TOSHIBA dynabook Satelite B551/E 【カスタマイズレポートその2】

予告したとおり、ノートPCをカスタマイズしました。

B551.jpg

今回からは分解が必須のカスタマイズである、『WiFiモジュール内臓』と『ブルーレイドライブ化(DVDドライブ換装)』です。

分解すると保証がきかなくなる可能性があるのでご注意ください。

記事が長くなってしまったので、分けました。今回は『分解の仕方』をレポートします。

エボリアヌーメ
TOSHIBA dynabook Satelite B551/E
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-260.html

エボリアヌーメ
TOSHIBA dynabook Satelite B551/E 【カスタマイズレポート】
その1 メモリ増設・SSD化
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-264.html
その2 分解の仕方
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-269.html
その3 ブルーレイドライブ化
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-270.html
その4 WiFiモジュール内蔵化
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-271.html
その5 Bluetoothモジュール内蔵化【失敗】
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-276.html
その6 WiFiモジュール換装&アンテナ追加
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-279.html

2015年7月22日追記

BIOSのパスワード解除の方法やCMOSクリアに関するコメントはご遠慮願います。
TOSHIBAのカスタマーサポートへご連絡・ご相談ください。

スペック表

  1. 購入品の型番は『PB551EFBN75A51』です。

  2. TOSHIBA dynabook.com
    PB551EFBN75A51
    ⇒http://dynabook.com/pc/catalog/search/user/cgi-bin/disp.cgi?pid=PB551EFBN75A51

  3. B551spec.png

参照サイト

  1. 分解をするにあたって、まずは先駆者を参考にしました。下記サイトの画像・記事を参考にさせていただきました。

  2. dynabookをもっと楽しもう!
    分解編
    ⇒http://dynabook.biz/reduce/index.html

  3. Windowsを使い倒せ
    東芝 dynabook Satellite B450 (PB450BJBBR5A31) 分解レビュー
    ⇒http://kgo.dtiblog.com/blog-entry-155.html
    東芝 dynabook Satellite B450に内蔵無線LANを増設
    ⇒http://kgo.dtiblog.com/blog-entry-159.html

  4. 水晶天地
    satellite PB451/D 分解 CPU交換
    ⇒http://blog.livedoor.jp/kotikoti1213/archives/6853068.html

