Windows7 で SONY CLIE を使用する方法

最終更新
2016年12月27日(火)

追記2016年12月27日
改訂版を執筆しました。
Windows10 で SONY CLIE を使用する方法

Windows7 で SONY CLIE を使用する方法
sony_clie_peg_t615c_02.jpg
SONY CLIE

※2015年09月16日追記
Windows 8, Windows 8.1, Windows 10 での動作報告がコメント欄に寄せられています。記事中の方法で使用可能なようです。

SONY CLIE はWindowsXPの時に生産・販売・サポートが終了していますが、Windows7でも利用する方法があったので紹介します。

SONY
SONY CLIE<クリエ>
⇒http://www.sony.jp/CLIE/index_pc.html

Wikipedia
「CLIE」
⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/CLIE

Wikipediaからの引用

CLIE(クリエ)は、ソニーが開発・製造・販売していた、Palm OSを搭載するPDA。CLIEとは、"Communication Linkage for Information & Entertainment"の頭文字をとった造語である。2005年7月出荷終了。

※追記 2012/10/30
HTML構造化に伴い加筆修正しました。
※追記 2015/02/16
ソニーのドライバダウンロードページ閉鎖に伴い加筆しました。

用意する物

  1. SONY CLIE は公式ではWindowsXPまでの対応となっていますが、Windows7でも利用することができます。

  2. そのために、関連するドライバ類を入手します。

  3. 最終バージョンの「CLIE Palm Desktop Ver4.1

  4. SONY CLIEサポート
    「CLIE Palm Desktop Ver.4.1」のご案内
    ⇒http://www.nccl.sony.co.jp/download/C-W021-001-01/index.html

  5. 2015年02月16日(月)追記
    ソニーのサポートページが閉鎖された可能性があり、上記リンク先から「CLIE Palm Desktop Ver.4.1」がダウンロードできなくなりました。
    上記サイト以外にダウンロードできる方法をご存じの方がいらっしゃいましたら、お手数ですがコメント欄にその入手方法を教えていただけるようお願い申し上げます。

    参考にならない可能性もありますが、SONYの米国サイトを紹介しておきます。こちらにはCLIEのサポート情報がまだ残っています。もしこちらのサイトでダウンロードできて、実際に使うことができた方はお手数ですがコメント欄にご報告願います。
    SONY US Support
    ⇒http://esupport.sony.com/US/p/index.pl

    現在もCLIE愛好家の方が当ページに沢山いらっしゃいます。このブログページがCLIE情報の共有が出来る場所となれば幸いです。

  6. 2015年03月04日(水)追記
    ダウンロード方法について情報を提供して下さった方がいらっしゃいました。大変ありがとうございます。
    世界中のWebページを記録している『インターネットアーカイブ』という非営利団体のサイトで、上記CLIEのサポートサイトの旧ページを閲覧することができます。その旧ページ内から現在もダウンロードすることが出来ました。

    インターネットアーカイブ
    ⇒http://archive.org/web/

    インターネットアーカイブのサイトを訪問したら、上記CLIEのサポートサイトのURL「http://www.nccl.sony.co.jp/download/C-W021-001-01/index.html」を入力(コピー&ペースト)し、「BROWSE HISTORY」(Web履歴)のボタンをクリックすると過去の更新履歴のある日付が表示されるので、履歴のあった日付をクリックします(私は2013年の更新日で試しました)。そうすると旧ページが表示されるので、そのページ内にあるソフトウェアのダウンロードボタンをクリックしたら無事にダウンロードすることが出来ました。

  7. Windows7用ドライバ 32bitまたは64bit

  8. Aceeca
    32 bit USB Windows Driver for Palm/Garnet OS
    ⇒http://aceeca.com/index.php?option=com_maqmahelpdesk&Itemid=5&id_workgroup=1&task=downloads_product&id=7
    64 bit USB Windows Driver for Palm/Garnet OS
    ⇒http://aceeca.com/index.php?option=com_maqmahelpdesk&Itemid=5&id_workgroup=1&task=downloads_product&id=6

  9. 使用しているOSに合わせて、32bit版または64bit版を選択してください。

  10. 2016年12月11日(日)追記
    上記のドライバーダウンロードサイト(Aceeca)のリンクが切れていることが判明しました。
    ですが、インターネットアーカイブでドライバーのダウンロードが可能でした。

    インターネットアーカイブ
    ⇒http://archive.org/web/

    ダウンロード用URLをインターネットアーカイブ内でコピー&ペーストで検索してみてください。
    32bit版については「2016年9月14日」の更新履歴からダウンロードできました。
    64bit版については「2016年5月9日」の更新履歴からダウンロードできました。

インストール手順

ソフトウェアのインストール

「CLIE Palm Desktop Ver4.1」のインストール

  1. 上記「CLIE Palm Desktop Ver4.1」をインストールします。

  2. インストール自体はすんなりできるはずです。バージョンを必ず確認してください。

「HotSync」の終了

  1. インストール後、「HotSync」が自動的に起動していますがいったん終了させます。

  2. 右下のタスクバー上の「HotSync」アイコンを右クリックすると「終了」の項目があります。

XP互換モードに設定

  1. 「CLIE Palm Desktop Ver4.1」「HotSync」をそれぞれXP互換モードに設定します。

  2. Windowsメニューより「すべてのプログラム」→「Sony Clie」→「CLIE PalmDesktop」とたどる。

  3. 「CLIE Palm Desktop」をマウス右クリック→「プロパティ(R)」→プロパティパネルの「互換性」タグ内の「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、プルダウンメニューより「Windows XP (Service Pack 3)」を選択 → 「OK」

  4. 同様に「HotSyncマネージャー」も同じ手順でWindowsXP互換モードにしておく。

  5. ※追記2012/10/30
    コメント欄より
    「特権レベル」の「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れるほうが問題が起きにくいようです。

