【PS3】バイオハザード6 体験版一般配信【レビュー】

『バイオハザード6』の発売日は10月4日(木)です。あと15日です。

9月18日(火)より『バイオハザード6』の体験版一般配信が開始されました。

bio6 体験版

CAPCOM
BIOHAZARD6 オフィシャルサイト
⇒http://www.capcom.co.jp/bio6/index_main1.html

さっそくプレイしてみたので感想を述べたいと思います。

※9月20日追記
セカンドインプレッションを追加しました。
※9月24日追記
サードインプレッションを追加しました。

バイオ6体験版

  1. 私もバイオハザードファンとしてバイオ6に期待しています。そして『ドラゴンズドグマ』購入者用バイオ6体験版配信の時に記事にしていました。

  2. エボリアヌーメ
    バイオハザード6 体験版
    ⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

  3. 今回の一般配信はその時とは内容の異なる場面が用意されていました。

  4. 3つのステージが用意され、それぞれレオンorヘレン・クリスorピアーズ・ジェイクorシェリーが操作できるようになってます。

  5. オンラインのCO-OPプレイ(協力プレイ)ができ、バイオ5のCO-OPを踏襲しています。

ファーストインプレッション

  1. 実際にプレイしてみた感想はイマイチです!!(怒)

  2. 操作方法がよくあるFPSゲームに近づいたため、パッドでの操作に慣れていない身としてはプレイしづらくてしかたありません。

  3. 動く方向(左スティック)と見る方向(右スティック)が分離されているため、正確に敵に銃口を向けるのが難しいです。

  4. 完全にガチャプレイとなってしまいました。しかもチュートリアルがなく、操作方法がロード時間の短い間だけしか表示されなかったため、不親切極まりないです。

  5. 画面も暗いシーンが多く、障害物がどこにあって扉がどこにあるか分からないことが多々あります。これは何度もプレイしていくうちに覚えればいいことでしょうが、初見プレイの人にはきつい物があります。

  6. 暗さは恐怖に繋がるとは思いますが、操作方法の難しさと相まって思ったように行動できない不快感が溜まります。

  7. ステータス画面の見方が大幅に変更され、慣れるまで大変だとは思いますし、そもそも変更する必要性はあったのか疑問に思うことがあります。バイオ4・5の時の方がシンプルでよかった気がします。

  8. そして何より、銃撃戦ばっかりで戦争ゲームとなってます。これじゃただの洋ゲー化に他なりません。

  9. 体験版をプレイしてみて、本編の購入を様子見することにしました。レビューが出揃うまで待ちます。

  10. そして、バイオ5の時のように後からDLCが追加される可能性がします。最近のゲームは修正&追加パックが出揃って初めて完成されるような気がしてなりません。

セカンドインプレッション

不満

  1. 体験版をやりこんでみたので、再度感想を述べたいと思います。

  2. 不満その1「画面が暗過ぎる

  3. レオン編・ジェイク編は夜間の戦闘ということで、画面が暗いです。

  4. 画面が暗いので、どこに障害物があるのか、どこに敵がいるのか、今何が起きているのか把握しづらいです。

  5. 画面の輝度を上げれば多少改善されます。どうも必要以上に画面が暗いような気がしてなりません。

  6. 思い出してみれば、バイオ5はほとんどが日中の戦闘または照明下での戦闘だったので、敵から襲われる恐怖が半減していました。

  7. 今回は夜間での戦闘ということで、暗闇で敵から襲われる恐怖があるのは好評価なのですが、暗闇を照らす光の加減が良くないです。

  8. やはり懐中電灯のように見たい部分を明るく照らす仕組みが欲しかったです。せめて銃にフラッシュライトを付けて欲しかったです。

  9. 画面が暗いことは良い点もあります。

  10. レオン編は暗闇の中でいつどこからゾンビに襲われるかという不安があります。これはバイオらしくて高評価ポイントです。

  11. ジェイク編はどこから敵の銃弾が飛んで来るかという不安で、これは暗闇だろうと日中だろうと変わらぬ不安です。

  12. 不満その2「キャラが画面に被さり過ぎ

  13. バイオはTPSなので操作キャラクターの背中越しの画面なのですが、バイオ6はキャラが画面の3分の1は占めているんじゃないかと思うくらい、キャラが画面に被さります。

  14. キャラが邪魔で前方が見えないことが、かなり不満に感じます。

  15. バイオ4・5の時はそれほど気にならなかったのですが、今回のバイオ6ではむちゃくちゃ気になります。

  16. もういっその事FPSにして欲しいと思うくらいです。

  17. 銃を構えると画面が寄って視野が広がるという演出がありますが、それもキャラがでかく感じます。

  18. キャラがでかいので、キャラの頭が見切れるのがしょっちゅうあり、見栄えも悪く感じます。

  19. 不満その3「カメラワーク

  20. とにかく画面が揺れるので、3D酔いしやすいと思います。カメラワークに意味があるならまだしも、キャラが躓いただけで画面も一緒に揺れるのは不快でしかないです。

