【書籍】あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン【紹介】

先日、ひょんなことがきっかけで『あぶない刑事』を検索してみたら、今年が映画化25周年ということで各種のキャンペーンをしていることを知りました。

一つは劇場版作品のブルーレイ化で9月21日に発売されます。

もう一つが、今回紹介する『あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン』です。

執筆時現在『Vol.1創刊号』と『Vol.2』が発売され、隔週火曜日発売で全25巻を予定しています。

abudeka vol1

さっそく購入してみたので、紹介してみたいと思います。

講談社
『あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン』
⇒http://abudeka.com/

『あぶない刑事』とは

  1. 『刑事』と書いて『デカ』と読ませる、つまりは『あぶないデカ』通称『あぶデカ』

  2. 『あぶない刑事』は私のお気に入りのドラマでもあります。幼少の頃、兄の影響で見始めたドラマでしたが、すぐに引き込まれました。

  3. 青年になった頃には、今で言う『聖地巡礼』のようなこともしました。放送当時の面影はだんだんと薄れていますが、今でも横浜のみなとみらい地区に立つとあの頃の息吹を感じる気がします。

  4. 80年代後半はバブル期へまっしぐらといった感じで、日本中が元気でパワフルで多くの文化・芸術も生み出した頃だと思います。これもそんな作品の一つです。

  5. 『あぶない刑事』を知らない世代の人が増えていると思いますが、百聞は一見にしかずなので見てください。

  6. 見る上で注意すべきは、劇場版よりテレビドラマ版の方が面白いです。そして劇場版は作品が進むにつれて劣化しています。

  7. つまりは、レンタルビデオで借りるならテレビドラマ版『あぶない刑事』を選び、劇場版しか置いてなかったら一番最初の劇場版『あぶない刑事』を選んでください。

  8. そういった意味では今回紹介するDVDマガジンはあぶデカを知らない人にお勧めです。

  9. ストーリー解説や登場人物についてはWikipediaに丸投げします。

  10. Wikipedia
    『あぶない刑事』
    ⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%B6%E3%81%AA%E3%81%84%E5%88%91%E4%BA%8B

劇場版公開25周年記念

  1. 劇場版『あぶない刑事』が公開されたのが1987年12月12日だそうで、今年が劇場版公開から25年となります。テレビドラマ第1期は1986年10月5日から1978年9月27日まででしたので、ドラマ終了後に劇場版が公開されています。

  2. 劇場版公開25周年記念ということで、キャンペーンが行われています。

  3. 一つは劇場版作品のブルーレイ化で9月21日に発売されます。初期3作品は東映ビデオから、後期4作はVapから発売されます。

  4. 初期3作品
    あぶない刑事【Blu-ray】
    またまたあぶない刑事【Blu-ray】
    もっともあぶない刑事【Blu-ray】

  5. 東映ビデオ
    あぶない刑事 ブルーレイ該当ページ
    ⇒http://www.toei-video.co.jp/BD/abudeka.html

  6. 後期4作品
    あぶない刑事リターンズ [Blu-ray]
    あぶない刑事フォーエヴァーTVスペシャル'98 [Blu-ray]
    あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIE [Blu-ray]
    まだまだあぶない刑事 [Blu-ray]

  7. Vap
    あぶない刑事 ブルーレイ紹介ページ
    ⇒http://www.vap.co.jp/abudeka-bd/

  8. もう一つが、今回紹介する『あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン』です。

  9. 執筆時現在『Vol.1創刊号』と『Vol.2』が発売され、隔週火曜日発売で全25巻を予定しています。

  10. 『あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン』

  11. 講談社
    『あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン』
    ⇒http://abudeka.com/

『あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン』とは

  1. 『あぶない刑事』のテレビシリーズは全51話ありました。かつてDVD-BOXが発売されたことがあったのですが、お値段が高額であったにもかかわらず完売され、現在はプレミア価格がついています。

  2. 『あぶない刑事』のテレビシリーズが見たいけど見る媒体がないという人にとっては嬉しい商品となるでしょう。

  3. このDVDマガジンは隔週火曜日発売で、書店で購入することができます。

  4. 創刊号は特別価格790円(税込)で2号以降は1590円(税込)となります。2号だけ3話で、毎号2話収録されます。

  5. よくある販売形式ですが、全25巻で合計3万8950円となります。最終巻が発売されるのが2013年7月30日です。

  6. DVD-Boxの現在のプレミア価格を考えたら十分安く、しかもMookの情報ファイルがあるのでファンなら「買い!」なんでしょうけど、やっぱり一話あたり790円と考えるともう少し何とかならないものでしょうか…

  7. Mookの部分は創刊号だと30ページで、毎号ごとにピックアップしたものが特集されます。1号当たり1キャラクターといった感じになります。

  8. 全巻購入者には『あぶデカ港署公認 オリジナル手帳』がもらえるようで、手帳の中には名場面や名セリフが記載されてるようです。

『あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン Vol.1 創刊号』

DVDの中身

  1. DVDメニュー画面

    abudeka1 DVD
  2. 収録されているテレビドラマは第1話『暴走』第2話『救出』です。

  3. テレビドラマ以外に『映像特典 スタッフ座談会』『あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン PV』『あぶない刑事 劇場版+TVSP Blu-ray PV』が収録されています。

