【PC-8801】 イースⅠ 【レビュー】

予告どおりPC-8801版『イースⅠ』(日本ファルコム)のプレイを始めました。

Ys1 top

当初はプレイ記を書こうと思いましたが、面倒なのでレビューのみにしました。

『イースⅠ』とは

  1. Wikipedia 『イースⅠ』
    ⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9I

  2. Wikipediaを見ていただくと手っ取り早いのですが、正式名称は『イース』で、日本ファルコム株式会社より1987年6月21日にNEC PC-8801用に発売されたアクションRPGです。

  3. 赤毛の剣士アドル=クリスティンの冒険物語で、現在ナンバリングされているのが7作品あり、外伝的ゲームやコラボ作品をあわせるとかなりの数になる人気タイトルです。

  4. 続編の『イースⅡ』とはストーリー的に密接な関係があり、Ⅰが序章でⅡで完結するストーリーになってます。なのでⅠ・Ⅱを一緒にパッケージされたバージョンも発売されています。

イース大全集 -Ys COMPLETE WORKS-

  1. 今回レビューするのは『イース大全集 -Ys COMPLETE WORKS-』に含まれる『イースⅠ』です。

  2. イース大全集 -Ys COMPLETE WORKS-』について、すでに記事にしてありますので、そちらを参照してください。

  3. エボリアヌーメ
    『イース大全集 -Ys COMPLETE WORKS-』
    ⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-237.html

レビュー

  1. 私の評価はこうです

    表情 イマイチ
    ★☆☆☆☆ (1/5)
  2. ※レビューはAmazon方式です。おおよその目安は
    ★★★★★ 【秀】 大満足で人に薦めたい作品
    ★★★★☆ 【優】 満足したので次があればプレイしたい作品
    ★★★☆☆ 【良】 及第点、一度プレイしたら満足する作品
    ★★☆☆☆ 【可】 最後までプレイしたが、不満の残る作品
    ★☆☆☆☆ 【不可】 最後までプレイしたが、プレイしたことを後悔する作品

  3. 久しぶりの『イースⅠ』ということなのですが、どうやら私のイースⅠの記憶はPCエンジン版『イースⅠ・Ⅱ』だったので、ギャップを感じています。

  4. ぶっちゃけ、今PC-88版をプレイするのは苦痛です。クソゲーといわんばかりのストレスの溜まるゲームです。

  5. 理由はいくつかありますが、特に『操作性の悪さ』『ゲームバランスの悪さ』が目立ちます

  6. 操作性の悪さ』について

  7. 古いゲームなので仕方の無いことなのですが、かゆいところに手が届きません。扉・門・入り口など、キャラが少しでもずれていると通れません。避け補正などありません

  8. 街の人と会話するためには正面から体当たりしないとできません。この街の人たちがアドルを避けるのがうまいことこの上なく、正面に回ると歩く方向を変えます。アドルは街の嫌われ者じゃないかと思えてきました。

  9. 敵との戦いが体当たりで、キャラを半分ずらして体当たりする通称『半キャラずらし』だとダメージを受けないのですが、ダンジョン内だと狭過ぎて半キャラずらしがしにくく、むしろ理不尽な体当たりをされてダメージを食らい続けてゲームオーバーになることが多々ありました。

  10. キャラ操作はキーボードの十字キーが基本ですが、プレイしにくいのでゲームパッドを接続してプレイしました。

  11. 斜め入力がなく、斜めに歩けないというのはPCエンジン版『イースⅠ・Ⅱ』で経験済みなので、違和感はないのですが、とにかく半キャラ分ずらすのが難しかったです。ゲームパッドが悪いのかもしれませんが、入力誤差がありすぎてストレスが溜まりました。

  12. ゲームバランスの悪さ』について

  13. 序盤のボス戦では、レベルしだいでダメージも受けなかったり、攻撃を当てても雀の涙程しかダメージを与えられなかったりします。

  14. ゲーム中盤でレベルがマックスになり、後は完全にプレイヤーの技量にかかってきます。

  15. 中盤でレベルMaxになってから以降のボスは理不尽なまでの強さで、何度と無くコンティニューしました。やっているうちにコツを掴むとかいうボス戦ではありません。運がよければ勝てるといったボス戦です。

  16. ボスが強いからもう一つレベルを上げて挑もうといった選択肢が用意されていないのです。PCエンジン版しか知らない人にしてみればかなり評価が下がることでしょう。

  17. イースⅠ ボス詰め合わせ
    ⇒http://nicoviewer.net/sm16259938

  18. PCエンジン版『イースⅠ・Ⅱ』とは別物と思ったほうがいいです。

  19. PCエンジン版ではⅡのラスボス直前までレベルが上がり続け、それこそレベル調整が神がかってましたが、オリジナルはある決まったレベルでなければボス戦を楽しめません。

  20. このレベル設定はリメイクされた『イース エターナル』以降にも引き継がれているので、リメイクで修正とはいかなかったようです。

  21. 今回初めてオリジナルであるPC-8801版をプレイしましたが、もう二度とプレイしたくないですね。当時はこんなゲームでもブームになっていたのだから不思議に思います。