  21. 一番これは悪いと思うのが、壁際でのカメラワークです。

  22. 例えば敵から逃げて壁際でクイックターンをして迎え撃つ際に、クイックターンをしても画面が壁を向いたままキャラが方向転換するだけです。

  23. いちいち右スティック操作して追っかけてきた敵の方に画面を向けなければなりません。また、壁際にいると右スティック操作をしても画面の向きを変えられないこともあります。

  24. FPSの真似をして、走りながら銃を撃てるようにした結果だと思いますが、左スティックと右スティックの操作系がうまくリンクしていないと思います。

  25. そして、気がつくとカメラが俯瞰視点で地面・足元ばかり映しています。視線が地面に落ちている感じです。いちいち前方に画面を向きなおさなければならないので不快です。

  26. 不満その4「操作性

  27. 動く方向(左スティック)と見る方向(右スティック)が分かれて、動きながらの銃撃が可能となりましたが、それってそんなに重要なことなんでしょうか?

  28. 操作が忙しなくて、バイオの門戸を狭めているように思えます。ヘビーユーザーに迎合してライトユーザーを切り捨てている気がします。

  29. 武器の変更方法もバイオ5の時に比べてもたつきます。一瞬とはいえ画面に武器選択画面が映るので、テンポが悪くなっていると思います。

  30. 弾の残数の分かりにくさも相まって、慣れないうちはリロードが自分の意思とは異なるタイミングで起きるので不快です。

  31. スティックの倒し具合で歩くと小走りが切り替わるのですが、歩く時の操作感核がバイオ1・2・3の頃みたいで不快です。

  32. キャラの歩き方はカクカクしているので、歩くと小走りではかなり違ってきます。

  33. これはカメラワークにも関連しますが、下手に歩いたり小走りしてると画面酔いしてしまいます。

  34. 不満その5「ステータス画面

  35. ステータス画面が分かりづらいです。

  36. 体力が今までのアナログ式からデジタル式に変わりましたが、色合いが見えにくくて体力ゲージに目が行きにくく、判断しにくいです。

  37. 気づいたら体力が底をついていたなんてこともありました。

  38. 銃弾の残数についても、分かりづらいです。装弾数と所持数とが表示されているようですが、混同してしまいます。

  39. 弾数はアナログメーターでなくデジタルメーターの方が絶対に良かったです。

  40. 不満その6「回復タブレット

  41. ハーブから回復タブレットに変わりましたが、いちいちハーブを拾ったらアイテム欄を開いてタブレットにして装備するという手間がかかり過ぎな気がします。

  42. 今までのバイオシリーズのハーブを踏襲してますが、いい加減ハーブを諦めたらと思いました。

  43. 緑と赤のハーブを調合するという仕組みを残すよりも、回復薬の種類を増やすほうが良かったのではと思います。

  44. タブレットをチマチマ飲んで回復するというのも不便です。

  45. 不満その7「パートナーの存在意義

  46. バイオ5の時はアイテム類はパートナーと共通で、どちらがどのアイテムを取るか気を配ったものですが、バイオ6はアイテムが双方に取得可能なので協力するという感覚が薄れました。

  47. またパートナーの位置を把握しづらくなってます。

  48. バイオ5ではマップやL2ボタンでパートナーの場所が把握できましたが、それがなくなりました。

  49. おかげでパートナーの救援が思うように行かなくなってます。自分の身は自分で守れと言わんばかりです。

  50. 不満その8「体術ゲージ

  51. 体術ゲージが導入され、体術の使用回数に制限が加えられました。

  52. バイオ4・5で体術を使うのが面白いと感じていた人にとっては不満でしかありません。

  53. 今までは弾数の節約のために体術が活用されてきましたが、またナイフに逆戻りするのでしょうか?

