XPERIA acro HD SO-03D レビュー2

前回に引き続いてレビューです。

エボリアヌーメ
「Xperia acro HD SO-03D レビュー」
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-150.html

2012/07/18 追記
HTML構造化に伴い加筆修正しました


タッチパネル

  1. 不満な点は『クレードル』と『USB接続ケーブル』だと書きましたが、『タッチパネル』も若干不満が出始めてます。

  2. 私の使用用途は『メディアプレーヤー』がメインなので、文字を入力することはあまりありません。なので文字入力の善し悪しはまだ述べられませんが、ファイル選択やブラウザのリンククリックなどでタッチするときに誤入力がしばしばあるので、文字入力はもっと苦労するであろう事が容易に想像が付きます。

  3. 根本的に自分の指で塞がれて精密なタッチができない状態です。解像度の細かさを考えたら、これは『タッチペン』を利用した方がいいのではないかと思うようになりました。

  4. ご存じのようにタッチパネルには静電容量方式と感圧方式があり、『Xperia acro HD SO-03D』などスマフォは基本的に静電方式です。『Nintendo DS』は感圧方式です。

  5. 静電方式のタッチペンは感圧式よりも構造が複雑になるためか、ごっつい物ばかりです。今はできるだけ細くて、ストラップにつけられるような静電方式のタッチペンを探している状態です。

  6. タッチパネルについての不満は、『Xperia acro HD SO-03D』特有の不満なのか、HD画素タッチパネル特有の不満なのか断言できないので、他の方のレビューなどを参照してください。

  7. ※2012/07/17 追記
    タッチペンを購入しました
    エボリアヌーメ 「タッチペン 購入」
    ⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-177.html

アピール部分の検討

  1. SONYサイトでは下記の点をアピールしています。

    • DESIGN
    • DISPLAY
    • CAMERA
    • MUSIC
  2. ソニーモバイルコミュニケーションズ
    Xperia™ acro HD
    ⇒http://www.sonymobile.co.jp/product/docomo/so-03d/

  3. docomoサイトでは下記の点をアピールしています。

    • 防水&HD液晶&三種の神器(ワンセグ・赤外線・おさいふ)
    • ソニーテクノロジー
    • POBox Touch
    • Timescape
    • テザリング
  4. NTTドコモ
    Xperia(TM) acro HD SO-03D
    ⇒http://www.nttdocomo.co.jp/product/with/so03d/index.html

  5. 私の使用用途は『メディアプレーヤー』であるため使い込んでいない機能がいっぱいあります。

  6. なので、現在レビューをすることができるのはごく一部になってしまうのでご了承ください。

  7. DESIGN』については可もなく・不可もなくって感じです。スマフォそのものがデザインの幅が狭いので、形状ではなく色彩ぐらいしか個性を発揮できていないと思ってます。私はBLACKを選びましたので、それすら没個性状態となってます。

  8. その分シェルケースで個性を出そうとして、『カーボン調』のケースを選んだのですが、ケースデザインは気に入りましたが、クレードルについての不満で打ち消されてしまった感があります。この機体はシェルケース無しで使うのが現実的な感じだからです。クレードルについての不満は前回の記事を参照してください。

  9. CAMERA・MUSIC・防水・三種の神器・POBox・Timescape・テザリング』については今のところ全く利益を享受していませんのでレビューができません。あれば便利だろうという程度なので積極的に使う意思は持っていません。

  10. CAMERA』については個人的にデジカメ派なのでスマフォのカメラはあまり期待していません。デジカメを持っていないときに使う機会があるとは思いますが、現在の所そういう機会には遭遇していません。

  11. Xperia acro HD SO-03D』を使っていて非常に良いと思っているのが『DISPLAY』です。やはり画面のきれいさでは他の機種と比べても頭一つ出ています

  12. Clear Black Panel』『モパイルブラビアエンジン』についての説明は公式ページにあるので確認してください。

  13. 省電力の為にディスプレイの輝度を下げているとあまりメリットを感じませんが、輝度を上げるとコントラストや彩度がハッキリするのでメディアプレーヤーとして利用するときは輝度を上げると美しさを堪能できます。