  22. Windows版『イース Ⅰ・Ⅱ 完全版』を購入したまま積んでいますが、こちらをプレイするかどうか悩みます。

  23. ゲームバランスの観点からPCエンジン版『イースⅠ・Ⅱ』がいかに優秀であったか再認識することとなりました。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

No title
同じ作品でも全然違うものなのですね。
>扉・門・入り口など、キャラが少しでもずれていると通れません。
これは大変ですね!!
アクションなので、道中が大変な上にこういうところでも大変だとストレスが溜まってしまいそうです。

イースⅠなどはファンの方がよくクリアまでのタイムアタックをしておりますが、こちらでやるとなるとまた難易度が上がりそうですな。
マリーさんへ
入り口の幅はキャラの幅しかないので、いつも入り口でつっかえてしまいます。そして敵から逃げ切れなくてゲームオーバーすることが多々あります。他のハードでも補正はないものがあるのですが、十字キー操作での修正はもっと楽だった気がします。半キャラ分ずれてさえいれば…と何度思ったことか(>_<)

タイムアタックはかなり運の要素が強いと思います。難易度的にゲームオーバーなしでクリアすること自体が珍しいのではないでしょうか。
操作性ですか~
今晩は

イースのPC版ですね、しかも初期の作品だそうで操作性の悪さというのは
やはり昔のPCだからということでしょうか?
それともこの当時のファルコムさんとしては精一杯だったということ
でしょうか、それでも今では名作と謳われるシリーズですし
当時のPCゲームはこういった感じが普通だったんでしょうか
nemurinekoさんへ
操作性の悪さはPCエンジン版にもあてはまりますが、キャラずらしの容易さと言い換えられるかもしれません。十字キー操作の反応が鈍く感じられます。とにかく門の出入りで引っかかりやすく、それでテンポが悪くなります。

当時としては当たり前、むしろ平均以上のできだとは思うのですが、いかんせん現代機と比べてしまうと不便さが目立ってしまいます。
ゲームバランスはPCエンジン版とは全く違うので、かなりのギャップを受けました。ファルコムよりもハドソンの技術が凄かったんだと思いました。
8801もPCEもどっちも大好きです

人それぞれですが
自分的にはPCEイースはヌルゲーですよ。
確かに素晴らしい出来ですけどね。

音楽もグラフィックも操作性も全てPCEの性能が高いからできた事です。
ファルコムが劣っていた訳ではありません。
むしろ当時のファルコムの技術力は凄まじいと言われてましたよ。

ドラクエ2が出たすぐ後の時代
そしてハードウェアスクロールのついていない8801であそこまでテンポの良いARPGを作れる会社は他にないと思います。

避け補正と言うけど、そもそもスクロールが半キャラずつなんで
扉に入る時とかも
そんなに気にならんですよ。
一歩ずれれば良いのですから
ただ、操作はキーボードの方がやりやすいかも。
むしろ今のゲーマーにはカクカクの方が気になるのかな?

ちなみに、廃坑のボスそんなにきつかったっけ?と思い久々に試したら7回で撃破しましたよ
まぁ、たまたまかも知れんケドwww

そりゃハードの性能が違うんだから比べりゃ8801のが弱いけど
※スクロール機能で言えばファミコンより劣る

個人の評価なので
星が一つってのもわかるけど
ただ、、クソゲーって言われるのはちょっと悲しいかなあ?
(上記コメント) さんへ
悲しい思いをさせてごめんなさい

クソゲーという言葉は、ヴァジュリオン戦以降をプレイした後だったのでイライラが溜まった状態で感情的な面が出てしまったと今では感じます。クソゲーと書きながら攻略記事を書いたり文字起こしをしたりで行動に矛盾がありますね。本当はイースが好きであることは隠しようがありません。

PC-88版は主にユーザビリティの面で不快感が溜まったので、そこは残念です。

第1点は半キャラずらす事自体が難しく感じた点です。
0.5ずらしたいのに、1.0,1.5ずれるので扉の前で右往左往せざるを得ませんでした。これはハードウェアかエミュレーターに起因するのか、それともオリジナルの時からそうなのか、原因はわかりませんが避け補正の重要性を実感しました。

第2点はPCエンジン版との比較において、ヴァジュリオン戦以降が印象悪いです。
開発者談によるとイースを分割する時にヴァジュリオンがラスボス予定でそれ以降は後付らしいですね。なので、EXPやLVがMaxでダームの塔を進みます。ここのゲームバランスは調整してほしかったと思ってます。ご丁寧にエターナルや完全版もそれを引き継いでます。PCエンジン版は1・2をリニアに繋げるということで、ヴァジュリオン戦以降もEXP/LV調整が入っているので快適に感じます。

当時リアルタイムでプレイされた方の話は見聞きしていますが、レトロゲームを現代的感覚でプレイするとどうしても感動は薄く、荒が見えてきてしまいます。私の場合PCエンジン版の影響が強いので、88版の操作性の悪さと終盤の悪さが際立って感じられてしまったように思います。

88版イースを完全初見でプレイする人がどう感じるか興味がありますが、クソゲーと感じる人が少ないことを願ってます。
No title
なんで2468じゃなくて
十字キーなんです?
(上記コメント) さんへ
質問の趣旨が分かりませんが、イース大全集はWindows用のエミュレーションソフトです。
十字キーで操作できます。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。