SONY CMU-BR100

マイク内蔵コミュニケーションカメラ
SONY CMU-BR100
CMU-BR100_001.jpg

SONY
マイク内蔵コミュニケーションカメラ CMU-BR100
⇒http://www.sony.jp/bravia/products/CMU-BR100/

購入経緯

  1. 先日、液晶テレビ『SONY BRAVIA KDL-55HX850』を購入しました。

  2. エボリアヌーメ
    SONY BRAVIA KDL-55HX850
    ⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-280.html

  3. インターネットに繋がるテレビということで、ネットワークカメラを取り付ければテレビ電話になるので、試してみようということになりました。

  4. ネットワークカメラは多数ありますが、このテレビで使用できるのは、ソニー純正オプションの『SONY CMU-BR100』でなければできません。

  5. 汎用のネットワークカメラと比べるとかなり値段が上がりますが、他に選択肢が無いので、純正品を購入しました。

  6. 運よくアウトレット品を見つけることができ、量販店価格よりも少しだけ安く購入できました。

  7. パナソニックもSkype用のネットワークカメラをオプション販売していますが、そちらはソニーよりも価格が高いので、ソニーの方がまだ良心的な価格設定なのかもしれません。

  8. 理想はWindows用のネットワークカメラが使えることなのですが、純正品に拘るあたり、日本メーカーの悪い点が伺えます。

  9. SONY
    BRAVIA 電子取説 「インターネット機能を使う」
    ⇒http://www.sony.jp/support/tv/i-manual/hx850/jpn/index_125_2106.html
    ※「Skypeを使う」の項を参照

商品説明

  1. SONY
    マイク内蔵コミュニケーションカメラ CMU-BR100
    ⇒http://www.sony.jp/bravia/products/CMU-BR100/

  2. 商品の特長

    ●テレビにUSBケーブルで接続すれば、大画面で無料のビデオ通話ができます。 カメラ搭載のパソコンや、対応のテレビなどとインターネット経由でかんたんにビデオ通話が可能です。

    ●対応のパソコン、スマートフォン、テレビなど、幅広い相手とSkype(TM)同士で無料の音声通話ができます。
    ヘッドセットが不要のハンズフリーだから、家事などをしながらでも通話できます。

    ●固定電話などの電話番号へ発信ができます。
    Skype(TM)クレジットを購入(決済はクレジットカード)することで、国内外の固定電話・携帯電話へ発信できるようになります。
    定額料金で実質かけ放題のプランも選択可能です。Skype(TM)の公正使用ポリシーが適用されます。

    • 外形寸法:18.6(幅)x3.2(高さ)x4.5(奥行)cm
    • 質量:約98g
    • 電源:DC5V、最大500mA
    • インターフェース:USB 2.0
    • 付属品:フックアンドループファスナー(2、含予備)、アタッチメント、取扱説明書

    ※ 通話料金など、Skype(TM)のサービスの詳細はSkype(TM)ホームページをご確認ください

    ※ Skype(TM)は通常の電話に取って代わるサービスではないため、緊急通報に使用することはできません

Skype(スカイプ)とは

  1. Skype
    スカイプ公式 トップページ
    ⇒http://www.skype.com/intl/ja/home/

  2. Wikipedia
    Skype
    ⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/Skype

  3. スカイプはインターネットでつなぐ電話です。

  4. P2P(パーソンtoパーソン)と呼ばれる分野の技術で、人と人を繋ぐコミュニケーションツールです。

  5. 通常の固定電話と異なり、音声会話以外に、テレビ電話機能やお知らせ機能など、新しい機能が追加されています。

  6. 料金はスカイプ同士の通信なら無料です。

  7. 固定電話に電話することもできますが、その際には通信料金が発生します。

  8. 基本的にはパソコンに取り付けたマイク・カメラ・スピーカーでインターネット通信・通話するものでした。

  9. 今はインターネットに繋がるのはパソコンだけでなく、携帯電話・テレビと増えたので、それらもスカイプ通信の端末として機能が付加されるようになってます。

  10. ただし、メリットだけでなくデメリットもあります。

  11. やはり固定電話と比べると、通信回線の状態に影響されやすいです。

  12. 通信がつながりにくかったり、繋がってもラグ、つまり遅延が発生するケースも多々あります。

  13. 音声品質も環境に影響されやすいので、ノイズが入ることが多々あります。

  14. 固定電話に取って代わるのはまだまだ先のことだと思います。

  15. この文章を書いている2012年11月にMicrosoftが同様のサービスである『Windows Live Messenger』を終了し、Skypeに一本化することを発表しました。

  16. SkypeをMicrosoftが買収したのは2011年10月のことでしたが、いよいよ本格的にSkypeの普及に動き出すのでしょうか。

リンク集

  1. 『CMU-BR100』はマイナーなオプション品なので、レビューしている人は少ないですが、参考になる情報を集めてみました。

  2. SONY PV

  3. Amazon
    SONY BRAVIA用 マイク内蔵コミュニケーションカメラ CMU-BR100
    ⇒省略

  4. ヨドバシカメラ
    ソニー CMU-BR100 [マイク内蔵コミュニケーションカメラ]
    ⇒省略

  5. 価格.COM
    SONY CMU-BR100
    ⇒http://kakaku.com/item/K0000227320/

  6. ファミック平社員の井戸端会議
    ソニー カメラ・マイクユニット「CMU-BR100」
    ⇒http://blog.livedoor.jp/denkiyafamic/archives/51733186.html