メディアプレイヤーとしての性能

  1. そしてメディアプレーヤーとして利用する上ではCPU性能の高さも必要ですが、FullHDの動画(H.264/AVC)もヌルヌルと綺麗に表示されています。

  2. CPUが1.5GHzのデュアルコアですが、アプリケーションによっては問題も起きることがありました。

  3. 私は『WMV』(コーデック)の動画が沢山あるため、WMVを再生できるアプリケーションが必要になりました。WMVは標準付属のプレイヤーでは認識せず、サムネイルが表示されません。もちろん動画の再生もできません。

  4. WMV は Microsoft Windows の標準コーデックなので、まずは『Windows Media Player』をマーケットからダウンロードしてみてインストールしてみたところ、WMVファイルを認識したのはいいのですが、再生すると全くダメでした。

  5. コマ落ち・音ずれ・読み込み待ちの嵐です。SD解像度(720×480)の固定ビットレート1500kbpsという、PCなら10年前のハードでも楽々再生できるというファイルすらろくに再生できませんでした。

  6. CPU使用率がどうなっているかは分からないのですが、まさかMicrosoftが公式で配布しているアプリケーションがこんなに酷いとは思ってませんでした。WMV のみならずH.264/AVC の動画ファイルも再生してみたところ、明らかに標準の動画プレーヤーより動きが鈍く、コマ落ちが発生していました。このアプリでまともに再生できるファイルなんてあるのでしょうか?

  7. その後WMVに対応している『MXプレーヤー』をダウンロードし、再生させてみたところコマ落ち・音ずれが無くなりました。この『MXプレーヤー』は音量・輝度が画面タッチで変更できるので、便利なことこの上ナシです。

  8. 1.5GHzのCPUでもアプリケーションがダメだと意味がないということを体験しました。というよりMicrosoftが公式にあんな無能なアプリを配布していることが驚きでした。

  9. 内蔵メモリが16GB分と付属microSCHDが2GB分ありますが、動画ファイルを管理しているWindowsパソコンからいちいち入れ換えるのが面倒なので、動画ファイルはWi-Fi無線で飛ばしています。

  10. やり方は『ESファイルマネージャー』というアプリをダウンロードして入れてます。

  11. Windowsのファイル共有の方法については特に説明はしませんが、『ESファイルマネージャー』でWindowsの共有フォルダにアクセスできるようになるので難しくないと思います。

  12. 共有フォルダ内の動画ファイルを『MXプレーヤー』で再生して見ています。

  13. 大抵のファイルは再生できるのですが、某チューナーで録画した地デジ生TSファイルを再生しようとするとコマ落ちします。ファイルサイズ(ビットレート)が大きすぎるからだと思いますが、おそらくCPU処理能力が追いついてません。

  14. Wi-Fi転送ではなく、内蔵メモリから再生させて僅かにコマ落ちしています。Wi-Fi転送での再生だとハッキリとコマ落ち・音ずれが分かります。

  15. あと僅か処理能力が良ければコマ落ちしないと思われるので、惜しいです。『MXプレーヤー』よりも軽量なプレーヤーがあればコマ落ちしないかもしれません。BSの生TSだと厳しいかもしれませんが、地デジの生TSなら可能性はあるでしょう。

  16. ちなみに標準のプレーヤーだとTSファイルのファイル名は認識しますが、サムネイル表示やファイル再生はできませんでした。

  17. 数々のファイルを試してみましたが、H.264/AVCのファイルでも、参照フレーム数が多いもの、参照フレーム数が10以上だとコマ落ちをすることがありました。エンコード設定について注意した方が良いでしょう。

  18. 全体的に WMV ファイルは H.264/AVC と比べてコマ落ちするようです。同じビットレートの物であっても WMV だけがコマ落ちするケースがありました。ハードウェアデコードができていないからでしょうか。

  19. もしも専用にエンコード作業を行うなら H.264/AVC にすると思います。

  20. メディアプレーヤーとしての使用で私が最も理想としていたのが、自宅内LANでファイルサーバー内の動画ファイルにWi-Fi無線LANでアクセスして、風呂場も含めた好きな場所で視聴することでしたが、とりあえず思い通りの使用ができてます。

  21. CPU性能差もさることながら、アプリケーションの性能差がかなり影響すると思われるので、MXプレーヤーよりもさらに軽いプレーヤーを捜しています。生TSファイルがWi-Fi転送でもコマ落ちなく再生できれば完璧なんですが、今のところ一歩及ばずです。

関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。