好感

  1. 良い点その1「パートナーが付きまとわない

  2. これはA.I.に関することですが、バイオ5の時のようにパートナーが付きまとわないので、かなり自由にプレイできます。

  3. 体験版の難易度が不明ですが、特にパートナーのピンチを救出しなくてもA.I.は自力で何とかしてます。

  4. パートナーが視界に入って邪魔という機会は少ないです。

  5. 良い点その2「扱えるキャラが豊富

  6. やはり本編で扱えるキャラクターが多いのは楽しいです。

  7. キャラクターごとに何か違ってくるのか不明な点が多いですが、使用武器と体術以外にも個性があると嬉しいです。

  8. クロスオーバーの場面では4キャラクターが揃うようなので、4人で協力するアクションもあるかもしれませんね。

  9. 良い点その3「扱える武器が豊富

  10. これはまだ不明な点が多いと思いますが、体験版ですらかなりの種類の武器が使えたので、本編ではかなりの数が用意されていると期待できます。

  11. 良い点その4「ダッシュ

  12. 小走りの他にダッシュがありますが、結構速く移動できるのでタイムアタックも面白くなるのではないでしょうか。

  13. ダッシュ中の回避動作もスピード感があって良いです。

  14. 良い点その5「体術

  15. バイオ6では体術が連続して出せます。

  16. 敵をよろめかせる所から体術を仕掛けられるようになりました。今までは一撃目は銃で、そこから体術につなげてましたが、一撃目から体術が可能です。

  17. 体術ゲージで体術の回数に制限はあるのが不満ではありますが、一方で体術が豊富になり面白くなってます。

  18. パートナーとの連携体術がどうなるのか、まだ未確認ですがいろいろ遊べそうな予感がしてます。

その他

  1. グラフィック面に関しては可も無く不可も無いという感じです。

  2. バイオ5の時に比べてグラフィックが進化しているとは思えませんが、私の中では最低基準を上回っていればグラフィックはあまり気にしないので、特に何とも思いませんでした。

  3. そもそもバイオ5以上のグラフィックを要求するならば、PS3自体が時代遅れだと考えるべきでしょう。

  4. また、ティアリングについて気にする方もいるようですが、私は全く気になりません。それについて問題視するならば、やはりPS3自体が時代遅れだと考えるべきでしょう。

  5. 体験版ということもあり、ストーリーにかかわる部分、各種のファイルやメッセージについては触れられていませんでした。

  6. バイオ5では悪の親玉ともいえるウェスカーが死んだことになっているので、バイオ6の敵対する総大将が何なのか気になります。

  7. 公式サイトではエイダに関する情報が少し公開されましたが、エイダが本作品でどうかかわってくるのか興味があります。

  8. クリスとレオンは今まで関わりが無かったのですが、新PVで対面してました。クロスオーバーがどうなるのか楽しみです。

  9. ストーリー部分についてはプロモーションで盛り上がっているので、肝心のアクション部分がその足を引っ張らないようにしてもらいたいです。

サードインプレッション

  1. 東京ゲームショウ2012が終わり、発売間近となりました。ゲームショウでのプレゼンテーションをネットで見ましたが、少し購入意欲が湧きました。

  2. 興味が湧いたシステムに『Agent Hunt』『Resident Evel.net』があります。

  3. バイオハザード6 オフィシャルサイト
    SYSTEM『Agent Hunt』
    ⇒http://www.capcom.co.jp/bio6/system_ah.html

  4. 『Agent Hunt』では、プレイヤーがゾンビと化してネット上の他のプレイヤーのセッションに侵入して邪魔ができるというもので、最大2人が侵入できます。

  5. 使用できる敵キャラは何種類かあり、基本的には雑魚キャラのようですが死んでも他のゾンビとして再度邪魔ができるので、邪魔をする側、される側双方でA.I.とは異なる楽しみ方ができそうです。

  6. 『デモンズソウル』の侵入にシステムが似ている気がします。

  7. 技量差がどの程度反映するか、少し心配ではあります。雑魚キャラのみとはいえ、ベテランプレイヤーが初心者狩りをするのが予想されます。

  8. 『Resident Evel.net』とはバイオハザード6をより楽しくするための、インターネットサービスです。

  9. バイオハザード6 オフィシャルサイト
    『Resident Evel.net』
    ⇒http://www.capcom.co.jp/bio6/renet.html

  10. ゲーム内での各種の成績を表示したり、フレンドの成績と比較し、更新されると通知したりします。

  11. ゲーム内でのポイントが獲得できるイベントが随時提供され、ポイントを貯めると各種のサービスが利用できます。

  12. ゲームでスコアを気にするやり込みユーザーにはメリットがありそうです。

  13. 各種スマートフォンにもアプリを提供する予定で、スマートフォンでも独自のサービスを利用できるそうです。

  14. 私も体験版:一般配信版を何度もプレイしている内に、操作系やカメラワークにだいぶ慣れてきたので、印象が徐々に良くなってきています。

  15. ストーリーのボリュームもかなりあるそうで、クリア時間は30時間を越えるだろうとアナウンスしていました。

  16. 初心者には勧めにくいものがありますが、バイオシリーズに触れたことがある人には楽しめそうな気がしています。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

No title
体験版、一般配信されていたんですね(--;)
ドラゴンズドグマを買った人の立場は・・・w。

さきほど体験版レビューを探ってみたところあまり色よい評価が出ていないですね。
体験版をDLしているので後で感触を確かめてみようと思います。
オタケさんへ
先行体験版よりも一般配信体験版の方が評価が高いってのも変な話ですね。

体験版をプレイしてみて不安になっている人が多いですね。何で発売日を前倒しにしたんでしょう、発売を遅らせてでももうちょっと改善した方が絶対にいいです。

体験版というよりもベータテスト版とした方が良かったんじゃないかな。
東京ゲームショウでどんなアナウンスをするのか注目したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。