アーケードスティック改造 その3

アーケードスティック(初代バッファ棒)改造
今回は改造作業工程に入ります
バッファ棒

前回からの続きです
エボリアヌーメ 「アーケードスティック改造 その2」
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-193.html

※2012/07/13 追記
HTML構造化による加筆修正をしました

実物写真

  1. 購入物の写真です。

  2. LS-32-01 & H5Pハーネス

    LS-32-01.jpg
  3. LB-45

    LB-45_20120621160043.jpg
  4. PS-14-GN

    PS-14-GN.jpg
  5. セイミツベース

    seimitsu.jpg

改造作業

作業工程目次

  1. 作業工程目次

    1. 裏蓋を開け、配線の取り外し、ボタン・レバーの取り外し
    2. レバー取り付け用の下地ならし
    3. H5Pハーネスと本体との配線、ハンダ付け
    4. ボタン・レバーの取付
    5. 最終確認

作業工程

ボタン・レバーの取り外し

  1. 作業工程その1『裏蓋を開け、配線の取り外し、ボタン・レバーの取り外し

  2. ネジを外して裏蓋を開けます。

  3. 裏蓋を開けた画像

    バッファ棒裏
  4. 配線を忘れないように、シールでマーキングする(付箋紙を使いました)

    マーキング
  5. 念のため各スイッチと配線色との関係をメモする。

  6. ボタン番号と配線色の関係

    • No.1 - 黄
    • No.2 - 緑
    • No.3 - 橙
    • No.4 - 赤
    • No.5 - 青
    • No.6 - 紫
    • No.7 - 茶
    • No.8 - 黒
    • GND - 黒
  7. レバーと配線色の関係

    ※スイッチ配置位置(入力認識方向)
    • 下(↑) - 白
    • 上(↓) - 赤
    • 右(→) - 黄緑
    • 左(←) - 紫
    • (GND) - 黒
  8. スティックを取り外します。レバーボールはネジ式なのでボールを反時計回りに回転すれば取れます。スティックが一緒に回転してしまうなら、スティック裏側に溝があるので、マイナスドライバーなどで回転しないように固定します。

  9. スティックを取り外すとハンダ付けされているスイッチ部分が残るので、切り落とします。またはハンダ吸い取り。

    ハンダ部分
  10. スティック取り外し後の画像

  11. スティック固定用のバリが残ってます。※名称が分からないので、『バリ』と呼称します。

    バッファ棒バリ
  12. バッファ棒1ではこのままだとベースが固定できないのでバリを剥がす作業が必要です。

  13. バッファ棒2はこのバリにそのままSSベースが固定できるので、改造が楽です。

下地ならし

  1. 作業工程その2『ボタン&レバー取り付け用の下地ならし

  2. バリを剥がす作業です。バッファ棒1の改造で一番面倒な作業です。

  3. ボタンのバリは差し込み式ボタンでは残します

    ボタンのバリ
  4. ネジ式ボタンでは邪魔になるのでカットするのがベストですが、私は残しました。ボタンの締め付けが理論的には弱くなりますが、ゲームの操作性には影響ありません。

  5. レバー側のバリ剥がし作業をします。

  6. 私の方法ですが、まず角をニッパーでカットします。

    角を落とす
  7. バリの直線部分の根本にカッターで筋を入れ、ペンチでパキッと折ります。カッターでの筋入れが丁寧にできると後の処理が楽になります。

    バリ剥がし
  8. ネジ受けは根本をニッパーでカットし、最後にヤスリがけをしてならします。大きく残ってしまった部分は、リューターで削ってからヤスリがけをしました。

    ヤスリがけ
  9. スティックとボタンの間にある柱は強度を保つために重要なので残しますが、そこからスティック側に出る羽(バリ)は邪魔なのでカットします。多少えぐれてしまいましたが、強度的には問題ないでしょう。

    えぐれ

配線・ハンダ付け

  1. 作業工程その3『H5Pハーネスと本体との配線、ハンダ付け

  2. 配線を間違えないように十分注意してください。

  3. レバーと配線色の関係 【再掲載】

    ※スイッチ配置位置(入力認識方向)
    • 下(↑) - 白
    • 上(↓) - 赤
    • 右(→) - 黄緑
    • 左(←) - 紫
    • (GND) - 黒
  4. セイミツ製H5Pハーネスの配線色