ドライバのインストール

ドライバーの用意

  1. 上記USBドライバーをわかりやすい場所に保存する。

  2. そのままだと圧縮されている(zip形式)ので展開しておく。

  3. zipファイルのアイコンを右クリックすると「展開」が表示されると思います。

デバイスマネージャーの起動

  1. コントロールパネルよりデバイスマネージャーを起動させる。

  2. 「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「システム」→「デバイスマネージャー」

HotSyncを行う

  1. デバイスマネージャを起動した状態でCLIEのUSBを接続し、HotSyncを行う

  2. ドライバーはまだインストールしていないので、当然HotSyncは行われないが、デバイスマネージャの一覧リストに今まで無かった項目「その他のデバイス」が自動的に追加表示され、その配下に「Sony Handheld」が表示されます。

  3. 短時間で表示が消えるかもしれませんので、短時間の間に次の作業を開始してください。

  4. 間に合わなかった場合、HotSyncを再度繰り返してください。

ドライバーの選択

  1. 「Sony Handheld」にドライバを当てます。

  2. 「Sony Handheld」をマウスの「右ボタンクリック」→「ドライバーソフトウェアの更新(P)」を選択

  3. 「どのような方法でドライバーソフトウェアを検索しますか?」パネルが表示されるので、パネル下段の「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します(R)」を選択

  4. 「コンピュータ上のドライバーソフトウェアを参照します」パネルが表示されるので、その中の「次の場所でドライバーソフトウェアを検索します」欄右の「参照ボタン」をクリックし、表示される「フォルダーの参照」で上記で作成しておいた、ドライバーを保存したフォルダを指定し、「次へ(N)」ボタンをクリック。

  5. ドライバーのインストールが開始され、完了すればUSBドライバーのインストールはこれで終了です。

  6. これで Windows7 で SONY CLIE が利用できるようになります。

参照・引用元

  1. 当方こちらのサイトのおかげで助かりました。

  2. 【参照・引用元】
    BIGLOBEなんでも相談室「QNo.7409938」
    ⇒http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa7409938.html

  3. 知人が CLIE の愛用者で、CLIE の為だけに WindowsXP の入ったPCを処分できずにいましたが、これで処分することができるようになりました。

  4. 質問者様・回答者様に深く御礼申し上げます。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

SONY CLIE をWindows7で
教えてくれたように進行して、展開したUSBドライバーをいれてあるフォルダを指定するのですが”見つかりません”とエラーメッセージが出てしまいます。まったく残念です。
yhさんへ
手元にCLIEが無いので確認が取れませんでした。

WindowsXPなら公式ドライバが対応していると思います。

http://qa.support.sony.jp/solution/S0012200000184/
http://qa.support.sony.jp/solution/S0105080000421/

現在公式でのダウンロードサービスが終了しているので、どこかで手に入れられればよいのですが、あいにく入手先は存じ上げません。

お力になれず残念です。
Clie TJ25.ホットシンクできました! 
Deka-Eさん、さっそくのご返事ありがとうございます。できました。おかげさまです。
まず私の環境を申し上げます。
PCはWindows 7 professionalの入った東芝32ビット、パームはClie TJ25です。
ドライバーはソニーのダウンロードサイトのcliepalmdesktop41をダウンロードすると中に入っているClieDriversを使います。Aceeca「32 bit USB Windows Driver for Palm/Garnet OS」は使いません。
あとはDeka-Eさんの教えてくれた手順ですすめますが
”3.「CLIE Palm Desktop Ver4.1」「HotSync」をそれぞれXP互換モードに設定”という部分に ”特権レベル 管理者としてこのプログラムを実行する にチェックを入れる”ことを追加します。その後はDeka-Eさんの教えてくれた手順を進めれば成功します。
皆さんもがんばってください。
Deka-Eさん、すみませんができるだけ多くのクリエファンに知ってもらいたいので Deka-Eさんの記事を引用して私のブログでも発表させてもらいたいのですが..... ほとんどそのまま引用になると思いますが,いかがでしょうか? よろしいでしょうか?
yhさんへ
無事解決されたようで、なによりです。

XPモードでは管理者権限で実行する方が問題が起きにくいと考えられるので、その点加筆させていただきました。
また、読みやすいように内容をHTML構造にしてみました。

こちらの記事を引用していただいても構いません。私の記事も内容はほとんど引用しているようなものです。
情報が多数あれば不測の事態(サイトの閉鎖等)に備えられるので、引用も無駄にならないと思います。

こちらの記事もよく検索で来られる方がいるので、今もなおクリエファンの方が多数いることが伺えます。
感謝!感謝!感謝!です。
Deka-Eさん、この記事のUPありがとうございます。

WINDOWS7にPalm Desktopを無事インストール、かつHotSyncできました!

2004年からのデータをようやくBACK UPできました。iPhoneに移植できて助かりました。

が、まだHotSyncできるので、まだCLIEも退役予定でしたが、使えそうな状況なので、、、嬉しい誤算です。

とにかくとにかくほんとうに助かりました。
Deka-Eさんのスキルと存在に感謝致します。
SCさんへ
おめでとうございます。お役に立てたようで嬉しいです。

この記事はかなりの方にご覧いただいているようで、CLIE愛好家の方が想像以上に多いと実感しております。
私の知人もCLIEのバッテリーを専門業者に交換してもらって、今後も使い続ける気まんまんでした。

