最新の体重計事情

体重計が逝かれちまったZE!!

ダイエットしようと思ったとたん、体重計が壊れました
(体脂肪が計れるやつなので、正確には体重体組成計というらしい)

乗るたびに数字が大きく変わるので何か変だな~と思うようになり、普段全く使わなくなっていた古い体重計を出して、体重を量り比べてみました。

明らかに他よりも浮いた数字が表示されている。しかも乗り降りしただけで、表示が±5キロも変動する。

はい、故障確定!!

体脂肪率はそんなに変化しなかったのだが、体重の変動は看過できないレベルだった。

俺のようなデブが何度も乗っかるようになったから?
太りすぎてゴメンね、もう少し早くダイエットを始めていたら君に負担をかけることもなかっただろうに・・・

すいません、思ってもいないことを書いてみました。

こんなんで壊れるレベルだったら売り物になんないでしょ。
一日10回や20回繰り返し乗っても壊れない品質であって欲しいです。
まぁ太りすぎたのは反省してますけど・・・

今まで使っていたのはタニタのインナースキャン50 BC-303です。
BC-303
買ったのがもう5年も前になるので、修理に出すか新しいのを購入するか迷います。
修理代金は5000円程かかるらしいです。



というわけで、せっかくダイエットを始めたのだから、最新の体重計事情はどうなっているのか調べてみました。

体重体組成計の大手メーカーといえば、
タニタ
http://www.tanita.co.jp/
オムロン
http://www.healthcare.omron.co.jp/
でしたが

それに加えて、最近は
パナソニック
http://panasonic.jp/taisosei/
が本格参入している状態です。

他には低価格・デザイン路線
DRETEC
http://www.dretec.co.jp/products.html
Terraillon
http://www.dretec.co.jp/Terraillon.html
ELECOM
http://www2.elecom.co.jp/scale/index.html
A&D
http://www.aandd.co.jp/adhome/products/hhc/hhc-scale.html
B-GROW
http://www.b-grow.com/product/product3.html
などが、商品を出しています。

体重計のみで考えた場合
、技術としてはもはや進化の余地はなく、デザインや値段で選べばよいと思います。

体脂肪計
はどうかというと、どうやら進化のペースが落ちているようです。
これは新製品の追加機能や発売間隔からうかがえます。


何年か前に両腕に電極を持って測るタイプの体重体組成計が売り出されたとき、両腕に持った方が高性能でより正確な数値が出るのではないかと思っていたのですが、

TANITA


今回調べたら、タニタがホームページ上で否定したのを見て笑ってしまいました。

両手に持つタイプだろうが、乗るだけのタイプだろうが、正確性を決めるのは統計データだからたいして変わらないよと、さらっと書いてありました。オイ!!

そもそも家庭用体脂肪計の原理は、生体インピーダンス法といって、電極を体に当てて微弱電流を流し、体の電気抵抗を測定することによって体脂肪率を推定している訳です。

電気抵抗の測定は正確に出せますが、その抵抗値から体脂肪量を出すのは統計データからの推定です。
各メーカーが医療機関から統計データを提供してもらってパターン化しているのです。

この計測法は正確性に劣るといわれています。

体脂肪量を正確に計るには、医療機関で水の入った大きなカプセルに入り、アルキメデスの原理だか何だかを利用した測定法(水中体重測定法)を用いるようです。

こんな機械です。(例:BodPad)
bodpad1
水に浸かるので酸素マスクをします。
bodpad2

この画像を見たら、絶対こういうことを想像しますよね。

悟空の体脂肪率
タイトル 「体脂肪率測定中の孫悟空

ベジータの体脂肪率
タイトル 「体脂肪率測定中のベジータ

ドラゴンボールを知らない人はごめんなさい。
漫画内ではメディカルマシーンというものです。

画像検索してみたら、こんなのまでフィギュア化されていて驚いた。
メディカルマシーン2メディカルマシーン1
ドラゴンボールの人気ってすごいですね。

話がそれてすいません。m(_ _)m
家庭では大きな計測機械を置けないので、コンパクトにできる生体インピーダンス法を用いた小型な計測機械を販売しているのです。

インピーダンス法を利用した体組成計の進化は統計データの分析力にかかってます。
商品説明を見ている限りで、このへんについてはあまりアピールされていません

特にこだわりがなければデザインや値段で選んでもよい段階だと思いました。




といっても、それでも進化を諦めないのが日本のメーカーの良いところ。
僅かずつですが進化しております。

そこで、気になった商品をピックアップしてみます。

《タニタ インナースキャンボイス BC-202

公式サイト 商品説明
http://www.tanita.co.jp/tanita/hp/productDetail.do?_productId=1265&_isListBack=true
BC-202

