BIOHAZARD6 体験版

BIOHAZARD6 の体験版が配信されているそうです。

biohazard-6-taikenban.gif

CAPCOM
「BIOHAZARD6」
⇒http://www.capcom.co.jp/bio6/index.html

※2012/07/11 追記
HTML構造化による加筆修正をしました

※2012/09/04 追記
体験版の一般配信日が9月18日であることを確認しました


バイオハザード6 体験版

今回の体験版配信について

  1. 今回の体験版配信はカプコンの『ドラゴンズドグマ』購入者限定のようです。しかもXBOX版限定です。

  2. ファミ通.com
    『ドラゴンズドグマ』の発売日が決定!――主題歌はB'z、『バイオハザード6』体験版のコードも同梱
    ⇒http://www.famitsu.com/news/201202/01009250.html

  3. ■『バイオハザード6』体験版のダウンロードコードが数量限定で同梱

     さらに、『ドラゴンズドグマ』には先日発表されたばかりの『バイオハザード6』の体験版がダウンロードできるコードが数量限定の特典として同梱されることが決定! 体験版はXbox 360版が2012年7月3日(火)よりXbox LIVEマーケットプレースで、プレイステーション3版は2012年9月4日(火)よりPlayStation Storeにてダウンロード可能となる。

  4. ちなみに、一般への体験版配信は9月20日で、本編の発売日は10月4日になってます。

  5. ※2012年9月4日追記
    新しい情報では9月18日となってます。
    ソース記事『PlayStation 公式ブログ』
    ⇒http://commu.jp.playstation.com/blog/details/20120904_bio6.html

  6. 2012年9月18日(火)には、誰でもプレイすることが可能な『バイオハザード6』体験版:通常配信用が配信されることが決定しました! この“体験版:通常配信用”でも、パートナーキャラクターでのプレイや、オンラインでのCo-opプレイが体験できるのは同じですが、9月4日(火)に配信された『バイオハザード6』体験版とは異なるステージが収められていて、全ユーザー必見の体験版ですよ~!

体験版の中身

前置き

  1. さっそく体験版のプレイ動画を配信している方がいて、その動画をずっと見ていたのですが、かなりアクション性が強くなったなという印象を持ちました。

  2. バイオ6は3つのパートで構成され、レオン・クリス・ジェイクのパートがあります。体験版はそれぞれのパートが少しずつ含まれていました。

  3. それぞれの体験プレイを見ましたが、パートごとに特徴がありました。

    • レオン編は捜索
    • クリス編は銃撃戦
    • ジェイク編は逃走
    が主な内容となっています。

レオン編

  1. レオン編については、公式のDEMOと同じ内容です。

  2. バイオハザードっぽい演出がちらほらありますね。恐怖感をどうやって引き出してくれるか楽しみです。シリーズにゾンビが復活したので、その点も注目したいです。

クリス編

  1. クリス編はまるでFPSゲームのような感じです。敵が銃を撃ってきます。印象としては体術・接近戦が充実したFPSゲームという感じでした。ちょっとバイオハザードっぽくなかったです。

  2. ムービーシーンを見たところ、クリスがミッションに失敗して記憶喪失になり、酒場で飲んだくれているところに元B.S.A.A.隊員たちが訪れ、隊に連れ戻そうとします。この辺のストーリーはちょっと気になりました。

ジェイク編

  1. ジェイク編はバイオ3の追跡者のような敵から逃げるのですが、スリルがありました。ボスキャラ戦っぽくなってます。

  2. ストーリーは既にアナウンスされているように、ウェスカーの息子であるジェイクを連れ戻しに来る悪の組織から、バイオ2で助け出された女の子シェリーとともに逃げるのがメインです。

  3. シェリーがどうもバイオ4のアシュリーと被るんで困ります。まぁバイオ2以降のシェリーの生い立ちが気になりますが、ジルみたいなスーパーウーマンになるよりもレベッカみたいな特殊能力系キャラになっていて欲しいです。

全体的な感想

  1. 全てのパートでパートナーが付き、バイオ5のようなプレイになるのですが、バイオ5のように付きまとわれないようです。バイオ5の欠点はAIパートナーのつきまといだと思っているので、これは改善されている感じです。

  2. 自分でプレイしたわけではないので、プレイ感覚は分かりませんが、アクションゲーマーなら楽しめそうな気がしています。逆にバイオのホラー性が好きだけどアクションゲームが苦手な人はつらいかもしれません。コントローラー操作が複雑な感じがします。

  3. 若干気になったのが、キャラクターが視界に被りすぎていたことです。TPSなので画面内に使用中のキャラが見えるのは当然なのですが、使用キャラのせいで敵が見えにくいことがしばしばありました。もういっそのことFPS視点モードも実装しちゃえよと言いたくなります。

  4. とりあえず9月20日の体験版一般配信日を首を長くして待ちたいと思います。

過去の『バイオハザード6』記事

  1. エボリアヌーメ
    「バイオハザード6 発表」
    ⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

Xbox版の配信早いんですね。
というよりPS3版の配信が遅すぎるというか^^;
9月4日ってw

5とはちょっと雰囲気が変わっていますね。
バイオもホラーというより、パニック物。
アクション部分が強くなってきた感じですね。
自分はホラーゲームが苦手なのでそれくらいの方が良かったりはしますけどね^^;


完全に別の話なのですが、6月末に「コマンドー」やってましたね。
Deka-Eさんは御覧になりましたか?w
オタケさんへ
この配信日の設定は何か理由があるんですかね。今更XBOX優遇しても…
アクション性が高いと周回プレイが楽しめるので、長期的に楽しめる反面、謎解き要素が作業になってしまいます。個人的には謎解き要素の強い作品であって欲しいのですが、進化の方向はアクション性の向上っぽいです。

午後のロードショーは見ませんでしたが、録画データは吹き替え版も字幕版もあるのでいつでも見ることができる状態です。
コマンドーは吹き替えの方が断然面白いです。あの数々の名言は声優あってのものですね。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。