  7. 新製品大好き「こんなものいかが?」
    SONY CMU-BR100 ブラビアでスカイプを
    ⇒http://monoikaga.blog40.fc2.com/blog-entry-2626.html

  8. 私的電脳小物遊戯
    BRAVIA HX720でSkypeテレビ電話編w CMU-BR100 (SONY) #minpos
    ⇒http://zeak.air-nifty.com/main/2011/05/bravia-hx720sky.html

ファーストインプレッション

カメラ性能

  1. 実際に使ってみて、マイナー製品なので、やはり購入前の情報不足を痛感しました。

  2. まずカメラ性能については公式サイトや取扱説明書に記載されていません。

  3. 使用してみたところ、あまり解像度は高くなく、せいぜい100万画素といった印象です。

  4. 16:9 の横長画像で、変更はできません。

  5. ズーム機能はなく、テレビの上に取り付けた場合、画面2m先で見ている人が小さく写っている状態です。

  6. リビングで沢山の人が集合していれば臨場感は伝わりますが、一人で写ると寂しいことこのうえないです。

  7. 一人で写る場合はカメラを手元まで近づけられればいいのですが、標準USBケーブルの長さが短い(1m未満)ので、なかなか難しいです。

  8. 表情を読み取るのではなく、存在確認程度のカメラだと考えた方がいいです。

  9. カメラの両脇にマイクが内蔵されていますが、テレビ側の音声を拾ってしまうので、テレビ上部に設置するのは望ましくないような感じです。

  10. 理想はUSBケーブルを延長して、手元までカメラ&マイクを持ってくることだと思います。

スカイプ登録

  1. 登録作業はテレビを操作してもできますが、やはりパソコンからインターネットを使ってホームページで登録するのがいいと思います。

  2. リモコンだと、文字入力が面倒です。パソコンのキーボード操作の方が楽です。

  3. そして一番の問題が、スカイプIDの登録です。

  4. スカイプIDはスカイプに登録する際に任意で決められますが、他人との重複は許されず、早い者勝ちのシステムです。

  5. そして使用できる文字・記号に制限があるため、それを理解しておかなければなりません。

  6. テレビ操作でスカイプIDを登録しようとしても、どの文字・記号が制限されるか、案内表示がありません。

  7. パソコンでの登録なら詳しい案内を確認しながら登録できるので、パソコンから登録することを強くおススメします。

通話

  1. パソコンでの通話と同じく、スカイプにサインインする必要があります。

  2. 設定で、テレビの電源を入れると自動的にサインインすることができます。

  3. パソコン同様にサインイン中でも「離席中」「利用停止」などが選べるので、それを登録した相手に伝えることができます。

  4. 着信すると、テクノサウンドな着信音が流れます。

  5. 画面右端に「Skype着信中」の案内が表示され、「ビデオ通話」「音声通話」「拒否」が選べます。

  6. 通話を開始するとテレビ放送が消え、スカイプ通話の画面に切り替わります。

  7. 大画面の左半分に相手の映像が表示され、右半分に自分の映像と各種パラメーターが表示されます。

  8. さすがに大画面で相手が写ると迫力があります。

  9. 通話を終了するときはリモコンの十字キーで終了を選び決定ボタンを押します。

  10. 一度通話した相手は登録しておけば簡単に呼び出せるようになります。

  11. 全てリモコンによる操作です。

  12. このスカイプ機能は遠くのおじいちゃんおばあちゃんに子供・孫が電話するというのが想定されます。

  13. お年寄りが操作を覚えるのは大変かもしれませんが、着信して会話に出るだけだったら、分かりやすいと思います。

  14. 基本的に十字キーと決定キーそして戻るキーを覚えれば使えます。

  15. 初期設定については機械に理解がないと難しいと思うので、一般的なお年寄りには無理でしょう。

問題点

  1. テレビは『KDL-55HX850』を利用していますが、USBポートは2つしかありません。

  2. 1つは録画用HDDをつないでいるので、もう一つのUSBポートを利用することになります。

  3. 空きのUSBポートが無くなるため、例えばUSBメモリを接続したり、3Dメガネの充電に利用したりする場合は、USBを抜き差ししなければならず、手間がかかるようになります。

  4. USBハブを利用できるかどうかは試していません。

  5. そして、致命的な大きな問題点がありました。

  6. 録画中はSkypeができません。

  7. なんででしょうか、非常に使い勝手が悪くなってしまってます。

  8. スカイプ中は当然テレビが見られなくなりますが、録画しておくこともできないのです。

  9. 録画中にスカイプに出ると録画が停止されてしまいます。

  10. スカイプ中に録画開始時刻になると注意メッセージが表示され、スカイプを続けるか、録画をキャンセルするか迫られます。

  11. 放送をバンバン録画する人にとってはこのテレビでSkypeするのは無理といっても過言ではありません。

  12. 別途レコーダーを用意するほうがいいでしょう。

  13. 相手にとっても録画中の電話で迷惑をかけてしまうことになりかねません。

  14. この問題は今後、是非解決して欲しいです。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。