【TV映画】 ドラゴンボール EVOLUTION 【レビュー】

ドラゴンボール EVOLUTION
DB EVO タイトル

日本テレビ 映画天国「ドラゴンボール EVOLUTION」
放送日時 2012/06/05(火) 02:09~03:40


映画「DRAGONBALL EVOLUTION」オフィシャルサイト
⇒http://movies.foxjapan.com/dragonball/
※動画・音声が流れます



日本を代表する漫画・アニメの金字塔がハリウッドで実写映画化!スリリングな冒険の旅、壮絶な戦闘シーン。最新VFXを駆使した、誰もみたことがない「ドラゴンボール」!

詳細情報
<出演者>
ジャスティン・チャットウィン、エミー・ロッサム、ジェームズ・マースターズ、ジェイミー・チャン、田村英里子、チョウ・ユンファ、ジューン・パーク、ランダル・ダク・キム
<番組内容>
18歳の誕生日、悟空は祖父から7つ集めればどんな願いも叶うという不思議な球、ドラゴンボールをプレゼントされる。しかし、悟空が留守の間に、祖父はドラゴンボールを探すピッコロ大魔王とマイの手によって命を落とす。亀仙人のもとで厳しい修行を重ね、武術の腕に磨きをかけた悟空は、亡き祖父の遺志を受け、ピッコロ大魔王の世界征服の野望を阻止するため、同じくドラゴンボールを探し求める少女ブルマと共に冒険の旅に出る。
<監督・演出>
ジェームズ・ウォン
<原作・脚本>
鳥山明
<制作>
2009年アメリカ



Wikipedia 「ドラゴンボール EVOLUTION」
⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/DRAGONBALL_EVOLUTION

Amazon 「ドラゴンボール EVOLUTION」
⇒http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB-EVOLUTION-%EF%BC%88%E7%89%B9%E5%88%A5%E7%B7%A8%EF%BC%89-DVD-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%B3/dp/B001FSKF4W/

DRAGONBALL EVOLUTION オフィシャルトレーラー




私の評価
★★☆☆☆ 2/5


※レビューはAmazon方式です。おおよその目安は
★★★★★ 【秀】 大満足で製品版を購入したい作品
★★★★☆ 【優】 満足したので次があれば見たい作品
★★★☆☆ 【良】 及第点、一度見たら満足する作品
★★☆☆☆ 【可】 最後まで見たが、不満の残る作品
★☆☆☆☆ 【不可】 最後まで見たが、見たことを後悔する作品

まずこの評価について補足しておきます。この映画を評価するのはとても難しいものがありました。なぜかというと、見るときの心の持ちようによって、良くも悪くもなるからです。

例えば、芸人が人を馬鹿にして笑いをとろうとするのを見て、面白いものは面白いと感じるか、いけないことはいけないと感じるか、見る側に判断基準が求められると思います。

この映画も私に判断基準が備わっていればいいのですが、あいにくブレまくってしまい、なかなか評価が定まりませんでした。

良く評価することもできるし、悪く評価することもできます。ここはできるだけ冷静・客観的に判断しようと思い、何度か見返した上でつけました。

星の目安は上記の通りですが、見たことを後悔するまでには至ってません。一方、次があれば見たいかというと迷います。一度見たら満足というのはあります。不満があるかと問われたら、不満がたくさん出てきます。

評価を決定づけたのは、これがオフィシャルなライセンス作品ということでした。これがライセンスのないパクリ・オマージュ作品であれば少し評価を上げて星3つにしたでしょう。

しかしこれはオフィシャルな作品です。この作品が存在するということは他の可能性を無くすことを意味します。原作を忠実に映像化した作品はもう見られないことを意味します。

これは黒歴史とかでは済まされないレベルでもあります。原作者の鳥山明がわざわざ声明文を公開するほどのことです。しかもその内容が肯定的であります。

かつて鳥山明はドラゴンボールのパチンコ化を自分の子供を身売りするようなものと例えたと聞きましたが、その言葉を全否定するかのごとき事態となったと私は捉えました。もし原作を大切にする気持ちがあったなら、別の対応方法があったのではないかと思います。

以上のことを加味し、評価は低めにつけることにしました。



以下ネタバレしまくりのレビューです。

エボリアヌーメ 『【TV映画】 ドラゴンボール EVOLUTION 【ネタバレ】』
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-209.html

ネタバレを見たら映画を見たいと思わないかもしれませんので、閲覧には注意してください。

映画を見た人が映画の各シーンを振り返るためのネタバレなので、まだ見ていない人は先に映画を見ることをオススメします。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

笑いのツボが
わたしには合わなかったです。2、3回クスクス笑えたくらいで、もっとツッコミどころが多ければ、まだ楽しめたのに…と思ってしまいました。
気の扱いが微妙でしたよね。万能能力になってしまって、しかも努力して成長するという事もあまり描かれず、盛り上がりに欠けました。
ブルマのデザインはなかなか良かったです。
宵乃さんへ
笑いのツボが合わないと、苦痛だったでしょうね。この映画から笑いを取ったら何も残りませんから(笑)

気の扱いは一言で言ってヒドイですね。これが西洋人の考える『気』なんでしょうけど、スタッフ・キャストにアジア人はいるはずなのに、誰も止めなかったんでしょうか? 

でも冷静に考えると、原作のドラゴンボールも途中か『気』が酷くなりましたね、空を飛んだり・超高性能な索敵能力になったりしてましたから(爆)

努力なしで『気』を扱えるようになったというのは興ざめでしたね、あの灯籠のシーンはメチャクチャ過ぎです。あのあたりから私は興ざめしました。

ブルマは原作とちょっと違いましたが、十分ありえそうなキャラでしたね。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。