  4. 『映像特典 スタッフ座談会』は監督 丸山昇一さん・脚本家 柏原寛司さん・脚本家 一倉治雄さんによるコメントが12分程収録されています。

  5. あぶない刑事の裏話を聞くのはファンにとってはたまらないものがあります。創刊号ということで収録されているのだろうと思いますが、またこういった話を聞いてみたくなりました。

  6. PVが収録されていますが、これはどこかで見られるものなのでしょうか?宣伝用ということなので、このブログを訪れてくれた方にこっそり引用させていただきます。

  7. 『あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン PV』

  8. 『あぶない刑事 劇場版+TVSP Blu-ray PV』

Mookの中身

  1. DVDに収録されている回の話を整理して抜き出したものが、Mookの記事として含まれます。創刊号だと第1話・第2話が記事になってます。

  2. 第2話は笑点の座布団運びで有名な『山田 隆夫』さんが出演されていたということもあり、『山田 隆夫』さんのインタビューが載っています。

  3. DVDを見た後にMookの該当話の記事を読むと、「なるほど!」と思うことでしょう。

  4. 創刊号の特集は俳優『舘 ひろし』さん演じる『鷹山 敏樹』と彼が使用する銃『S&W M586』です。

  5. 他にロケーション地『横浜赤レンガ倉庫』についての記事もあります。現在の赤レンガとは大分異なりますが、エンディング映像に写る赤レンガ前で鷹と勇次が走るシーンは脳裏に焼きついています。

  6. また、舘ひろしさんと柴田恭兵さんを含めたDVDに出演されているスタッフとの座談会が特集されています。

  7. 座談会は(前編)となっており、完全に2号を買わせるように仕向けてます。

  8. 2号を当初は様子見しようと思いましたが、もう一人の主役『柴田 恭平』さん演じる『大下 勇次』の特集・座談会の後編・特別に3話分収録されているということで、つい手が伸びてしまいました(笑)

  9. 他にも読んでいて面白いと思える裏話があったり、トリビアな話もあるのでファンなら隅々まで読んでしまうことでしょう。

  10. 量的にはもの足りなさもありますが、全25巻分の話題をそろえるためにはしょうがないでしょう。

『あぶない刑事 全事件簿 DVDマガジン Vol.2』

DVDの中身

  1. DVDメニュー画面

    abudeka2 DVD
  2. 第2号に収録されているのは、第3話『挑発』第4話『逆転』第5話『襲撃』です。

  3. 全51話を25号に分けるので、1号分だけ3話収録することになるのですが、それが第2号となってます。

  4. 継続して購入してもらうための仕掛けですね。みごとに罠に引っかかりました(笑)

  5. 創刊号にあった『特別映像 座談会』は無くなっていました。DVDマガジンとブルーレイのPVは創刊号と同じものが収録されています。

  6. この号は特別に3話分収録されているので不満は出ませんが、第3号以降は何か映像特典が付くのか気になります。

Mookの中身

  1. DVDに収録されている第3話・第4話・第5話を整理した記事が載っています。

  2. そして特集は『柴田 恭兵』さん演じる『大下 勇次』と彼の使用する銃『COLT Lawman MK3』です。

  3. ちなみにお二方の紹介はたいてい『舘ひろし』さんが先で『柴田恭兵』さんが後になります。年齢的に舘さんが1歳上だったり、芸暦や事務所の問題などいろいろあるのでしょう。

  4. そしてロケ地特集は『横浜船員教育センター』です。おそらく聞いただけだとイメージが湧かない人が多いと思いますが、横浜港署の外観がそれです。内部のセットはもちろん別の場所に作って撮影していました。

  5. 舘ひろし&柴田恭兵 スペシャル座談会の後編も収録されてます。

その他

東映GO!GO!55キャンペーン

  1. 『あぶない刑事 25周年記念』とは別ですが、あぶデカに関連したキャンペーンがありました。

  2. 劇場版初期3作品のDVDが『東映GO!GO!55キャンペーン』として9月27日までプライスオフになってます。

  3. Amazon内容紹介
    東映GO!GO!55キャンペーン
    ご存知超ヒットシリーズほか売れ筋人気タイトル!今だけ!期間限定プライスオフ!第12弾!!
    各2,800円(税込2,940円)
    <2012年6月1日(金)~9月27日(木)期間限定>

  4. 劇場版DVD

サウンドトラックCD

  1. プライスオフではありませんが、『あぶない刑事』のサウンドトラックCDも拾ってみました。

  2. サウンドトラックCD

『あぶない刑事』OP&ED

  1. ネットを検索しても転がっていないので危険映像なのかもしれませんが、これがなきゃ始まらないだろ!!ということで、果敢にもOP& EDをUPして紹介します。後で記事が修正されたら察してください…あぶないDeka-E(笑)

  2. 『あぶない刑事 OP』

  3. 『あぶない刑事 ED』

『あぶデカ』ニコ生登場!

  1. ニコニコ生放送で9月21日(金)21:00からテレビドラマ第1話~第7話を生放送するそうです。

  2. 興味をもたれた方は是非ご覧ください。

  3. ニコニコ生放送
    TVドラマ 『あぶない刑事』1~7話/24時間無料放送 (番組ID:lv102384755)
    ⇒http://live.nicovideo.jp/watch/lv102384755

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント さんへ
それは面白いエピソードですね。そしてご意見しかと承りました。

地元の本屋を支援するつもりで、ネットではなく地元の本屋で探したのですが、創刊号が売り切れている書店が多かったです。25年たっても多くの方に愛されていることがよく分かりました。私もブログを通じてこの作品の魅力を伝えられたらいいなと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。