』というオプション販売されるソフトを導入するとDVD等が見られるようになります。こちらもキャンペーン中で、1月31日までは無料で提供されています。

  43. Windows
    Windows 8 Media Center Pack
    ⇒http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/feature-packs

  44. キャンペーン中にWindows8にアップグレードしたら、一緒にMedia Center Packも導入してみましょう。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

アップグレードなさったんですね!
わたしは結局アップグレードしない事にしました。
7はこのまま使いたいし、vistaからだと面倒なので。サポート切れたらlinux入れればいいかという感じです。
7からアップグレードなさったんですよね。その後、使い心地はどうですか?
今後もタッチパネルに特化したOSしか作らないつもりなのか不安です…。
宵乃さんへ
Windows7からアップグレードする必要は無いですね。今のところWindows8のメリットが全く感じられません。
WindowsVistaと比べると若干起動が早くなりますが、それ以外の点でメリットは無いです。

使い勝手は『悪い』の一言に尽きます。何かプログラムを起動・終了するたびにモダンUIを前面にゴリ押ししてくるので不快でしたが、スタートメニューを復活し、モダンUIを非表示にするプログラムを入れたら何とか使えるレベルまでにはなりました。

7のマシンはそのままで、XPとVistaのマシンの分だけのライセンスを購入しておくつもりでいます。インストールするのは一部のマシンだけですけど。価格改定後は絶対に購入することはないと思いますからww

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。