    • No.1 橙(GND)
    • No.2 緑
    • No.3 黒
    • No.4 赤
    • No.5 黄
    2と3、4と5が対になり向かい合う位置にある。
  5. ハーネス取付端子を下(プレーヤー側)にする場合の対応関係

      左側(セイミツ製ハーネス)-右側(バッファ棒基盤)
    • No.1 橙 - 黒 (GND)
    • No.2 緑 - 白 (↑)
    • No.3 黒 - 赤 (↓)
    • No.4 赤 - 紫 (←)
    • No.5 黄 - 緑 (→)
    【重要】ハーネス取付端子の位置はバッファ棒ケース内のスペースの都合で下(プレーヤー側)にしました。
  6. あらかじめ熱収縮チューブを入れてから、ハンダ付けをするが、ここでちょっとした失敗

  7. φ4.0の熱収縮チューブだと大きすぎて、収縮してもケーブルに固定できなかった

    熱収縮チューブ
  8. 仕方なく熱収縮チューブをセロテープで固定しました。

    P1000426.jpg
  9. 最初からビニールテープを用意しておけばよかったorz

  10. 後日、美観が悪いので(内部なので外側からは見えませんが)、φ2mmの熱収縮チューブを買ってきました。

    <熱収縮チューブ2mm
  11. 全部の接続部を切断して、最初からやり直しました。

  12. あらかじめ熱収縮チューブを通してから、各配線をハンダ付けして、熱収縮チューブに熱を加えて固着させます。

    やりなおし
  13. これで配線は終了です。

ボタンの取付

  1. 作業工程その4『ボタン・レバーの取付

  2. ボタンの取付はとても簡単です。ネジ式を選択したので8個をネジで固定するのはちょっと手間がかかる程度

  3. 配線を間違えないようにして、ファストン端子を接続します。

  4. ボタン番号と配線色の関係 【再掲載】

    • No.1 - 黄
    • No.2 - 緑
    • No.3 - 橙
    • No.4 - 赤
    • No.5 - 青
    • No.6 - 紫
    • No.7 - 茶
    • No.8 - 黒
    • GND - 黒
  5. ファストン端子をはめ込むのにちょっと力が必要なくらい固めだったので、怪我をしないように注意が必要です。 私はラジオペンチを使ってはめ込みました。

レバーの取付

  1. スティックの固定方法は2通り確認されてます(それぞれのサイト紹介)

  2. 固定方法その1
    セイミツベースを使用し、表側からネジ止め

  3. 華麗なるあじしおくん戦記 バッファ棒1 改造手順 (あじしおくん さん)
    ⇒http://ajisiokun.blog133.fc2.com/blog-entry-1.html

  4. 固定方法その2
    SSベースを使用し、ネジ用の土台を作って裏側からネジ止め

  5. 雑記いろいろ バッファ棒 改造 (ほげもぐたん さん)
    ⇒http://hogepanda.blogspot.com/2010/11/blog-post.html
    ※セイミツではなく三和電子です。

  6. ネジ頭をどう処理するかの問題です。

  7. 表側からのネジ止めは、ネジ頭がレバー操作の邪魔にならないように一工夫が必要になります。

  8. 美観的には裏側からネジ止めしたいところですが、ネジ受けを作成しなければいけないので手間がかかります。

  9. そこで私は第3の方法を考えました。

  10. 固定方法その3
    セイミツベースを使用し、超強力な両面テープで固定する

  11. 超強力両面テープといえば「VHBテープ」という物があります。業務用としては有名で、よく使われているようですが、お値段もかなり高額になっています。

  12. 参考Amazon 『N881 超強力両面テープ(VHB巻き)
    VHB_20120713173828.jpg   
  13. もうちょっとランクを落とすと、下記の商品があります。

  14. ニチバン:ナイスタック(R)両面テープ
    ⇒http://www.nichiban.co.jp/stationery/product/function_series/index.html

  15. 超強力タイプともなるとメートル単価がグンと高いですね。とりあえず手元にあった強力タイプで試してみました。

  16. これが全然くっつかず、超強力タイプにしてもだめなんじゃないかと不安になりました。

  17. そこで何か良い物がないかと東急ハンズへ寄ってみたところ、VHBテープのお試し版がありました。

    VHBトライアル
  18. お値段189円と、面積あたりにすると高価ですが、無駄にたくさん買わずに済みます。

    VHBトライアル2
  19. また、店頭で見かけたのですが、3M社の「スコッチ 超強力両面テープ プレミアゴールド」はVHBテープのようです。

  20. VHBテープと同じ機能で、業務用よりお値段安くなっています。

  21. 3M スコッチ 超強力両面テープ プレミアムゴールド
    ⇒http://www.mmm.co.jp/diy/tape/various_way/index.html

