TOSHIBA dynabook Satelite B551/E 【カスタマイズレポートその6】

今回は『WiFiモジュール換装&アンテナ追加』です。

内容としては【カスタマイズレポートその4】『WiFiモジュール内蔵化』とほとんど同じです。

B551.jpg

エボリアヌーメ
TOSHIBA dynabook Satelite B551/E
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-260.html

エボリアヌーメ
TOSHIBA dynabook Satelite B551/E 【カスタマイズレポート】
その1 メモリ増設・SSD化
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-264.html
その2 分解の仕方
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-269.html
その3 ブルーレイドライブ化
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-270.html
その4 WiFiモジュール内蔵化
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-271.html
その5 Bluetoothモジュール内蔵化【失敗】
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-276.html
その6 WiFiモジュール換装&アンテナ追加
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-279.html

スペック表

  1. 購入品の型番は『PB551EFBN75A51』です。

  2. TOSHIBA dynabook.com
    PB551EFBN75A51
    ⇒http://dynabook.com/pc/catalog/search/user/cgi-bin/disp.cgi?pid=PB551EFBN75A51

  3. B551spec.png

WiFiモジュール

インテル Centrino Advanced-N 6235

  1. N6235.jpg
  2. インテル公式
    インテル Centrino Advanced-N 6235
    ⇒http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/wireless-products/centrino-advanced-n-6235.html
    特徴:802.11a/b/g/n 300Mbps Bluetooth4.0

  3. 前回の【カスタマイズレポート5】で「インテル Centrino Advanced-N 6235」に換装したところ、USB結線が省略されていることが判明し、Bluetooth機能が使えず無駄になっていました。

  4. 無駄なものをそのままにしておくのは気分的によろしくないので、他の機種に流用することにし、新たに別のWiFiモジュールを取り付けることにしました。

  5. Intel製 WiFiモジュールについては下記参照

  6. エボリアヌーメ
    Intel製 「half mini PCI Express」 WiFiモジュール比較
    ⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-275.html

インテル Centrino Ultimate-N 6300

  1. N6300.jpg
  2. インテル公式
    インテル Centrino Ultimate-N 6300
    ⇒http://www.intel.co.jp/content/www/jp/ja/wireless-products/centrino-ultimate-n-6300.html
    特徴:802.11a/b/g/n 450Mbps

  3. 用意したのは「Intel Centrino Ultimate-N 6300 802.11a/b/g/n 最大450Mbps (633ANHMW) 」です。

  4. IEEE802.11a/b/g/n 450Mbps」ということで、執筆時現在、最速の450Mbps対応です。

  5. トリプルストリーム (3x3)仕様のため、アンテナ線が3本必要になります

アンテナ線の取り付け

  1. 【カスタマイズレポートその4】ではアンテナ線を2本取り付けましたが、足りないのでもう一本付け足します

  2. 作業は【カスタマイズレポートその4】とほとんど同じですので、具体的な作業はそちらを参照してください。

  3. エボリアヌーメ
    【カスタマイズレポートその4】 WiFiモジュール内蔵化
    ⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-271.html

  4. アンテナ線はAmazonから『Tyco 汎用無線LAN BT WiMAX用 アンテナ 2本組 』を購入しました。

    Tyco 汎用無線LAN BT WiMAX用 アンテナ 2本組
  5. 購入したアンテナ線のうち、1本(今回は白線)を使います。

  6. 3ストリームではアンテナ線の配色が「黒・白・灰」が一般的ですが、この際「黒・白・白」でやります。

  7. アンテナ線が対応している周波数帯は同じ(2.4G 2.5G 5.0G 帯域対応)なので問題ないでしょう。

  8. 分解して液晶裏側を露出します。分解の仕方は【カスタマイズレポートその2】で解説しています。

  9. エボリアヌーメ
    【カスタマイズレポートその2】 分解の仕方
    ⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-269.html

  10. アンテナを下記のように配置しました。

    アンテナ追加1
  11. ヒンジから出るアンテナ線の長さが17~18cmになるように調節します。

    アンテナ追加2
  12. WiFiモジュールも換装してアンテナ線をつないで終了です。

    アンテナ追加3

確認作業

  1. 「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」→「アダプターの設定の変更」→「ワイヤレスネットワーク接続」を確認

  2. 項目に「速度:450.0Mbps」の表示があります。

    N6300 450Mbps
  3. 障害物なし、距離30cmで測定しました。

  4. ちょっとしたことで速度の数値は変化するので、実用性の面では300Mbpsと違いはないのかもしれません。

450Mbps対応無線LANルーター

  1. わが家の無線LANルーターは450Mbps対応ではないので、わざわざ新しく購入しました。

  2. 購入したのは『I-O DATA 無線LAN Gigabitルーター WN-AG450DGR 』です。

    51aGIGG0nnL.jpg
  3. I-O DATA
    WN-AG450DGRシリーズ
    ⇒http://www.iodata.jp/product/network/wnlan/wn-ag450dgr/

  4. ノートPCを安く手に入れたはずが、芋づる式に出費がかさんでます(笑)

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

ちょうどネット接続の事を調べていて
ipv6接続を切ったりしたものの、どこで速度を調べるのかな~と思っていたところだったんですよ。こんなところに書かれてたんですね。
今調べたらわたしのPCでは110mbpsでした。IEEE 802.11b/g/nだと最大って300Mbps?
障害物のないところで確認してみようと思います。
詳しい解説のおかげで、ホント勉強になります!
宵乃さんへ
あくまでも簡易的な確認方法なので、本格的に測定する場合は測定ソフトを入れるみたいです。
https://sites.google.com/site/igarashihirokisite/wireless/wireless-lan-application-and-device

アンテナ(ストリーム)が1本につき150Mbpsで、2本の300Mbpsが一般的ですね。450Mbpsは送信側・受信側が共に対応しなければなりません。

2.4Ghz帯(b/g/n)でも450Mbps対応機器はあります。5Ghz帯(a/n)と転送技術は同じです。
5Ghz帯の方が障害物に強く、混線も少ないので速度は出やすいです。理論値と実測値は別ですね。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。