スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m

PCエンジン CDロムロムのギアについて

つい最近の記事ですが、PCエンジンCDロムロムのギア(歯車)が壊れたことを書きました。

ときめきメモリアル PC-Engine版 その1
⇒http://kumarajyu.blog.fc2.com/blog-entry-57.html

その時の写真はこちら
歯車破損

このギア破損はよくあるケースのようです。

こちらのサイトを見つけました。
PCエンジン保守の館(新館)
⇒http://pcerepair.blog.fc2.com/

こちらのサイトではPCエンジンに関する保守・メンテナンス情報がたくさんあります。
そして、ギア破損に関する情報がありました。

カテゴリ:CD-ROM2 ギアの修理
⇒http://pcerepair.blog.fc2.com/blog-category-1.html

私のケースと同様に、同じ箇所の黄色のギアが欠けてしまったようですが、自力で修理されています。

どうやら内容を整理すると、

1. CD-ROM2のこの黄色のギアは経年劣化によって欠けやすく、いくつかの報告例がある
2. このギアの規格は特殊で、ポーランドから個人輸入するしか方法がない
3. 国内で手に入りやすい市販品で補修すると、かなり手間がかかる。

ということです。

実際に修理レポートされていますが、ハードルはかなり高い印象を受けました。
私も、簡単なら自分で修理してみようかと思いながら読ませていただきましたが、想像するだけで困難さが伺えます。
なので、読んだだけで自力での修理は諦めました。(>_<)

そして、こちらも読んでいただきたい。

CD-ROM2グリスアップ
⇒http://pcerepair.blog.fc2.com/blog-entry-13.html

グリスアップする際はスライドレールだけでなく、クリーム色のミドルギアを外しミドルギアの軸部分、モーター側のピニオンギアとスライドレール側のギアとのかみ合わせ部分にもグリスアップしましょう。グリスアップしないでギアを回そうとするとミドルギアを破損します。(2011年7月追記)


まさに俺がしたことだーーー!!!

もうね、この記事読んだら驚きましたよ。
CD-ROM2によくあることなんでしょうかね。もっと早くにこの記事に出会っていたかった・・・orz

なので昔CD-ROM2で遊んで、それが押し入れに入ったままの人に伝えたい

1. CD-ROM2は時間経過と共にグリスが固着してしまい、ギアが回らなくなります。
2. 電源を入れて、通電しているのにCD-ROMが回転していない場合、その可能性が高いです。
3. その際には無理にギアを回そうとせずに、グリスアップをしてください。
4. 無理にギアを回すとギアの歯が欠け、修理するのには多くの労力が必要となります。


一事が万事、よそ見一瞬怪我一生、精密機械なので大切に扱ってください。
小さな歯車ひとつで多くの思い出がつまった機械が動かなくなってしまいます。

『PCエンジン保守の館(新館)』をリンクに追加しました。



昔はCDはレコードと違って非接触だから永遠に残ると耳にしてましたが、やっぱりそんなこと無いですよね。
記録面の劣化については時々気にはなってましたが、再生機側があってこそのCDです。

つい先日、Yahooニュースでこんな記事がありました。
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120210-00000554-san-bus_all
VHS記事
産経新聞からの引用のようですが、パナソニックがVHS生産終了したようです。

VHSもとうとう終焉が近づいているようです。
私はVHSで撮り溜めたものをキャプチャーボードでMpeg化していますが、まだどこかにVHSが残っている可能性もあります。
VHS再生機が壊れる前に全てキャプチャーしないと手遅れになってしまうので、皆さんも注意してください。

VHSならまだいいですが、私の実家の倉庫のどこかにVHDがまだあります。
VHD.jpg

VHD何それ? という方は

Wikipedia「VHD」
⇒http://ja.wikipedia.org/wiki/VHD

私の曖昧な知識で説明すると、LD(レーザーディスク)と対抗して出された映像記録ディスクの規格です。
当初はLDがパイオニア1社だったのに対し、VHDはビクターを中心とした13社が採用した規格でしたが、結果はご存じの通りLDが勝ちました。

たぶんLD何それ?という世代もいると思いますが、悲しくなるので説明はやめておきます。

VHD再生機の保管状態はおそらくあまり良くないと思うので、早くキャプチャーしておこうと思ってます。
今回の記事を書いていて驚いたのは、上記VHD再生機の写真の引用元である某オークションで、つい最近8000円で出品されていたことです。
VHDオークション
残念ながら、入札0で落札ならずでしたが、世間での中古相場がいくらになっているのか気になりました。
こういったマニアック製品は意外なところでプレミア価格がついたりするので、大切にしたいです。

あとこんな話も話題になってました。

この写真を見て関連性がわかったらオッサンだそうです。
カセットテープと鉛筆

あなたはオッサンorオバサンでしたか?

えっ私はどうかって? もちろん私、稚内!! てへぺろ(・ω<)


スポンサーサイト
この記事が参考になりましたら拍手をお願いします。管理人のモチベーションが上がります。m(_ _)m
ページ下部までご覧いただきありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。