価格.comの新製品ニュースから引用
NEWS BC-202

<<<注目部分抜粋>>>

音声案内機能を備えた体組成計。初期設定の手順を音声でガイドするのに加え、「体重」や「体脂肪率」などの計測結果も音声で知らせてくれる。音量は、大・小・オフの3段階に切り替えることが可能なほか、ヘッドホン端子を備えるなど、プライバシー保護にも配慮している。



体重計にヘッドホン端子なんて想像できましたか?なんか斜め上に進化してますよ。驚きました。

MP3再生機能も付属していたら、かなりシュールなことになったでしょうね。
体重計の上に立ったままヘッドホンで音楽を聴いている姿を想像してしまいました。

音声読み上げは割といいんじゃないかなと思います。嫌がる人もいるだろうけど。
私は視力が悪く、眼鏡を外したままだと、かがまないと体重計の表示が見えないので、ちょっと便利かもしれないと思いました。

(補足)
店頭で試してみましたが、音声案内なかなかいいですよ。
WiiFitのように「乗ってください」といった指示もあるので、起動を待つのが楽しく感じました。


《パナソニック EW-FA22
公式サイト 商品説明
http://panasonic.jp/taisosei/ew_fa22/recommend/
EW-FA22

《パナソニック EW-FA12

公式サイト 商品説明
http://panasonic.jp/taisosei/ew_fa12/recommend/
EW-FA12

価格.comの新製品ニュースから引用
NEWS EW-FA12

<<<注目部分抜粋>>>

両モデルとも、測定表示をキラキラと表示するのが特徴。シンプルなユニバーサルデザインを採用している。なお、データ登録の人数などのスペックが異なっており、「EW-FA22」が4人、「EW-FA12」が1人となっている。



公式サイトによるキラキラ表示の説明
s-kirakira

キラキラ表示って何じゃーっ!!と叫びたくなる進化ですよ。
女性向きとはいえ、そんな単純なことで釣られるんでしょうか?

もし男性向きを作るとしたら、ハダカ表示になるんじゃないかな。
脱衣麻雀みたく、体重が大きく減ったら脱衣枚数が増えていくとか・・・
風呂上がりにハダカで体重計に乗ったらやばそうです。



《オムロン カラダスキャン HBF-207
公式サイト 商品説明
http://www.healthcare.omron.co.jp/product/basic/158
HBF-207 HBF-207-W

価格.comの新製品ニュースから引用
NEWS HBF-207

<<<注目部分抜粋>>>

30日間でダイエット開始時の体重の2%減量を目標に、無理のない減量をナビゲートする「朝晩ダイエット」プログラムを搭載。「朝晩ダイエット」では、ダイエット開始日の朝に測定した体重から、30日後の目標体重を計算し、その目標体重になるために、毎日の晩(就寝前)の目標体重を知らせることができる。
さらに、夜間の体重の減少量と日中の体重の増減量から、体重体組成計が晩の目標体重を算出。朝(起床後)の測定時にその日の晩の目標体重を表示し、晩の測定時にはその日の目標が達成できたかどうかを表示する



細かい…細かすぎるよ……そんなロボットみたいな減量生活俺にはできないよ………
いくらなんでも朝測って夜までに何グラム痩せろみたいなこと言われてできますか?
そういう自己管理ができる人ならダイエットしていないと思います。キリッ!!

でもレビューを読むと、一日2回の計測記録が残せるのは便利かも。
体重の2%という設定はかなり緩い方なので、十分な実現可能性はあります。


以上で終わり…と思って記事を書いていたら、新ニュースが飛び込んできた。



《タニタ インナースキャン50 BC-310BL

公式サイト 商品説明
http://www.tanita.co.jp/tanita/hp/productDetail.do?_productId=1313&_isListBack=true
BC-310BL.jpg

価格.comの新製品ニュースから引用
NEWS BC-310BL

<<<注目部分抜粋>>>

同社の技術を結集させた家庭用のプレミアムモデル見る角度で色が変わる「イリュージョンカラー」を家庭用体組成計で初めて採用しており、見る角度によって藍色、群青色、紫色などに変化する。

さらに、独自技術により、世界最薄となる厚さ15mmを実現。両サイドの中央部にホールスペースを設け、これを左右につなぐアーチが中央を通るデザインとすることで、イリュージョンカラーのカラーシフトを強調させているという。


イリュージョンカラー??訳わかんねーよ!!
キラキラ表示以上に意味わかんねーよ!!
もうね、進化の方向性はいかにモチベーションUPにつなげるかってことなんでしょう。
しかもこれ、プレミアムモデルだよ。新発売とはいえスゲー価格設定だよ。
体重計にも格差社会が反映されてるよ!!