これからもCLIEを大切になさってくださいね。
素晴らしい!!!!
素晴らしいです!!!
お陰様でClieが復活し、感謝感激です!
Driverのインストールで少しつまづき入れ直しなどが必要でしたが、最終的にHotSyncが動いてピロリ音が聞こえた時には思わずガッツポーズでした。
本当に有り難う御座いました。
FishBFT さんへ
お役に立てたようで光栄です。
この記事は検索で訪れる方が多く、Clie愛好家の方々の多さに驚くばかりです。
今後ともClieを大切になさってください。
Windows8でも動きました
あと1年にせまったXPのサポート終了で、ずっと愛用していたUX-50も使えなくなるとあきらめていたのですが、移行準備のためWin8ProをインストールしたPCでも、ご教唆のあったWin7の方法でPalmDesktopにホットシンクできました。感謝!感謝!です。ちなみにSmartlist to go, password plusも無事にシンクできています。10年以上蓄積したデータを使い慣れたシステムでしばらく利用できます。早速交換用のバッテリーを注文しておきます。ありがとうございました。
Obachan55 さんへ
無事に起動したようで良かったですね。

Windows8でも起動するという情報提供ありがとうございます。
まだまだCLIEを使用し続けたいという愛好家の方々が、情報を共有しあえる場所となっていることを嬉しく思います。

バッテリーの交換もされたようですね。
バッテリー交換すればまだまだCLIEも現役で活用できるツールだと思います。今後とも大いに活用してください。
ありがとう
Deka-E 様
ありがとうございました。
Windows XP機をクリエTJ25のためだけに使っていました。これで、XPを始末できます。初めはHotSyncが動かなかったのですが、PCを再起動したら動くようになりました。
nemurihime さんへ
無事に起動したようで、よかったですね。

上記方法でもTJ25は対応しきれないといった報告を引用元で見ましたが、上記コメント欄にはまた別の方法で対応できるとの報告もあり、情報が混乱しています。

ですが、今回の報告でTJ25を利用している方には有力な情報となると思います。コメントありがとうございました。
助かりました。
このサイトを参考にさせていただいたところ、windows 8.1環境にpalmdesktop環境を構築できました!
お陰で、CLIE NX80Vをまだ使い続けられそうです。
助かりました。
Taromame さんへ
お役に立てて光栄です。

Windows7のみならず、Windows8.1にも対応するとの情報は他の方にも大いに役立つ情報と考えられます。XPのサポートが終了しても、まだしばらくCLIEを使い続けられそうですね。
お礼&ご質問
こんにちは、このHPのおかげでWIN7でTH-55のホットシンクもできるようになり、大変助かっております。有難うございます。
当方、XP時代より、PDAのソフトDocuments To Go 6を使っております。
同様に、WIN7のPCのにDocuments To Go 6をインストールはできたものの、ホットシンクを行うとDocuments To Go 6に関しては、うまく同期ができず、ホットシンク途中でエラーが出てしまいます。

この件に関して、改善策等ございましたら、お知恵を拝借させて頂きたいのですが?!
宜しくお願い致します。
ありがとうございました
私もWindows8.1にPalm Desktopをインストールし,無事Hotsyncすることができました。
とうとう使いにくいスマホに移行しなければならないかと覚悟していたところでしたが,これでまだまだTH-55を現役で使い続けることができます。
どうもありがとうございました。
zogu さんへ
お役に立って光栄です。

「Documents To Go 6」についてですが、現在自分はCLIEをもっておらず、ソフトウェア自体も使用したことがなく入手できないので、動作確認などができないので推測で話させていただきます。

「Document To Go 6」をXP互換モードで起動してみてください。XP互換モードの方法は上記中にある「HotSync」と同様です。念のため「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れてください。

ソフトウェアの仕様が分からないのですが、ソフトウェア側でできる設定項目を一つ一つ確認して、設定に齟齬がないか確認してください。他には自動で行うものを手動で行ったり、関連ファイルの関連づけを確認するぐらいしか見当がつきません。

直接的な改善策は思いつきませんが、何らかのヒントになれば幸いです。
Yoshi さんへ
Windows8.1でも動作するとの報告ありがとうございます。きっとこのページを読んだCLIE愛好家の方々の役に立つと思います。

WindowsXPのサポートが終わりましたが、Windows8.1のサポート期間中はまだCLIEも使えそうですね。
CLIEを大切にして末長く利用されている方の多さに驚いてますw
Documents To Go 6の件でのご報告
こんにちは、再度、Documents To Go 6のインストール実施してみました。
結論から言って、XP時と全く一緒の状態とは言えないものの、Win7でも使用できる環境は整ったように判断しています。

今回の手順ですが、
①Documents To Go 6のインストール
②PDA本体、PDAデスクトップ&Documents To Go 6内のデーターファイルが何もない状態 でホットシンクにて同期を行う(前回はDocuments To Go内にデーターが入っていたので うまく同期ができなかったのではないかと思います。)
③Documents To Go 6のデーターを戻すために、PDA本体に先にデーター名をつけて、ホッ トシンク実施。そうするとPDA側/PC側に同じ名前のファイルができているので、そのファ イルに必要なファイルからデーターをPC上でコピペを行い、再度ホットシンク実施。
④同期完了

なお、上記の手順を踏まないでホットシンクを行うとエラーが出る理由として、
Documents To Go 6の適合オフィスverとPC上のオフィスのverが適合しないと予測しております。
また、今回は、Documents To Go 6の管理者権限変更に関しては、英語表記であったため、様子見もかねて変更はしておりません。

冒頭に記載した「XP時と全く一緒の状態とは言えないものの」という意味合いですが、
・Documents To Goファイルデーターの作成と同期方法が異なる点(特にエクセル)
・XP時はPDAでDocuments To Go 6からエクセルを開く際、すぐにエクセルが表示できたのですが、今回は、「ネイティブなマイクロソフトエクセルを開いてます」と表示がでて、
読み込むのに若干の時間を有します。

ま~Win7でも使用できる環境になったので、良かったです。^^
機をみて、8.1でも導入してみたいと思います。

また、何か不明な点等ございましたら、アドバイスをお願い致します^^
zogu さんへ
詳細な報告ありがとうございます。

このコメント欄をご覧になっている方の参考になる有意義な内容だと思われます。同じような問題を抱えている方がいらっしゃったら、協力し合って解決できるようになるかもしれませんね。