  22. VHBテープをセイミツベースの四隅に付けて本体に貼り付けました。

    VHB貼り付け
  23. これがかなり強力で、さすがVHBテープ!!と感心しました。ちょっとやそっとの力ではビクともしません。レバーを荒っぽく扱っても何ともないです。

  24. 強度不足ならネジ止めが必要かと思って、ネジも一緒に購入していたのですが、まったく必要ありませんでした。 あまりにも強力なので、剥がすときが大変そうです。

  25. 今後、レバーのメンテナンスで剥がす日が来るかもしれませんが、その時にちゃんときれいに剥がれるかどうか、今から不安です。

  26. これで改造作業のほとんどが終了です。

    完成裏
  27. 裏ぶたを閉じます。

  28. 完成画像

    完成表
  29. 色のバランスも悪くないでしょ? イメージカラーは「日本」です(笑)

最終確認

  1. 作業工程その5『最終確認

  2. 実は作業工程4の前にPCに繋いで配線に間違いがないか確認しておりました。

  3. レバー取付後に配線間違いがあると修正に多少手間がかかるかもしれませんので、不安な方は作業工程3の後に確認するといいでしょう。

  4. 確認作業はPCで行いました。PCにUSB接続後
    「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「デバイスとプリンター」→「BSGPAC01」と進みます。

  5. 「BSGPAC01」を右クリックし、「ゲームコントローラーの設定」を選択

    BSGPAC01.png
  6. 「プロパティ」を選択

    ゲーム コントローラ
  7. この画面でボタンやレバーを操作してみて、適切に動作しているか確認をとります。

    BSGPAC01 のプロパティ
  8. 問題ないことが確認できました。

感想など

  1. さっそくゲームをプレイして、操作感を確認しました。

    チェック
  2. 快適に動作します。必殺技も簡単に出るようになった気がします。

  3. やはり業務用レバー&ボタンは最高です。三和製のレバー&スティックが主流になっているようですが、私にはセイミツ製がしっくりきます。

  4. リアルアーケードPROはセイミツ製のもありますが、ほとんど流通していません。三和製ばかりです。

  5. セイミツ製のレバーも欲しいけど、ちょっとお値段的が…という方は、バッファ棒2を購入してセイミツ製に改造してみてはいかがでしょうか。バッファ棒1と比べるとバッファ棒2はハーネスの取付だけが改造の難所となりますが、作業自体は難しくありません。

  6. ハンダごてなどの道具を持っていなければ、百均などで探せば安く売っているかもしれません。ハンダを使わずとも、ビニールテープだけでもいけると思います。

  7. ぜひともスティック改造にチャレンジしてみてください。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

No title
私は、RAPを改造したことがあるのですが、懐かしい思い出です。私は、やはりセイミツ製のレーバーとボタンが好きなのですが、格闘ゲームでは三和でも良いかなと思わないでもないです。三和のボタンは僕にはちょっと軽すぎるので、STGでは使えません。思わず意図しないところで押してしまうんですよね。ということで、STG用にはセイミツ製を使っています。格闘ゲームだと、逆に軽いボタンがマッチしている感じはします。

レバーの感触は違いがありますが、慣れで解決できるレベルかなあと思います。セイミツのほうが固く感じますが、逆に三和は柔らかすぎると思います。好みで言えばこれもセイミツのほうがいいのですが。

セイミツ製の部品を使用したRAPは確かに流通量が少ないですね。一台、タイミングよく手に入れましたが、普通だと売ってないですね。
random+walkさんへ
私の場合、ボタンの差異はあまり気になりませんが、スティックの差異は気になります。
格ゲーのコマンド入力の正確さが違ってきますね。レトロゲーマーなので昔のゲーセンに近いセイミツの方がなじみがあるんだと思います。

ただ、三和もセイミツもガイドが四角なのが気になります。斜め入力がちょっと遠いし、回転系コマンドがちょっとぎこちなくなってしまいます。昔はガイドが丸だったそうなので、やはりこれも慣れなのでしょう。

実はもう一台改造中です。こちらもセイミツでいきます。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。