以上、ネタでした。




以下、まじめに購入を検討しているものです。


《パナソニック EW-FA71

公式サイト 商品説明
http://panasonic.jp/taisosei/ew_fa71/recommend/p01.html
EW-FA71

s-EW-FA71_1


コードレスになった両手持ちタイプです。表示部がバックライト付なので見やすそうです。
私は近眼なので、これなら眼鏡無しでも使いやすそうな気がします。
ただ、PCとの連携機能が無いのが残念な気がします。


《タニタ インナースキャン50 BC-308

公式サイト 商品説明
http://www.tanita.co.jp/tanita/hp/productDetail.do?_productId=1063&_isListBack=true
BC-308
《タニタ インナースキャン50 BC-309
公式サイト 商品説明
http://www.tanita.co.jp/tanita/hp/productDetail.do?_productId=1040&_isListBack=true
BC-309

(※色の他にバックライトの有無が違うようです。)

公式サイトによる機能の説明
SD card

SDカードにデータが保存できて、パソコンで管理できるというのは非常に便利そうな気がします。
SDカードの抜き差しが面倒じゃなければかなり良いかもしれません。


《オムロン カラダスキャンHBF-208IT
公式サイト 商品説明
http://www.healthcare.omron.co.jp/product/basic/152
HBF-208IT

これはUSB接続でパソコンと連携できるのですが、設置場所を考えると不便になるんじゃないかなと思う。
携帯からならFelicaでデータを吸い出せるようだが、私の携帯はUSBにもFeliCaにも対応していません。

ウェルネスリンク
という健康管理サービスは使ってみたい気がする。
WellnessLink




今のところ、購入するならタニタのSDカードタイプがいいような気がしてます。
ただ今回壊れたのがタニタの製品なので品質が少し心配です。
もうちょっとレビュー集めをしてみようと思います。

もし実際に使われている方がいたら、ご意見を是非とも聞かせてください。

分かる人用ネタ
キラキラ
関連記事
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

コメント

私は↑の写真にでてたやつでオムロンの
朝晩計るだけのピンクのやつを使ってます^^
書いてることは細かいけど、1日目は朝晩計測だけで
2日目からは朝計ったときに、夜はここまでなら増えて大丈夫
みたいな数字がでてきます。
私の場合だと、朝の体重+0.5~0.6辺りの数字が出てきます^^
夜の体重がそれ以内に収まると
ちっさい人形みたいな人間のマークが手を上げ下げして喜びます(笑
超えると手を下げたまま動きません(笑
パナソニックのごほうびキラキラみたいなものです
おねぃちゃんが脱いでいくものは見たことありません(笑
返信
>> どうしようもない私 さん

> 私は↑の写真にでてたやつでオムロンの
> 朝晩計るだけのピンクのやつを使ってます^^
> 書いてることは細かいけど、1日目は朝晩計測だけで
> 2日目からは朝計ったときに、夜はここまでなら増えて大丈夫
> みたいな数字がでてきます。
> 私の場合だと、朝の体重+0.5~0.6辺りの数字が出てきます^^
> 夜の体重がそれ以内に収まると
> ちっさい人形みたいな人間のマークが手を上げ下げして喜びます(笑
> 超えると手を下げたまま動きません(笑
> パナソニックのごほうびキラキラみたいなものです

なるほど!!朝の体重は夜に比べて軽いという原則を利用しているのですね。
確かに「夜までに○○キロ減らす」より「夜まで○○キロまでに抑える」という指示の方が聞こえが良いです。
これなら食事をこれだけに抑えておこうという心理が働きますね。
運動が苦手でも食事で何とかできるという心理も働きます。
上手いこと考えて作ってますね。

> おねぃちゃんが脱いでいくものは見たことありません(笑

これ商品化したら売れる気がするんですけど、特許でもとっておこうかな(笑)
とるなら早めがいいですね!!
絶対売れます!!笑
家庭で使う方もいると思うので
3パターンあってもいいんじゃないでしょうか
普段はかわいいアニメーションだけど
父が使うとおねぃちゃんが出てくる
母が使うとマッチョが出てくる
子供が使うとキティちゃんみたいな…最初の登録によりキャラ選択できるのが
いいですね!って何にテンション上げてるんだ私は…orz失礼しましたw
返信
>> どうしようもない私 さん

こういった表示はWiiFitなら今すぐできそうですね。
さすがに任天堂がおねぃちゃんを用意することは無いでしょうが、どっか別のメーカーが対応ソフト開発してくれないかな。
このままではWiiFitも結局は一発屋で終わってしまいそうです。さらなる続編を開発して欲しいですね。

コメントの投稿

非公開コメント


ページ下部までご覧いただきありがとうございました。