【コメント欄をご覧の方へ】
コメント欄をご覧の方で上記「Document to Go 6」の件につきまして何かお気づきの方がいらっしゃいましたら、コメントやご指摘お待ちしております。
本当にありがとうございます。
友人から教えてもらってこちらに来ました。
見事にホットシンク出来た時は「ホロッ」ときました。
これでまた、CLIEが快適に使えます。
有難う御座います。m(_ _)m
souten さんへ
お役に立てて光栄です

この記事を公表してからCLIE愛好家の方々の多さに驚いてます。
これからもCLIEを大切になさって下さい。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
(上記コメント) さんへ
ソニーのサイトが閉鎖れたことは知りませんでした。

残念ながら私の手元にはCLIE関連のものは本体・ソフトともに一切ありません。
「CLIE Palm Desktop Ver.4.1」の入手方法については私も見当がつかずお力になることは出来ません。

記事中に追記して入手方法についてご意見をいただけるよう呼びかけてみますが、それが私の出来る精一杯です。
CLIE Palm Desktop Ver.4.1
Deka-E様

いまさらの大変恐縮なお願い事を致しまして、本当にすいません。
また、そんなお願いに真摯に向き合って頂きまして、感謝感謝です。

「記事中に追記して入手方法についてご意見をいただけるよう
呼びかけてみます」とのこと、本当にありがとうございます。
ここまでして頂けるだけで、十分なお礼の言葉も見つかりません。
本当にありがとうございました。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
(上記コメント) さんへ
情報提供ありがとうございます。

私も試したところ、無事にソフトウェアをダウンロードすることが出来ました。ハードウェアを所持していないので同期の確認までは出来ないのが残念です。
すぐに記事中にダウンロード方法について追記しました。これで多くのCLIE愛好家の方の役に立てるかと思います。

重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。
ダウンロードできました。
Deka-E様

また、情報をお教え頂きました方、本当にありがとうございました。

実際、Deka-E様には、「記事中に追記して入手方法についてご意見を
いただけるよう呼びかけてみる」とのありがたく恐縮なご回答を
いただきましたが、自分では、半分以上あきらめておりましたので、

この朗報は信じられない思いです。

(この間、Sonyの担当部署のようなところに、有償でも
いいから送ってくれとメールをしたりしました。すぐに電話でご連絡
頂き、ソニーのすばやいご対応は感謝すべきものですが、結果はダメ
でした。)

ダウンロードできました。早速、貴サイトを参考にして、Win7に
オーガナイザーと一緒にインストールしてみようと思います。
これで、また、CLIE-TH55が愛しくなってしまいます。

本当にありがとうございました。
                      シン

ホットシンク出来ました
こんばんは、パソコンが壊れてPCを買いなおしたのでWIN7のXPモードが使えるようになりました、偶然にこのHPにたどり着き、手順通りソフトをインストール、何とかTH-55のホットシンクが出来ました、久しぶりのピロリ音は感激しました、ありがとうございました。

当時、後継機の開発中止、とてもショックでした、TH-55とその前のNX80V共まだちゃんと動いています。

「CLIE Palm Desktop Ver4.1」のダウンロード先、インターネットアーカイブよく探しだしましたね、こんな形で保存されているとはびっくりです。(私はインストールCD-ROM、当時インストールしたソフト等保存してあります)
sakusaku さんへ
コメントありがとうございます。無事にCLIEが使えるようになったようですね。私の知人もXPモードを立ち上げる煩わしさがなくなって喜んでました。

ダウンロードURLはコメントを寄せていただいたおかげです。これでまた多くのCLIEファンが救済されると思いますw

コメントの多さに、CLIEは多くの方に愛されていたんだなと実感します。お役に立つことが出来て光栄に思います。
デバイスマネージャに表示されず
HPを参考させていただき先週は無事にHotsyncできたのですが、
先ほど実行しても「その他のデバイス」が表示されません。
CLIEケーブルをPCで接続し直すとシステム音が聞こえるので、
なんかしらが接続されたことは認識しているようです。
なにか原因があるのでしょうか。教えていただけると助かります。
bluefin1964jp さんへ
現在私の手元にCLIEはないので記憶を頼りに書きます。

「その他のデバイス」が表示されるのはクレードルのHotsyncボタンを押したときではないでしょうか。
USBケーブルを接続しただけでは表示されなかったような記憶があります。
デバイスの表示は放置して時間が経つと消えてしまったように覚えています。

CLIEをクレードルに刺してHotsyncボタンを押しても認識いないようであれば、以下を参考にしてみてください。

まずは物理的な原因を疑ってください。物理的に PC・ケーブル・CLIE本体 の3つでしょうか。

PC本体だと接続USBポートを変更するといった対応が考えられます。その際にドライバーのインストールが必要になるかもしれません。

ケーブル・CLIE本体の接続が認識していないようなので、接点に接点復活剤を塗るとひょっとしたら認識するかもしれません。接点復活剤は電気店・ホームセンターなどで売ってます。

ソフトウェア的な原因だと、できることはドライバの種類で32bit版と64bit版を間違えていないか再確認して、再インストールすることくらいでしょうか。

ソフトウェアのバージョンや管理者権限など、もう一度確認してみてください。
No title
ありがとうございます。
ドライバのインストールで認識され無事Hotsyncできました。

PalmはWorkPadから使い始め、今のTH55も10年以上使用しています。
スケジュール管理の使い勝手が良いので手放せないのですが、
Win7からHotsyncでバックアップできず困っていました。
その心配が解消されたので程度のよさそうな中古TH55を探そうと
思います。ありがとうございました。

bluefin1964jp さんへ
無事に解決されたようですね。

CLIEを大切になさってますね。お役に立てたのなら幸いです。
windows 10でホットシンク出来ました!
このサイトを参考にさせて戴き、新調したPC windows 8.1 64bit環境にpalm desktop環境を構築でき、Hotsyncを行うことが出来ました。
さらにwindows 10へのアップデートで、そのまま使うことが出来ました。
お陰様で、もう暫くCLIE TH55を使い続けられそうです。
ありがとうございました。
TH55 さんへ
ご報告ありがとうございます。