分解手順

分解前の注意点

  1. 分解するときは電源ケーブルを抜き、バッテリーを外し、LANケーブルやその他の接続品を取り外しておきます。

  2. 分解するのに必要な道具は『プラスドライバー』と、マイナスドライバーのように隙間に差し込んでケースをこじ開ける物です。

  3. ドライバーの太さは適当なものを用意しなければなりません。精密ドライバーに分類される比較的小さめのサイズで足りると思います。

  4. 細い穴に入ったネジもあるので、磁石でくっつくタイプだと便利になると思います。

  5. 分解作業するときはネジをなくしたり、パーツを傷つけたりしないよう、布やタオルなどを用意するといいです。

キーボードの取り外し

  1. 『ブルーレイドライブ内蔵化』『WiFiモジュール内蔵化』のどちらも、この箇所の分解から始まります。

  2. 液晶画面を開き、キーボード上部にあるスイッチなどが並んだパネル部分を外します。

    分解01
  3. マイナスドライバーなどの細く平べったいものを差し込んで、テコの原理で開き、左右にスライドさせます。

    分解02
  4. ツメの場所は結構多いので、ツメ付近は慎重にこじ開けます。

    分解04
  5. 外すとこんな感じです。

    分解03
  6. キーボード上部にあるネジ4箇所を外します。ここのネジ穴は【B3】との印があります。

    分解05
  7. [F9]キー上部にあるラッチを外します。

    分解06
  8. キーボード下部はフックで引っ掛けてあるだけです。

    分解07
  9. 上部中央を引っ張り、キーボードをしならせるようにして左右を外し、下部を外すといいでしょう。

  10. 裏でキーボードのハーネスが本体と繋がっているので、ハーネスを傷めないように気をつけてください。

    分解09
  11. ハーネスを止めている濃い茶色の部分を矢印の方向に少しずらします。

    分解10
  12. そうすると隙間からハーネスが抜けます。

    分解11
  13. ハーネスの先端はこのようになってます。

    分解12
  14. これでキーボードが本体から完全に外せるようになります。

  15. ちなみに、キーボードのハーネス横の、細くて白いハーネスはタッチパッドのハーネスです。これも外します。

    分解13
  16. キーボード下はこんな感じです。後から撮影したので液晶のケーブルも外した状態です。

    分解20

液晶画面の取り外し

  1. 液晶画面を先に取り外すと本体を分解する効率がよくなります。

  2. 液晶画面から来るケーブルを本体から外します。

    分解16
  3. 両面テープで止まっている透明の保護用プラスチックを外し、ついでに電源スイッチ部への白いハーネスも外しておきます。

    分解17
  4. 液晶からのハーネスは黒いテープを垂直に引っ張るようにして外します。結構固いです。

    分解18
  5. 当初この接続部の外し方がなかなか分からなかったので苦労しました。垂直に引っ張るとは思ってましたが、慎重のあまり手加減し過ぎてました。

  6. 接続部分の形からすると、ロック機構は無いと思います。

    分解19
  7. ケーブルを外したら液晶部と本体部を分離させます。

  8. ヒンジ部分にあるネジを外します。左右3本ずつです。

    分解14
  9. ネジは左右それぞれ【F5】が2本【F12】が1本です。ネジ穴に種類の指定があるのでそれに従います。

    分解15
  10. ヒンジ部分はフックで引っかかっているので、フックを外すようにして液晶部を本体から外せば完全分離になります。

本体部のケースの取り外し

  1. 本体底面のネジを外します。【F8】が11本分、【F5】が2本分あります。

    分解21
  2. 本体上面、キーボード下部のネジを外します。【F12】が1本【F8】が5本分あります。

    分解22
  3. 使用されているネジの比較です。これとは別にキーボード用の【B3】があります。

    ネジ比較
  4. ネジを外したら、本体の隙間に細く平べったいものを差し込み、こじ開けます。何箇所かにツメがあるので、折らないように慎重かつ大胆にこじ開けていきます。

  5. そうすると本体基盤が現れます。

    分解23
  6. DVDドライブはコネクターを折らないよう、横に引っ張るようにすれば簡単に外せます。

    分解24
  7. 今回の分解はこれ以上する必要がないのでここまでです。

  8. まだ筐体に各種ケーブルが止まっているので、これ以上細かく分解するには、シールをはがすなり、ハーネスを外すなりしなくてはなりません。

  9. 上記参照サイトにはCPUを交換されたものもあります。これ以上の分解はご覧の方ご自身でお願いします。

液晶画面部の枠の取り外し

  1. 液晶画面の枠を外します。

  2. 左右のヒンジ付近にそれぞれゴム足があります。

    分解25
  3. ヒンジ付近のゴムを剥がすとネジが見えます。

    分解26
  4. 左右2本のネジを外し、後は細くて平べったいものでケース枠をこじ開けます。こちらもツメを折らないよう慎重かつ大胆にいきます。

  5. 枠が外れると液晶パネルが出ます。四隅がネジで止められているので外します。

    分解27
  6. あとはケーブル等を断線しないよう慎重に液晶パネルを外すだけですが、面倒だったので完全に外しませんでした。

  7. WiFiのアンテナは液晶裏に貼り付けることになります。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

すごくわかりやすいです!
画像つきで丁寧に解説されてるから、同じ事をやりたい人たちの助けになると思いますよ~。
実は以前、ゲームキューブのレンズを掃除しようとして分解したんですけど、↑のハーネスと同じもの?の取り外し方がわからなくて、表側しか磨けなかったんですよ。今度また挑戦してみようかな。
レポートその3も頑張って下さい♪
宵乃さんへ
ここ数日、「B551 分解」で検索して来ている方がいるので、分解に興味を持っている方が少なからずいそうです。

ハーネスの外し方って意外と知られていないし、解説している人も少ないみたいですね。今回、液晶のケーブルの外し方が分からなくて検索しまくったのですが、結局見つからず、最後は故障覚悟で外してみました。

カスタマイズはもう完了しているので、後は記事を書くだけですが、分解するより大変です(笑)
BIOS解除のXXX
BIOSパスワードを忘れてしまい
このサイトを参考に分解してXXXを探したのですが
見つかりませんでした。BIOS解除の接点の位置とかご存知ありませんか??
なお さんへ
XXXの部分など、ご質問がいまいち理解できないのですが、BIOSのパスワードを忘れてしまったのであれば、CMOSクリアを試すのが一般的かと思います。

ノートPCでCMOSクリアする方法は私も知識が足りないので、具体的にお答えできませんが、検索のヒントになるかと思います。
取扱説明書をご確認の上、CMOSクリアの方法をサポートデスクに問い合わせてみてはいかがでしょうか。
No title
XXXとなってる部分が東芝ではCMOSのジャンパピンとなっている場合が多い。
大抵は、メモリスロット周辺にあるけどこの機種は見当たりませんね。
キーボード裏とかにあるかもしれません。探してみてください。
通りすがりの者 さんへ
なるほど、XXXはCMOSジャンパピンを意味していたんですね。やっと質問が理解できました。

他に聞いたことが無いので、XXXは東芝特有の仕様と理解しておきます。
パスワ-ド解除
BIOSパスワードを忘れてしまい
このサイトを参考に分解してXXXを探したのですが
見つかりませんでした。BIOS解除の接点の位置とかご存知ありませんか.
こちらの記事を拝見したのですが結果がわかりません。
どなたかご存知の方お教えください。
まさ さんへ
諸事情により返信が遅くなりました。

XXX(CMOSクリアスイッチ)があることを前提にコメントされていますが、Web検索をかけて軽く調べてみたところ、TOSHIBAの製品は機種によって異なるCMOSクリア方法があるようです。なので、この機種がXXXを基盤に備えていない可能性もあります。

推測ですが、このモデルはビジネスモデルで、セキュリティ対策上容易にCMOSクリアできないような設計になっていると思います。なので、TOSHIBAのセキュリティ思想を尊重し、このブログでもCMOSクリアに関する話題は避けたいと考えています。どうかご理解ください。

詳しいことはTOSHIBAのカスタマーサポートへご連絡してください。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。