WD30EZRX-1TBP と ICH9R

更新
2013年01月10日(木)

大容量ハードディスク
Western Digital
WD30EZRX-1TBP
購入しました。
WD30EZRX.jpg

Western Digital
Green Series 『WD Green』
⇒http://www.wdc.com/jp/products/products.aspx?id=780

導入時にちょっとしたトラブルがあったので後学のために記事にしておきます。

※2013/01/10追記
補足説明の追加といくつかの画像を追加しました。

購入経緯

  1. 2011年10月のタイ大洪水以来、高値だったハードディスクの値段も2012年末にはほとんど元の値段まで戻りました。

  2. だいたい 2TB が 6,500円、3TB が 10,000円 です。

  3. しかし、自民党に政権交代する事による為替変動により、円安の動きになってます。

  4. 円安になると海外からの仕入れ価格が上昇するため、パソコンのパーツは値上がりする傾向にあります。

  5. 価格.comなどの相場変動にも価格上昇が現れ始めたので、急いで3TBのハードディスクを購入することにしました。

  6. ちょうど『WD30EZRX-1TBP』がセール品価格だったので、2本分購入しました。

フォーマット

  1. ハードディスクを最初にPCのSATAに接続するとき、フォーマットする必要があります。

  2. やり方は【コンピューター】を右クリック→【管理(G)】もしくは【コントロールパネル】→【システムとセキュリティ】→【管理ツール】→【コンピューターの管理】を開く

  3. 【記憶域】→【ディスクの管理】を開く

  4. そこに接続されているハードディスクや光学ドライブなど、認識されているものが表示されます。

  5. 最初にPCに接続し認識したときに『ディスクの初期化』のようなウィンドウが表示されたかもしれませんが、後から変更できるので気にする必要はありません。

    ディスクの初期化
  6. 接続したばかりのハードディスクはフォーマットされていないので【未割り当て】と表示されていると思います。

    2794GB_20130110191646.png
  7. 中古品などでフォーマット済みの場合もあるかもしれませんが、まずは接続したハードディスクを正しく認識することが大事です。

  8. これからどのディスクをフォーマットしようとしているか、正しく認識してください。

  9. フォーマット済みである場合、場合によっては【未割り当て】に戻す必要があります。

  10. パーティションの表示欄を右クリックし、【ボリュームの削除】を選択すると【未割り当て】になります。

  11. 【ボリュームの削除】を行うと、そこに保存してあるデータも削除されます。

2TBの壁

  1. 【未割り当て】をフォーマットするときに、注意する必要があるのが『ディスク形式』です。

  2. 今まで主流だった MBR (マスター・ブート・レコード)形式では、2TB以上の領域を管理できません。

  3. これを『2TBの壁』と呼ぶこともあります。

  4. これを知らずに MBR 形式でフォーマットすると、3TBのハードディスクなのに2TBしか扱えないことになります。

  5. Windows XP では MBR 形式でしかフォーマットできませんが、Vista/7/8 から GPT (GUID パーティション テーブル)形式が導入され、2TB以上の領域を管理できるようになりました。

  6. なので、『WD30EZRX』のように2TBよりも大きい容量のハードディスクでは GPT 形式でフォーマットする必要があります。

  7. 3TB(正確には2794GB)すべてを使用するにはGPT形式でなければなりません。また、WindowsXPではGPT形式に対応していません。

  8. ディスク全体が【未割り当て】になっている場合、接続しているハードディスクのディスク番号が表示してある欄(『ディスク ○』○に数字が入る)を右クリックすると、ディスク形式を変更できます。

  9. ディスクがGPT形式の場合、【MBRディスクに変換】が表示されます。

    GPT2MBR.jpg
  10. ディスクがMBR形式の場合、【GPTディスクに変換】が表示されます。

    MBR2GPT.jpg
  11. ここでGPTに変換しておきます。

  12. MBR・GPT』のディスク形式の他に『ベーシック・ダイナミック』のディスク形式もここで変換できます。

  13. 『ベーシック・ダイナミック』については容量と関係が無いので、どちらでも構いませんが、興味のある方は調べてみるのもいいかと思います。

  14. 特殊な使用方法で無い限り『ベーシック』が無難かと思います。

  15. 後からベーシックをダイナミックに変換することはできますが、その逆はできません。

  16. GPT形式に変換したら、【未割り当て】を右クリックし、フォーマットします。

  17. 特殊な使用方法でないなら、【シンプルボリューム】が無難です。

    シンプルボリューム
  18. フォーマットする際に、標準ではクイックフォーマットにチェックが入っていますが、購入して一番最初のフォーマットであればチェックを外して、念入りにフォーマットした方がいいかと思います。