Windows10でもCLIEが使えるようで、ファンにとっては嬉しい報告になるでしょう。
この記事も思いがけずクリエファンの報告の場となって、お役に立つことができて幸いです。

ありがとう!助かりました
Clie信者の皆様はじめまして。
SONY大好き50才オヤジです!
この度、13年ほど前に購入したNX70Vを10年振りに倉庫から引っ張り出し、懐かしみながら使うことを決心し(というより買ったことすら忘れてました…)セットアップを始めました。
当時は確か98(?)に接続してHOT SYNCをしていたと記憶してますが、今はWin7なので、どうすべきか悩んでいたところ貴殿のHPに辿り着きました。
早速ご指示の通り最新のPalm DESKTOPをインストールし、次にWin7 32bit用ドライバもダウンロードして入れようとがんばってみましたが、他の皆様と同様ご指摘のドライバは認識してもらえず。
どうやってもこうやってもだめでした。

仕方なくPalm DESKTOPフォルダ内にあったドライバを入れたところ、すんなりHOT SYNCが動いてくれました。

おかげさまでこれから壊れるまで使い続けたいと思ってます。

追伸
周りからは、「スマホがあるのに今更電子手帳を別で使う意味がわからん」と罵られています。トホホ…
SONY信者 さんへ
お役に立ったようで、光栄です。

私は70代の伯父のためにCLIEの設定をしたのですが、長年使い慣れてもう別のスケジュール管理ソフトには移行できないと言ってました。

備忘用に書きとめた記事だったのですが、たくさんのコメントが寄せられ、驚いてます。

バッテリー等の問題も起きるかと思いますが、CLIEが末永く利用できる事を願ってます。
TJ37でもできました
Deka-Eさん、こんにちは。

TJ37 3台持ちのNichiといいます。Clie Palm Desktop 4.1を使ってスケジュール管理をしています。

64bitマシーンが主役となってきましたので、Accecaの64bit用ドライバーをインストールしようとしたのですが、「ドライバーが見つからない」との表示がでて、インストールできませんでした。挫折しそうでしたが、こちらのサイトに加え、下記のサイトが大変役にたちました。

http://kazhat.at.webry.info/201211/article_4.html

TJ25と同じ世代のTJ37には、AccecaUSBDx64.infファイルへの追加記載が必要でした。これを行い、無事ドライバーをインストールすることができました。

Windows 8.1はそのままHotsyncでき、Windows7ではClie Palm DesktopとHotsyncマネージャをXP互換モードにすることでHotsyncできました。

Clie末期モデルではうまくドライバーがインストールできず困っている方もいらっしゃると思いますので、参考になるかと思い投稿させていただきました。

有り難うございました。
Nichi さんへ
CLIEに関する情報を寄せていただきありがとうございます。

URL先を訪れて内容を確認したのですが、やや技術的に難しい内容が書かれているので、私の力量では記載されている以上のことはなかなかコメントしづらいのが残念です。

ですが、TJ25とTJ37に関して接続できなかったという報告があるので、これは同機種所有者にとっては有力な解決策になると思います。

この記事は私の予想を遥かに超える数のClie愛好家の方々が訪問されているので、この情報は必ず役に立つと思います。ありがとうございました。
Re: TJ37でもできました
Deka-Eさん、有り難うございます。

TJ37ですが、32bitのWindows 7ではAceecaが提供する32bit用ドライバーでHotsync OKでしたが、64bit Windows 7, 8では64bit用ドライバーのインストールができていませんでした。今後64bitマシーンが主流となるでしょうから、現在32bitのWindowsをクリエとHotsyncしている方が、64bitマシーンに乗り換えた際の参考になるかと思い投稿させていただきました。私自身、クリエはもはや手放せません。バッテリーは米国Amazonから取り寄せて自ら交換です(笑)。末永く使いたいと思っています。
Nichi さんへ
時代は64bitOSが主流になりましたね。ここを訪問される方の中にも64bitOSを使っている方が大勢いることでしょう。

CLIEは32bit時代の設計なので、64bitドライバが存在する事がとても有意義だと思います。
ドライバ設計について、私は全くの無知なので、64bit版ドライバの作成者・技術者にひたすら感謝するのみですw

バッテリーは米国Amazonからも取り寄せられるのですね。私の知人もどこかからバッテリーを購入しているようですが、おそらく国内の業者だと思います。壊れた時の備えにもう一台CLIEを手に入れておきたいとも話してましたw
Plam Desktopのダウンロード
CLIEはもう使っていないのですが、Palm Desktopが便利でず~っと使っています。
Windows10をクリーンインストールすることになり、Palm Desktopがダウンロードできずに困っていたところ、このブログにたどり着きました。

おかげさまで、ダウンロードできましたので、帰宅したらインストールしてみたいと思います。

貴重な情報を、ありがとうございました。
舞珍 さんへ
お役に立ったようで光栄です。

ダウンロード情報は呼びかけに反応して、ご厚意でコメントを寄せてくださった方のおかげでした。
このような形でCLIEユーザーの輪が繋がっていくことに驚いています。

コメントを寄せていただきありがとうございました。
情報を提供していただいた方も喜んでいることと思います。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ridge さんへ
記事本文だけでなく、コメント欄にも情報がありますので、そちらもぜひ参照してください。

コメントからは、TH-55の成功報告がいくつか寄せられています。TJ-25に関しては失敗報告や、別途解決方法が寄せられています。まずはTH-55を接続してみて、無事に動作確認できたらTJ-25の接続を試されると良いかと思います。

本文中で理解できない箇所を具体的に指摘していただけると、アドバイスがしやすくなります。本文中の各段落には番号が割り振られているので、その番号を利用して指摘していただけると、なお有難いです。

なるべく分かりやすく説明したいのですが、コンピュータをある程度使い慣れていないと、文面のみで作業を理解するのは難しいかもしれません。その場合はどなたか立会いの元で作業することも検討してください。


~~ ここから具体的な説明です。 ~~

本文中「§1 用意するもの」から、「CLIE Palm Desktop Ver4.1」「Windows7用ドライバ 32bitまたは64bit」の2点が必要になります。まずこの入手作業についてご報告ください。

「CLIE Palm Desktop」はインストールできたとのことですが、本文中のサイトからダウンロードしてインストールされたのでしょうか?それとも製品付属のドライバCDからでしょうか?

バージョンは最新の「CLIE Palm Desktop Ver4.1」でないと動作しない可能性があります。お持ちで無いなら記事中に書いてある方法でダウンロードするのですが、SONYのサイトが閉鎖されたため、入手方法が複雑になってしまいました。

黄色の枠で囲まれている段落1.6をよく読んで、「インターネットアーカイブ」というサイトからダウンロードして下さい。分かりづらい点や不明な点があれば具体的に指摘して下さい。

段落1.8から、「Windows7用ドライバ 32bitまたは64bit」をダウンロードして下さい。お使いのWindows8.1ですが、32bit版なのか64bit版なのか確認して、同じbit版をダウンロードして下さい。確認方法が分からなければその旨を連絡して下さい、説明します。

上記2点が揃ったら次の段階について説明します。
ありがとうございます
 パワーポイントを気軽に持ち歩こうと思ってClieTH55を再び利用することにしました。PPTファイルをjpgファイルに保存してスライドショーで閲覧しようと思ったのです。

 スライドショーのパームウェアを探したところで、windows10にしたタブレットからClieTH55に入れようと、カード経由で簡単なんですが、シンクロできないのかな? 再挑戦しようとネットを探していたところここにたどり着きました。

 説明の通りに進めたところ、ドライバは他の方のコメントにもあったように、PalmDesktopVer4.1の中にあるTH用を指定して完了しました。

 これで再びクリエが活躍します。ありがとうございました。

yamame さんへ
お役に立ったようで光栄です。
他の方のコメントが参考になったということで、その方も嬉しいことでしょう。

TH55の接続報告ありがとうございます。TH55など、機種によって接続方法が若干異なるようですが、接続報告があれば他のユーザーの参考になることと思います。

記事を書いた頃、自分で全く予想していませんでしたが、クリエユーザーの繋がりの場を提供できて嬉しく思います。
助けてください!
 以前、Windows8.1時、質問しましたがその時もできずにクリエを使うことができませんでした。あまり、知識がないのでやり方がわかりません。Windows10でクリエを使いたいのですがどうしたらよいでしょうか。宜しくお願い致します。
ridge さんへ
前回の質問に対し返答したのですが、何の反応も示されませんでした。読んでいただいたのでしょうか?

ridgeさんの知識がどの程度なのか見当がつかないので、コメントから推測する以外に方法がありません。

具体的な質問であれば具体的な返答ができます。無駄かと思うようなコメントでも思わぬ役に立つ事があるので、できるだけ詳細にコメントして下さい。
返答ありがとうございました。
 申し訳ございません。前回の返答がきていることがわかりませんでした。クリエのドライバをインストールしたいのですがやり方が全然、わかりません。クリエについているCD等はインストールできました。その後、ホットシンクしても動かない他です。
ridge さんへ
まずは前回の返答である、コメント番号46の「ridge さんへ」をよく読んでください。


下記の点について確認します。

Q1. お使いのOSはWindows10の32bit版ですか、64bit版ですか?

「32bit版 / 64bit版 / どちらかわからない」の3択でお答え下さい。

Q2. 使用するクリエの機種・型番は何ですか?


Q3. 付属CDからインストールした「CLIE Palm Desktop」のバージョンはいくつですか?

コメント番号46にも記述しましたが、付属CDのバージョンは古いバージョンの可能性があります。
最新のバージョンは「Ver4.1」です。バージョンが分からないなら「分からない」と応えて下さい。


以上の確認ができたら、ドライバの入手方法について説明いたします。
No title
1.わかりません。 2.CDからインストールしました。3.TH55。4.バージョン4.1とヘルプをみたらありました。以上、宜しくお願い致します。
ridge さんへ
それでは、お使いのWindows10が32bit版なのか64bit版なのか確認してみましょう。

1.画面左下のWindowsのアイコン(終了時などに押すアイコンです。スタートボタンと言う事もあります。)をクリックして下さい。左ではなく右クリックです。

2.上から5番目あたりに「システム(Y)」という選択肢があるので、選択(左クリック)してください。

3.画面に「コンピューターの基本的な情報の表示」が表示されます。
項目「システム」の「システムの種類:」という箇所に「32ビットオペレーティングシステム」もしくは「64ビットオペレーティングシステム」の文字が表示されています。

そこに表示されているのがお使いのbit版です。確認できたら返信をお願いします。
返答ありがとうございました。
手順通りやってみると64と確認できました。
ridge さんへ
お使いのWindows10は64bit版ということで、以後説明していきます。

まずはソフトウェア(ドライバー)を用意します。
本文『§1 用意する物』より、下記2つのソフト(ドライバ含む)が必要になります。

1.「CLIE Palm Desktop Ver4.1」
2.「64 bit USB Windows Driver for Palm/Garnet OS」


1.「CLIE Palm Desktop Ver4.1」はお持ちのクリエ付属CDに入っていますので、それを使います。

インストールできたのであれば、それで準備OKです。

2.「64 bit USB Windows Driver for Palm/Garnet OS」は本来であれば配布元から直接ダウンロードするのですが、配布元のサイトが閉鎖されてしまったため、複雑な操作が必要になってしまいました。