  19. ただし、クイックフォーマットなら数秒で終わるところ、3TBのハードディスクだと約7時間かかりました。

  20. 時間に余裕を見て、フォーマットを選んでください。

  21. また、アロケーションユニットサイズが指定できますが、【既定値】よりも【64K】の方が若干速くなる可能性があるのでお勧めしておきます。

    アロケーション

ICH9Rでのトラブル

  1. 購入した『WD30EZRX』をPCに接続したところ、746GBしか認識されないという現象が起きました。

    746GB.png
  2. 2TBの壁は知っていましたが、何で750GB?プラッターサイズ?と、最初は何が起きたか理解できませんでした。

  3. ググってみると、同様の報告が何件か上がっていました。

  4. 桜PCの役立つパソコン情報
    3TBのHDD WD30EZRXについて
    ⇒http://www.sakura-pc.jp/pc/contents/hardware/hdd/WD30EZRX.html

  5. らいっちのPC奮闘記
    WD30EZRXが746GB!
    ⇒http://raipc.livedoor.biz/archives/51768134.html

  6. どうやら、マザーボードでチップセットに『インテルICH9R』を採用したものだとドライバが古いと746GBしか認識しないケースがあるそうです。

  7. 私が今回フォーマットに利用したパソコンのマザーボードは ASUS の P5E で、インテルICH9R を採用したものでした。

  8. 原因が分かってスッキリしました。解決方法もリンク先に書いてあったので、一安心です。

解決方法

  1. 解決方法はリンク先に書いてあったように、ICH9R に最新のドライバをあてることでした。

  2. ただ、これがまた厄介な問題が起こるのですが、最新ドライバといってもバージョンが重要になります。

  3. 最新ドライバはインテルの公式サイトからダウンロードできます。

  4. インテル
    インテル・ダウンロード・センター
    ⇒http://downloadcenter.intel.com/Default.aspx?lang=jpn

  5. 検索欄に『ラピッド・ストレージ・テクノロジー』と入力して検索してみてください。

  6. かつて『マトリクス・ストレージ・マネージャー』と呼ばれていましたが、名称が変更になり、2012年末では『ラピッド・ストレージ・テクノロジー』と呼ばれています。

  7. 『オペレーティング・システムの選択 』で任意のOS、『ダウンロード・タイプの選択 』で【ドライバ】を選択すればいくつかに絞られます。

  8. それでもまだ最新のものがいくつか表示されているのですが、ここで選択すべきはバージョン『10.8.0.1003』です。

  9. ※2012/12/31追記
    検証したPCのOSは『Windows 7 Professional 64bit』です

  10. 当初『11.0.0.1032』をインストールしようとしたら、要件を満たさない(対応していない)旨の表示が出てインストールできませんでした。

  11. また、P5E と同じチップセット X38+ICH9R のマザーボード『DX38BT』の最新版で表示されたバージョン『9.6.0.1014』を試してみても、要件を満たさない(対応していない)旨の表示が出てインストールできませんでした。

  12. おそらく『10.~』であればインストールできたのではないかと思ってます。

  13. 最新ドライバを当てて、無事に3TB (2794.39GB)認識することができました。

    2794GB.png
  14. 後から分かりましたが、MBR形式だと3TBのハードディスクは2048GB+746GBで認識されているので、これが何らかの理由になるかと思われます。

    746GB_20130110191645.png
  15. ICH9R は古いチップセットとはいえ、まだまだ使用している人も多いかと思うので、もし同様のトラブルが発生した場合は上記解決法を試してみてください。

  16. ICH9RだけでなくICH10Rでも同様の報告があるようです。こちらは当方では未確認ですが同じ対処法で解決すると思われます。

  
関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。