操作を簡略して、下記URLからダウンロードできるようにしました。

http://web.archive.org/web/20160509060309/http://aceeca.com/index.php?option=com_maqmahelpdesk&Itemid=5&id_workgroup=1&task=downloads_product&id=6

緑色のボタン「Download Now (663.56KB)」をクリックして、ファイルを保存して下さい。
ファイル名は「DVR_WINX64_USB_GN4-GN5_20110322.zip」と表示されているはずです。
ファイルを保存する場所は「デスクトップ」や「ダウンロード」フォルダなどの分かりやすい場所が良いです。

ファイルはZIP形式で圧縮されています。ファイルを右クリックして「すべて展開」を選択して展開して下さい。

以上ができましたら連絡して下さい。次へ進みます。
No title
全て展開したと思います。ありがとうございます。
ridge さんへ
次はソフトウェアの起動設定の変更です。

本文2.1.3「XP互換モードに設定」をよく読んでください。

下記2つのプログラムを「XP互換モード」で起動するように設定します。

「CLIE Palm Desktop」
「HotSyncマネージャー」

上のプログラムが起動していたら先に終了してください。
「HotSyncマネージャー」はスタートアップで自動的に起動している可能性があります。
ツールバーに「HotSync」のアイコンが表示されていたら、右クリックから「終了」を選びます。

Windowsボタンから進み、上のプログラムを見つけてください。
おそらく「Sony Clie」フォルダの中にあります。

Windows10では本文と異なり、操作が少し加わります。

「CLIE Palm Desktop」をクリック
→「その他」→「ファイルの場所を開く」をクリック
→「CLIE Palm Desktop」をクリック

→「プロパティ(R)」
→プロパティパネルの『互換性』タグを選びます(クリック)
→「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、「Windows XP (Service Pack 3)」を選択
→「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れる
→「OK」

同じように「HotSyncマネージャー」もXP互換モードに設定します。

以上の設定ができたら連絡して下さい。
次はドライバのインストールについて説明します。
No title
ありがとうございました。自信がありませんが、チェックを入れました。
ridge さんへ
次はドライバのインストールです。
本文2.2「ドライバのインストール」をよく読んで下さい。

ドライバはダウンロードした「64 bit USB Windows Driver for Palm/Garnet OS」を使います。
ダウンロードファイル名「DVR_WINX64_USB_GN4-GN5_20110322.zip」は変更していない事を前提に話をします。
変更していた場合は、変更した名前に置き換えて下さい。

「デバイスマネージャー」というプログラムを起動します。

Windowsボタンをクリックして「デバイスマネージャー(M)」をクリックして起動します。
「デバイスマネージャー」の画面が表示された状態で次の操作をして下さい。

クリエをPCと接続します。
PC接続用のUSBクレードルを繋いで、クレードルにクリエを刺します。

クリエの「HotSync」ボタンを押すと、「デバイスマネージャー」に新しい項目「その他のデバイス」が表示されます。

もし、何も変化が無い場合、ハードウェアの故障を疑って下さい。
古い製品なので、バッテリーの劣化や端子の接触不具合などがありえます。

「その他のデバイス」の項目の配下に「Sony Handheld」が表示されます。

→「Sony Handheld」上でクリックし「ドライバーソフトウェアの更新(P)」を選択

→「どのような方法でドライバーソフトウェアを検索しますか?」で、下段の「コンピュータを参照してドライバーソフトウェアを検索します(R)」を選択

→「コンピュータ上のドライバーソフトウェアを参照します」で、上段の「次の場所でドライバーソフトウェアを検索します」欄右の「参照ボタン」をクリック

→表示される「フォルダーの参照」でドライバーを保存したフォルダ「DVR_WINX64_USB_GN4-GN5_20110322」を指定し、「次へ(N)」ボタンをクリック

ドライバーのインストールが開始され、完了すればUSBドライバーのインストールは終了です。

これで Windows10 で SONY CLIE が利用できるようになります。

コメント欄にTH55での成功報告がありますので、TH55は問題なく動作すると思いますが、もし動作しなかった場合はその旨を報告して下さい。
ありがとうございました。
 デバイスマネージャーを開き、ホットシンクをするとSonyHandheld出て右クリックするとインストールできましたと表示されました。でも、ホットシンクしませんでした。どこが、原因かわかりません。よろしくお願い致します。諦めたくありません。
ridge さんへ
再度書きますが、具体的な質問であれば具体的な返答ができます。
無駄かと思うようなコメントでも思わぬ役に立つ事があるので、できるだけ詳細にコメントして下さい。
ridgeさんの文面のみが情報源であり、推測の根拠となります。


>ホットシンクをするとSonyHandheld出て右クリックするとインストールできましたと表示されました。

これはダウンロードしたドライバを指定したのでしょうか?

自動でインストールされたものでは間違っている可能性があります。
必ず手動でドライバを指定して下さい。

ダウンロードした「DVR_WINX64_USB_GN4-GN5_20110322.zip」を展開してできたフォルダです。
具体的にはフォルダ内の「AceecaUSBDx64.sys」が必要です。

後は本文やコメントを再度熟読して、一つずつ漏れが無いか確認して下さい。
・OSのビット数(64ビット)
・「CLIE Palm Desktop」のバージョン(4.1)
・「CLIE Palm Desktop」と「HotSyncマネージャー」をXP互換モードへ設定
・ドライバの指定
以上が重要確認ポイントです。
ありがとうございました。
 再度、1つ1つ読み直して見ます。本当に、ありがとうございました。また、何かありましたら宜しくお願いします。
ridge さんへ
ridge さん はじめまして!
 Deka-E さん こんばんは! ご無沙汰しております!

 ディスクトップ上に作られた「HOTSYNC-ショートカット」を起動してからクリエの「HotSync」ボタンを押してますでしょうか?



TH55 さんへ
こちらこそお久しぶりです。その後のクリエはいかがでしょうか。

クリエTH55で気になる点があったので参考に聞かせていただければ幸いです。

コメント47のyamameさんはAceeca.comの「USB Windows Driver for Palm/Garnet OS」ではなく、「CLIE Palm Desktop Ver4.1」に含まれているTH55用ドライバーを指定したそうです。

Q1.OSは64bit版ですか32bit版ですか?

Q2.TH55さんは「USB Windows Driver for Palm/Garnet OS」と「CLIE Palm Desktop Ver4.1」のどちらのドライバーを指定しましたか?

以上です。

<追記>
念のためですが、コメント39のNichiさんが書かれたドライバの書き換えという方法はされていませんよね?
ありがとうございました。
 今、最初から教えていただいた通りやり直ししてみたらWindows10でホットシンクできました。本当に、ありがとうございました。感動モノです。
ridge さんへ
無事に動いたようで安心しました。

どの点でつまづいたのか、何を操作したら動作したのか、体験談をコメントしていただけると、情報の共有ができてridgeさんのようにPC操作に苦手な人の助けになり、有意義になります。


そして言いにくい事ですが、大切な事なので書きます。

TH55さんがridgeさんへコメントされていますので、きちんと反応を示して下さい。

私も少なくない量の時間と労力を割いてridgeさんにコメントしています。それに応えるだけの反応を示して下さい。
いつも文章が短くてridgeさんの様子や気持ちを窺い知れません。

「ありがとうございました」の一言だけではなく、何でクリエを使いたかったのか、クリエに対する熱い想いなど、あれば書き込んでください。

ブログの性質上、文字でしかコミュニケーションをとれません。文字にして相手の気持ちに反応して下さい。
そして気持ちよく情報の共有ができればと思ってます。
TH55さんへ
 アドバイスをいただきありがとうございました。私自身、パソコンが苦手でなかなか思うようにできないのでこれからも宜しくお願い致します。
DeKe-Eへ
 いろいろとありがとうございました。私、ソニークリエのファンでTH-55を3台、TJ-25計4台持っています。WindowsXP利用時は、ソニークリエ相談室にして何とか使っていました。でも、その後は、あまり、使っていませんでした。Windows8.1時にどうしても、クリエを使いたくて一度、DeKe-Eさんに相談しましたがご連絡いただけると思わなくHPを見ることはありませんでした。最近、何気なく開いてみたら返答があったことに気づきました。大変、ご無礼したことお許しください。また、この度、いろいろとご相談にのっていただきありがとうございました。これからも、クリエを使えることができること、とても、嬉しく思いますしクリエを使い続けていきたいと思っていますのでこれからもよろしくお願い致します。
こんばんは!
DeKe-Eさん 
 その節はお世話になりました......。
現在も、クリエを利用させて戴いております。
最近は、電池の劣化が激しく、常時充電器に乗せて持ち出すことができない状態ですが、数台のPC間でのスケジュールの受け渡しに大活躍しております.....。
電池は、海外サイトで買えるようですが、買おうか迷っております。
DeKe-Eさんは、どうされてますか?
あと、サイドの電源スイッチも不安定で電源を切るのにひと苦労してます.....。

さて、ご質問についてですが.......
OSは64bitです。
ドライバーの指定については、覚えてないです....申し訳ございません.....。



ridge さん 
無事使えるようになったようで、良かったですね!


ridge さんへ
長文で書いていただきありがとうございます。
クリエに対する熱い想いを感じとることができました。

ridgeさんの想いを叶える手助けをすることができ、嬉しく思います。

この記事の内容も公開からだいぶ時間が経ち、放置していましたが、まだクリエを必要とする方がいると分かり、修正・改訂する必要性を感じました。

今後ともよろしくお願いします。
TH55 さんへ
回答ありがとうございます。
ドライバーの件は64bit版と32bit版で異なるのではないかと推測しているところです。

私自身はクリエを使っていませんが、知人がクリエ愛好家で、ちょうど先日、バッテリーについて相談にのったばかりです。

「クリエ バッテリー交換」で検索すると、有料でバッテリー交換をしてくれる業者があるようです。

バッテリー自体は「クリエ機種名 バッテリー」で検索すると、国内でも売っているサイトが出てきます。
また、ヤフオクやAmazonでも同様な検索で出てきます。

バッテリーはどれもリチウムイオンで、純正品ではないが、互換性があることをうたっています。
バッテリー容量は純正品よりも増えてますが、純正品とはボルテージが異なります。
販売店にメールで問い合わせたところ、ボルトは異なるが実績はあるとのことでした。

バッテリーの交換方法は、機種によっては、動画だったり画像付で解説しているサイトがあります。
解説サイトが豊富なので、バッテリー交換のハードルは高くないと感じています。

相談の結果、私がバッテリーを購入して、解説サイトを参考にしながら、自己責任で交換しようとしました。
しかし直前になって、知人が新品同様のクリエをAmazonで見つけて購入したので、バッテリー購入・交換にはいたりませんでしたw
バッテリー情報 ありがとうございます
Deka-E さん  おはようございます。

有益な情報ありがとうございます。
追加情報が入りましたら、また宜しくお願い致します。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。
プロフィール

Deka-E

Author:Deka-E

ブログ4年目のブロガーです。
HTML/CSSが理解できる程度で成長が止まってます。
JavaScriptはサッパリ分からんです。

カウンター
総閲覧者数:
現閲覧者数:
検索フォーム
ジャンル別リンク
★は相互リンクさせていただいています

RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Twitter
管理人Deka-Eのツイート
サイドバー2下の追尾スペース